キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

海に関する仕事がしたい人の就職活動!押さえたい業界・職種・企業

長く働くことになるのだから、「好きなことに関わる仕事」を選びたいという人は多いはず。今回は、「海が好きで、海に関係する仕事がしたい!」という人向けに、企業探しの参考になる「海」に関係する業界や業種をまとめました!

就職活動前に確認!海に関係する仕事には何がある?

出典:fotolia

まずは、「海に関係する職種」についてご紹介していきます。ひとくちに「海に関する職種」と言っても、その関わり方や実際の仕事内容はさまざまです。

【海のレジャーに関する職種】
▼マリーナ運営スタッフ…ボートやクルーザーを係留するマリーナの運営スタッフ。接客スタッフ、事務スタッフも募集するため、技術や経験のいらない職種もあります。
▼レジャー施設運営…海の家などをはじめとしたレジャー運営施設スタッフ。主に飲食サービススタッフとして働きます。ただし、正社員としての採用は少なく、夏季だけのアルバイト採用がほとんど。
▼ダイビングガイド…会社組織ではなく、個人事業主として独立しているケースが多くなります。ダイビングのインストラクターや、機材の運搬・管理などの仕事をします。インストラクターになるには、ダイビングのライセンスが必要です。

【海運系職種】
▼船員…貨物船や客船などの船舶に乗り組んで海上で働きます。商船大学もしくは海上技術短期大学などの卒業資格と同時に、一定の乗船実習を終えている人のみに受験資格がある海技士資格を持つ「職員」と、職員を補助する「部員」の2つに大きく分けられます。一般の大学を卒業した場合、「部員」として事務部のスタッフとして採用されるケースがあります。

【建設系職種】
▼潜水士…専用の潜水具を身に着け、港湾土木工事など、水中で作業をおこなう仕事です。スキューバダイビングの資格とは異なり、「潜水士」の資格を取得しなければなりません。

【漁業系職種】
▼漁師…漁船に乗り、漁をする仕事です。特に資格は必要ありません。漁師の多くは個人事業主ですので、就活ナビサイトではなく、個別に採用について問い合わせる必要があります。

【アパレル系】
▼マリンウエア系アパレルメーカー・ショップスタッフ…接客・サービススタッフとして、マリンウエアやマリンギアの販売をします。海が好きなスタッフ、お客様と共に過ごすことができます。

【公務員系】
海の安全を守ったり、海で必要な技術を開発する仕事です。
▼海上保安官…「海上保安大学校」か「海上保安学校」へ入学し、海上保安官として必要な知識と技能を身につける必要があります。また、採用人数はごく一部ですが、国家公務員採用試験に合格し、海上保安庁に採用されるコースがあります。
▼海事技術専門官…国土交通省造船職採用試験または、国家公務員採用II種試験(機械/電気・電子)に合格し、国土交通省に採用されることで、海事技術専門官になる道が開かれます。

海に関わる仕事ができる業種はどれ?