キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

インターンを休む場合の正しい連絡方法は?遅刻時の連絡例も紹介

インターンに参加することが決まっていても、何らかの理由で遅刻や欠席、あるいは参加辞退をすることがあるかもしれません。その際、どのようにすれば失礼に当たらず連絡ができるか、正しい連絡方法について紹介します。

やむを得ずインターンを休む場合の連絡方法と理由の伝え方

インターンに参加している期間が長い人ほど何かしらのトラブルや体調不良、試験や出席しないといけない講義があるなど、休む選択をするシーンが増えるかもしれません。
インターンを休む場合には、必ず事前に電話もしくはメールで企業へ連絡する必要があります。企業の電話番号が分からないという人は少ないと思いますが、分からない場合は、ネットで調べたりやり取りをしたメールを確認したりして電話番号を控えておきましょう。出欠連絡は重要なので、連絡の行き違いがおこらないためにも、電話番号が分かっていれば電話連絡のほうが望ましいです。ここでは、授業などで事前に欠席することが分かっている場合と、体調不良などでインターン当日に欠席を決めた場合、の2つの例を挙げて連絡方法を紹介します。

1.大学の授業が入ったなどの理由であらかじめ欠席することが分かっている場合

あらかじめ分かっていることなので、前日ではなく、分かった時点で企業に連絡します。
(電話の例)
わたくし御社のインターンに参加させていただいている○○大学の○○と申します。欠席のご連絡でお電話いたしました。〇月〇日〇曜日に大学の授業が入り、出席しなくてはいけないので、この日だけお休みをいただないでしょうか?宜しくお願いいたします。

2.病気や体調不良などにより当日急遽インターンを休まざるを得ない場合

体調不良は当日不意に起こるものから、以前から体調が思わしくなかったなど症状は様々です。電話の際にはいつからどのように体調が悪いのかを伝えるようにしましょう。
(電話の例:当日の朝かけた場合)
わたくし御社のインターンに参加させていただいている○○大学の○○と申します。欠席のご連絡でお電話いたしました。2、3日前から風邪気味だったのですが、昨晩39度の高熱が出まして、今も熱が下がらないので大変申し訳ないのですが本日はお休みさせていただけないでしょうか?体調管理ができておらず申し訳ありません。宜しくお願いいたします。

出典:fotolia

インターンに遅刻する場合の連絡方法と謝罪例