就活のエントリーシートできかれる?特徴的な設問への答え方まとめ

エントリーシートは企業によって設問が異なり、なかには特徴的な設問が課されることもあります。少し変わった設問に見えても他の企業でも活かせるポイントはあるので、今回は特徴的な設問への回答例を、解説をまじえてお伝えします。

あらゆる設問には目的があるということを理解しよう

エントリーシートは面接での参考材料となるケースが多く、就活生の能力や人柄を知りたいという目的があります。そのため、エントリーシートは会社によって形式はさまざまで、なかには少しユニークな設問を課す企業も。それぞれの設問では、どのような側面を企業の採用担当者が知りたいと思っているのか、推測することが重要です。自分を表現することも大切ですが、読み手の立場を考えて書くように心がけましょう。

とはいっても、具体的に設問を確認しないと想像しづらいかもしれません。今回は特徴的な設問にフォーカスし、答え方のポイントや設問の目的を具体例を用いながら確認していきましょう。

▽エントリーシートに関するクチコミはこちら
履歴書・エントリーシート・志望動機・自己PRのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180521102237j:plain出典:pixavay

特徴的な設問(1)パソナグループ

パソナグループは人材派遣、人材紹介、キャリア支援、福利厚生サービスなどを手がける人材サービス系の企業で、企業や労働者を支える事業を幅広く手がけています。

設問

あなたが感じる社会の問題点はなんですか?問題点とその具体的な解決方法を教えてください。

回答例

私が感じる社会の問題点は、過労自殺などによって命を絶つ人が依然多くいるという点です。誰かまわりに相談できる人はいなかったのかなど、そのようなニュースを見聞きするたびにやりきれない思いになります。キャリアコンサルティングの拡充など気軽に仕事の悩みを相談できる仕組みづくりが重要だと考えます。

解説

「あなたが感じる社会の問題点」に関しては、「考える」ではなく「感じる」であるところに着目するといいでしょう。論理的に考えられた問題点ではなく、率直に自分自身が感じている社会の問題点を述べることが求められていると考えるのが自然です。社会の問題点について尋ねられると、「人口減少」「労働力不足」といったワードが頭をよぎるかもしれませんが、そのような日本の現状を俯瞰した視点はあまり求められていないと考えたほうがいいでしょう。採用担当者は、エントリーシートで就活生の知識量ではなく、問題意識や感性などの個性を見たいと考えているケースが多いからです。

「過労自殺」というテーマはパソナグループが人材系の企業ということを踏まえて選びました。ただし、エントリーシートは個性を確認することが目的なので、「絶対に労働問題でないといけない」などと自分自身を縛らないように気をつけてください。労働問題の場合、他の就活生と重なり目立たなくなってしまうケースもあるので注意しましょう。

特徴的な設問(2)サッポロビール

サッポロビールはビールやチューハイ、カクテル、ワインなどお酒を中心に扱っている食料品メーカーです。

設問

サッポロビールが「オンリーワンを積み重ね、No.1へ」というビジョンを実現するにあたり、あなたはどのように影響を与えていきたいですか?

回答例

私は野球部でデータ解析担当として活動しています。裏方ではありますが、情報の収集量では他のどの大学よりも負けていないと自負しています。実際にメンバーにも喜んでもらえ、メンバー間で決める年間MVPに選ばれたこともあります。私はこの経験から「積極的にリーダーシップをとる人だけでなく、裏方の仕事に誇りを持って取り組める人も重要な存在である」ということを学ぶことができました。高度なデータ解析は野球部で私しかできず、まさにオンリーワンの仕事でした。仕事に必要だと思うことに関しては能動的に学んでいき、特にマーケティングの分野で「私にしかできない仕事」を任せてもらえるよう、1日1日を精一杯過ごしていきたいと思います。

解説

「オンリーワンを積み重ね、No.1へ」というのがサッポロビールのビジョンです。新卒採用においてもオンリーワン採用という枠が設けられているほどなので、特定の分野に強みを持つ人を求めているのがよくわかります。

回答例は自己PR中心ですが、基本的には他の設問とのバランスを考えることが大切です。他に自己PR欄があるのであれば、自己PRの文章はもう少し減らしたほうがいいでしょう。マーケティングに興味を持っているという点はやや抽象的なので「もう少し深くきいてみたい」と考える採用担当者が多いはずです。もちろん伝えたいことをしっかりと内容に含めることは大前提ですが、このようにあえて抽象度を高めて、面接で質問を引き出すのも1つの方法です。

特徴的な設問(3)エスビー食品

エスビー食品は七味唐辛子などの香辛料やねりからしなどを手がける食品メーカーです。スパイスやハーブを使用したレシピやエスビー食品の商品を使った減塩メニューなどの提案も行っています。

設問

あなたにとって、仕事における「やりがい」とはなんだと思いますか?

回答例

私にとって仕事のやりがいとは「信頼」を積み重ねる先にある笑顔です。現在、料亭でアルバイトをしているのですが、注文をまちがえ、常連のお客様からお叱りを受けることがありました。とても申し訳なく、悔しい思いをしましたが、再び来られた際には私のほうから積極的にお声掛けをし、徐々に信頼を回復していくことができました。その後地元から離れることになったそのほうが、私に対して笑顔で「またこっちに来たときは寄らせてもらうよ」と言ってくださったとき、私は涙がでるほどうれしく思いました。この経験から私は人との信頼関係の先にある笑顔を何よりも大事にして、仕事をしていきたいと思うようになりました。また、まわりの人との信頼関係を結ぶためにも、自分自身との信頼関係も大切にしていきたいと考えています。自分への信頼を重ねることが自信へと変わり、仕事のパフォーマンスや周囲の人の幸せにつながると信じているからです。

解説

人に喜んでもらうこと、笑顔になってもらうことを仕事のやりがいと感じる人は多いと思います。しかし、表面的な内容では個性がでないため、この回答例では実体験を入れてリアリティのある内容になっています。最後に書かれている自分への信頼という話もオリジナリティがあります。

仕事をするにあたって、信頼はとても大切なポイントです。職場内での信頼関係、顧客との信頼関係など、信頼をないがしろにする人を採用したいと思う企業はありません。お叱りを受けたというマイナスの状況から信頼関係を築いたというエピソードはきっと採用担当者の興味をひくのではないでしょうか。

仕事における「やりがい」という少し抽象的な設問でも、ヒントは過去の体験にあります。どのようなときに自分はやりがいを感じるか突き詰めることが大切です。

就活のエントリーシートでは設問の目的を理解したうえで自分をしっかり振り返ろう

就活のエントリーシートでは採用担当者がその設問で知りたいであろうことをできる限り想像し、自分の経験をもとに自分の言葉で書くことが大切です。例題や回答例が多く掲載されている書籍を参考にし、想像を膨らませるトレーニングをするのもオススメです。

参考

[1] 三田 紀房  (監修)
[2] 2017/10/26
[3]無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2019年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)
[4]TAC出版

関連リンク

履歴書・エントリーシート・志望動機・自己PRのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
ESと筆記で落ちまくりのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。