キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

営業職を希望する就活生必見!面接でよく聞かれる質問&回答例

営業職の面接には何か特徴があるのでしょうか?営業職の面接でよく聞かれる質問とその意図、そして具体的な回答例を代表的な業種に分けて紹介します。また、受け答えするときの考え方と注意点も合わせて参考にして下さい。

【面接前に知りたい】営業職に向いている人が持っている特徴と採用担当者が見ているポイント6つ

出典:fotolia

まず面接前の情報として知っておきたい、営業職に向いている人が持っている特徴と採用担当者が見ているポイントをそれぞれ3点紹介します。

1.営業職に向いている人の特徴3点
(1)人と接するのが好きな人
営業職に向いている人の特徴で、基本的な人間的特性として「人と接するのが好き」は大前提と心得て下さい。毎日の仕事は人とのコミュニケーションや折衝で成立するので、人と接することが苦手、好きでない人にはありえない仕事です。
(2)成果にこだわる人
営業職には必ず目標が付いてきます。与えられた目標をなんとしてでも達成し、成果を得ようとする心意気がないと営業職は勤まりません。他社とのライバル意識や達成へのこだわりが仕事の原動力となるのが営業職です。
(3)精神的に強い人
目標達成が、あるときは厳しい現実の中で困難な状況は常に予想されます。交渉相手との不調、顧客の離反など想定される問題になんとか立ち向かえるのは精神的なタフさです。へこたれない気持ち、粘り強さなど精神的な強さは営業職にはなくてはならない要素です。

2.採用担当者が見ているポイント3点
(1)コミュニケーション能力や人当たりのよさ
営業職に必要な要素である「人が好き」という点を、採用担当者はコミュニケーション能力として見ています。面接でのやり取りに、質問に合った返事を返してくるかとか、返答するときの柔和さ、笑顔は人当たりのよさとして見ています。
(2)元気のよさ
営業職はどんな状況でも粘り強い元気さが求められます。面接の緊張下にあっても、仮にうまく応答できなくてもしょげたりうなだれたりすることは禁物です。採用担当者は常に元気のよさ、ハツラツさを見ています。
(3)ストレス耐性の強さ
目標達成に向けた努力は必須ですが、その過程で覆いかぶさってくる困難に対して跳ね返すストレス耐性の強さは採用担当者はチェックします。これまで一番苦労したこと、それをどう克服してきたかという質問などでストレス耐性を見ようとします。

【回答例つき】営業職の面接でよくある質問とその意図