キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

【就活中のトイレ事情】面接や説明会でトイレに行きたくなったら?

就活中の企業説明会や面接で、突然トイレに行きたくなってしまうこともあるかもしれません。借りるときになんと伝えればよいのかなど、いざというときの対策から、トイレを借りたときに見ておきたいポイントなどをお伝えします。

就活中のトイレの基本:事前に済ませておくのが大前提!事前にできる対策2つ

企業説明会や面接などではある程度時間を拘束されることが事前に予想できるため、トイレは事前に済ませておくのが大前提です。しかし、日によっては体調が思わしくなかったり、スケジュールが立て込んでいて、ギリギリの状態で臨まなければならなくなることもあります。こういった状態にならないための対策を2つ紹介しましょう。

1. 緊張が続く日々の体調に注意
就活は毎日忙しく、緊張も続くため、体調がいつも通りではなくなるという心づもりをしておいた方がいいでしょう。そのうえで体調管理をする際のポイントは、食事と水分です。大事な面接や説明会前の食事はできるだけ軽く済ませ、水分補給も控えめにします。お腹を満たしてしまうと生理現象と緊張との相乗効果で、より頻繁にトイレに行きたくなる可能性があるので、注意しましょう。また、いつもは持たないという人でも、万が一のために整腸剤などの薬も用意しておくと、持っているという安心感が緊張緩和につながります。

2. 余裕のあるスケジュール管理を
就活が佳境に入り、いくつも企業訪問を掛け持ちするとスケジュールが過密になり、トイレ時間もままならない状態になることも。タイムスケジュールを立てるとき、移動時間は必ず計算に入れますが、トイレ時間などの調整時間を忘れがちです。説明会や面接開始の30分前に受付に到着できるようスケジュールをセットするといいでしょう。また、トイレ時間とは、なにもトイレで用足しをすることだけが目的ではありません。トイレを利用して身だしなみや笑顔チェックも合わせて行う時間と考えることです。

以上、この2つの点に気をつけて臨みますが、ついうっかりの準備忘れを含めて、急な生理現象を感じた場合の対処法を以下に紹介します。

出典:pixta

【就活トイレ対策】説明会や面接が始まる前にトイレに行きたくなった場合はどうする?