キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

就活の面接で趣味はアニメやゲームと答えてもいい?答え方のポイント

趣味がアニメ、特技がゲームという就活生も多いのではないでしょうか。「面接で趣味や特技を聞かれた際にアニメとゲームと答えても良いのか?」「履歴書やエントリーシートの項目によくある、『趣味・特技』の欄にどう書こう」と悩んでいる方に向けて例文付きでポイントを解説します!

就活の面接で趣味を聞かれたら正直にアニメやゲームと答えてもいいのか?

アニメやゲームを取り扱う会社で、趣味や特技はアニメやゲームと正直にアピールするのは、まったく問題ありません。しかしそれ以外の会社だと、面接官によってはマイナスの印象を持たれてしまうリスクがあるのは否定できません。その理由は、職務内容によって、ゲームやアニメが好きな人の持つステレオタイプなイメージにはそぐわないものもあるからです。

たとえばマイナスなイメージとしてあげられるのが、ゲームやアニメが「一人で楽しめるもの」という意味で、
・インドア派で大人しいタイプではないか?
・人付き合いが苦手なタイプではないか?
というものがあります。もちろん、このようなタイプの方ばかりではないのですが、今よりもゲームやアニメが身近でなかった世代の面接官には、上記のようなステレオタイプなイメージを持つ人がいるのも事実です。

上記の可能性に対して不安を感じてしまう学生さんもいるでしょう。そのため、一般的に印象が良いといわれる趣味をほかに持っているのであれば、そちらの趣味・特技について答えるのもひとつの方法です。

しかし、「実は好きではないが、印象がいいと思った」という理由で適当な趣味・特技について答えてしまうと、回答の内容に矛盾が生じ、違和感が出てしまう場合があります。やはり、まったく興味のないことを趣味や特技として答えるのはおすすめできません。

それでは、「自分が趣味として、自信を持って話せるのはアニメやゲームだ」という場合に、良い印象につなげられるコツをご紹介していきます。

▽関連リンク:就活の合間に好きなアニメについて語ってみる
好きなアニメのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

出典:fotolia

就活の面接で趣味がアニメやゲームと答えるときのポイント(1)成長できた点を伝える