1. 就活日記トップ
  2. 広告
  3. ベクトル
  4. インターン体験記

ベクトルのインターン体験記

卒業年:

ベクトルのインターンに参加した学生たちのインターン体験記は、8件あります。

全8件

pager
  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:非表示
    2020年12月上旬
    東京都
    1日間
    • ES設問:将来なしとげたい夢

      私が将来成し遂げたい夢は、自筆の本を出版することです。私は読書が趣味で、小学生から現在までジャンル問わず、多くの本を読んできました。読むうちに、自分も同じように本を出し、多くの人に読んでもらいたいと思うようになりました。多くの人の心に響く言葉を紡げるよう、豊富な知識と経験を積むことを目標に、日々新しいことにチャレンジしています。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      特に重視されていた点はないと思うが、インターン中の態度や明るさといったところは少なくとも見られているのでは無いかと思う。

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      ベクトルは激務であるという噂を知人から聞いていたので、その辺が知れると嬉しいと思ってインターンに参加した。インターンを通して、その辺の具体的な事情は聞けなかったが、子育てと両立できている女性社員さんがいたので、やや安心した。インターンに参加してそのことが知れたのがよかった学びである。

  • 大学:中央大学 / 性別:女性 / 文理:文系
    2019年9月上旬
    東京都
    1日間
    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      PR会社という会社があるということが大きな発見だった。広告とは違い、人からどうしたら注目されるのかという視点が新しい。一種の社会学だと思った。学問としても面白いし、仕事を何かするというより講義を受けて実践することの楽しさを覚えた。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      会社の雰囲気はみんなイケイケなかんじだった。社員さんはきれいな人が多く、服装はオフィスカジュアル指定だったからか全体的に個性が出つつただ働くって感じがしていた。男の人の話し方がうまいのと、アナウンサーみたいな女の人がいた。

    • この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

      友達の先輩が「広告興味あるならベクトルのインターンいった方がいいよ!」って言ってたので行ったが、知識として知っておいた方がいいことがたくさんあると思う。単純に社会の一部を知ることができるし、学問としても楽しいと思う。専攻ないし、自分と周りを比べるために行くのもいいと思う。

  • 大学:明治大学 / 性別:女性 / 文理:文系
    2019年10月中旬
    東京都
    1日間
    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      なぜ広告会社ではなくPR会社なのか、実際の某広告会社とのコンペの例(楽天カフェ)を通して反響の大きさや金銭面での効果測定について学び、「いいモノを世の中に広める」ためのPRの手法、上場企業の売上を伸ばすPR会社として強みから幅広いクライアントを抱えていることが分かった。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      司会進行とフィードバックを行う社員の約2名で行われており、現役の社員と直接話す座談会などの機会は特に用意されていなかった。会場後方ガラス張りの部屋で会議が行われている様子は伺えた。社員紹介では学生生活に基づく特技や趣味が取り上げられ、好きなこと、やりたいことを尊重する雰囲気があった。

    • この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

      企業ホームページに載っている動画も当日流されるので事前に準備はいらないと思う。事業内容についてもホームページより詳細に教えて頂ける。しかしスライドの進むペースは若干早く、最後の資料配布もないので注意。

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:非表示
    2018年12月上旬
    東京都
    1日間
    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      何よりも戦略的パブリックリレーションの可能性の広さに尽きる。自分のスキルがどうのというより、このコンテンツを用いてどのような仕事ができるかを考えることが非常に楽しいものであり、そのような仕事が存在すると知ったことが学んだことだ。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      戦略的パブリックリレーションという仕事や、その社会・人々に与える価値や影響に強く誇りを持っていると感じた。しかし、なかなか社員さんとお話する機会はなかったので、具体的に理解ができているかは何とも言い難い。

    • この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

      戦略的パブリックリレーションズという仕事は、無限の可能性を持った仕事だと思います。しかし、仕事としてはなかなかイメージしづらいのではないかなと思います。このインターンシップは選考もないので、是非参加して自分の可能性を広げてみてください。

  • 大学:非表示 / 性別:女性 / 文理:非表示
    2019年8月中旬
    東京都
    1日間
    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      初めに会社説明や、PRと広告の違いなどを講義形式で学ぶ機会があるので、その時は業界研究としてかなり有益でした。そのあとは、グループワークと実際に行った事例紹介をひたすら繰り返すので、インプットとアウトプットの嵐です。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      グループワーク中に社員さんが巡回しているので、わからないことがあればその場で聞くことができました。女性の比率が非常に高く、みなさん容姿に気を使っている方々だったため、割とキラキラとした社風を感じました。

    • この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

      1dayといっても午後だけなので実質半日のインターンですが、グループワークでは頭をフル回転させるため意外とハードで終わった後はみんな疲れた表情でしたので少し覚悟すべきです。お菓子などを途中で配っていただけたのは良心的でした。

  • 大学:関西大学 / 性別:女性 / 文理:非表示
    2019年2月
    大阪府
    2日間
    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      広告の種類の豊富さについて知ることができたと思う。またふつうの広告企業とは異なり、PRという、近年増加傾向にある、広告の仕方についても理解を深めることができ、非常に意義のあるインターンシップとなった。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      あまり社員さんと話す機会がないインターンシップであったため、雰囲気や対応についてはこれといった印象は特には残っていない。インターンシップにいらっしゃった人事の方はハキハキとしたイメージだった記憶がある。

    • この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

      選考がなく、予約制でありながらも、現在、PRが事業内容にある企業では世界の他の企業と並んでいるため、本インターンシップに参加することに非常に意義があると考えるので、おすすめです。他の有名広告企業について企業研究をした後に行くと、何が違うか比較できる。

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:非表示
    2019年2月
    東京都
    1日間
    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      具体的に広告とPRの違いをインターンを通じて実感できた。説明会では広告の売上が低下した事例や、広告の効果が無くなってきているという具体的なデータで根拠が示されていたため、今後伸び代があるのはPR業界だということも実感できた。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      会社の対応は良かった。ドリンクのサービスやお菓子など、学生に対して配慮があったと感じる。グループワークの事例も楽しめるような題材が多かった。ただ、PR業界を推すあまりに広告業界を貶すような言い方があったのは気になった。

    • この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

      毎月のように1dayインターンが開催され、選考もないので特に対策等は要らないと思う。インターン後の限定説明会に参加するとESが免除になるなど特典があると聞いたので、もし第1志望であれば夏頃から早めに申し込んだ方が良い。

  • 大学:非表示 / 性別:女性 / 文理:文系
    2017年9月
    大阪府
    1日間
    • ES設問:学生時代一番力を入れたこと

       カンボジアの日本語学校を支援する活動です。活動資金の目標金額を集めるためには、メンバーのモチベーションを上げることが必要だと考え、実際に現地の子供たちと関わる機会を作るために二つのことを行いました。まず、全員で現地の日本語学校を訪れました。衣食住を共にし、遠くても身近な存在に感じられました。次に、現地スタッフとのSkypeミーティングを始めました。日本から現地のことが知れるので、ミーティングの参加率も上がりました。その結果として、責任感が生まれモチベーションも上がり、募金活動が半年に一回から三ヶ月に一回に増えました。それにより、募金の金額も約二倍に増やすことができ、活動資金の目標金額を集めることができました。このように、実際に行動し、工夫することで結果に繋がるということを学びました。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      エントリーシートでは一つしか質問がない上に、参加者が多かったためきちんと自分が言いたいことが書けていれば通ったのではないかと思う。

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      広告とPRの違いに焦点を当てて説明をしてくれたため、あまりイメージがついていなかったPRということを理解できた。また、グループディスカッションでも一時間程という長い時間をかけて議論するため、就活を始める最初の段階で経験することで、これから何をしていけばいいか、どのようなことに力を入れていけばいいかなどを考えることができた。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

特別企画【PR】

閲覧されているコンテンツ

インターン体験記投稿キャンペーン
みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
楽天モバイル
ページトップへ