大学生活の集大成!卒業論文の書き方の基本や手順を知ろう

卒業論文は、大学生活の集大成です。ここでは文系の卒業論文を想定して、書き方の基本や効率の良い手順をご紹介したいと思います。テーマの決め方や、4年生から始まる就活との両立を踏まえた準備の時期についてもお伝えします。

卒業論文はいつごろから準備する?

結論から言うと、卒業論文の準備は遅くとも3年生の冬休みまでには取り掛かっていることが望ましいです。

就活との両立を考えると、卒業論文の準備は4年生になってからでは遅いのです。2019年卒の就活スケジュールでは、ナビサイトでは3年生の6月から自己分析や企業研究を始めるようすすめています。4年生の3月には企業のプレエントリーが開始されます。それまでに、どういった業界のどの企業に応募したいかまで決めておかないと、プレエントリーが締め切られたあとでは応募ができません。

同じく4年生の3月からは、合同企業説明会や個別の企業の筆記試験、面接も開始されます。ESや履歴書の自己PRや志望動機は書類選考の合否を左右しますから、よく考えて書かなければなりません。ということは、遅くとも3年生の冬休みの1~2月には、就活と卒業論文の両方の準備をすることをおすすめします。

▽卒論に苦しむ就活生の声はこちら
卒論でいっぱいいっぱいのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20190510093450j:plain出典:fotolia

最初のステップ!卒業論文のテーマの決め方

最初に、卒業論文のテーマの決め方をご紹介します。卒業論文は普段提出しているレポートよりもずっとボリュームが多いので、段取りをしっかりと考えて取り組みましょう。

卒業論文のテーマにできそうな項目をリストアップ

卒業論文のテーマを決める際には、テーマの範囲が重要です。範囲が広すぎると抽象的になってしまうので、ある程度絞りましょう。

まず、大学生活でそれまでに勉強してきた専門科目のうち、面白かったり興味深かった講義をいくつかピックアップします。その中から、卒業論文のテーマとして深掘りできそうな項目をリストアップしてみましょう。興味があるというのがポイントです。参考文献を何冊も読むことが必要なので、その際に興味がある項目のほうが読むことが苦になりません。

卒業論文のテーマとして成立するか先生に聞く

次に、それぞれの項目のもとになった講義を担当した先生に、その項目が卒業論文のテーマとして成立するかどうかを聞きましょう。今まで専門科目を広く浅く学んできた学部生には、この判断が意外と難しいのです。ここで卒業論文として成立しにくいテーマを選ぶと後々苦労します。例えば参考文献が少なかったり、範囲を絞りすぎて規定の文字数を満たせそうになかったりといった具合です。

もちろん、項目だけをポンと聞くのではなく、その項目をもとにどんなことを書きたいのかを大まかに考えて、説明できるようにしておきます。

卒業論文のテーマの範囲は広めに考えて徐々に絞る

先生は、自分の専門分野の有名な参考文献は全て頭に入っています。そのため、あなたがリストアップした項目が卒業論文のテーマとして成立するかどうかの当たりを付けられるのです。

しかし、あなたがどんなふうに卒業論文を書くかまでは予想できません。書き終わる頃になって規定の文字数が満たせそうにないと、非常に困りますね。最初はテーマの範囲を広めに考えて、徐々に不要な内容を切り落とし必要な内容に絞っていくのが良いでしょう。

【手順を解説】卒業論文執筆の流れと書き方を知ろう

では、卒業論文を執筆する際の手順を解説します。とにかくやるべきことが多いので、どのような流れで書けばよいかを考えてから書き始めましょう。具体的な書き方もご紹介します。

最初に卒業論文の目次にもなる概要を作成する

卒業論文の概要を作成する際には、まず、最後にどういう結論に持っていくのかを、おおよそ決めておきます。

次に、その結論に持っていくために必要な中見出しのタイトルを考えましょう。そして、結論と中見出しに関係しそうな参考文献を選んで読みます。といっても、参考文献は同じテーマでも切り口はバラバラですし、AとBの文献では著者の意見が真逆だったりもするでしょう。1冊読むたびにノートに内容をメモして、あとでさっと参照できるようにしておきます。とはいえ、実際の卒業論文の書き方は、概要を考えつつ参考文献を読みつつの並行作業になるものです。

卒業論文の参考文献を調べて集める

選んだテーマにおいて、読んでおくべき基本の参考文献をまず押さえます。これは、指導担当の先生に何冊か紹介してもらい、あとは紹介してもらった参考文献の著者自身が最後に参考文献として記載している文献もリストアップ。他には、卒業生の卒業論文の中で自分のテーマに近いテーマで書かれているものを探し、やはり最後の参考文献をリストに加えます。手に入りにくい参考文献もありますから、この作業は早めにやりましょう。

遠くの大学の図書館や国立国会図書館でも、「図書館間貸し出しサービス」や「遠隔複写サービス」が受けられる場合もあります。

卒業論文の本文の書き方

導入文、見出し1、見出し2と順番に書いていけるなら、流れに沿って書けているかどうかの検証をしながら書けて効率は良さそうです。しかし、それが難しい場合は書きやすいところから書き始めてみても良いでしょう。参考文献を読み進めたり本文を書いていくうちに、見出しの順番を変更することもあり得ます。最初に決めた順番では書きにくいと感じたら、概要を見直しても良いのです。そうして柔軟に調整をしながら、本文を書いていきます。

卒業論文のフォーマットや論文作成技術

卒業論文のフォーマットは、文系ならWordを使用する場合が多いでしょう。また、卒業論文の目次構成の一例は次のようなものです。

第1章 序文
1.1 問題の背景
1.2 問題提起
1.3 本論文の構成
   (「第2章では、~について説明する。続いて第3章では、~。~。最後に第5章では、本論文の要約並びに課題について述べる」といった書き方)
第2章 本論
第3章 本論
第4章 本論
第5章 要約と課題
参考文献

卒業論文の作成技術は、以下のとおりです。念頭に置いて執筆しましょう。

【文章に関して】

1.である調に統一して体言止めは使用しない
2.段落の冒頭は一マス全角で空ける
3.「しかし」などの逆接の接続詞を逆説以外で使用しない
4.「ちなみに」に続いて本論と関係ないことを述べない
5.「?」や「!」の記号を使用しない
6.主語と述語を対応させる
7.「~だろうか」などの投げかけをしない

【卒業論文全体で】

1.論理が繋がるように書く
2.見出し同士、段落同士、文章同士の関係性を明らかにする
3.例えば臨床心理の論文で「臨床心理とは」という一般的な説明は数行で済ませる
4.検証されていない事柄を提案しない
5.表記揺れをなくす
6.個人の感想を書かない
7.出典なしのコピペをしない
8.誹謗中傷をしない
9.図表は加工する(出典ありでもそのままの掲載は禁止)
10.最後に参考文献を記載する

卒業論文に欠かせない参考文献の収集方法

最後に、卒業論文の参考文献の収集方法、引用と参照の違いや書き方をお伝えしましょう。

卒業論文の参考文献の収集方法

参考文献の収集方法は、前述したように、まず指導担当の先生にテーマについての基本の参考文献を聞きます。

また、インターネットで検索して、参考文献をリストアップしてくれているサイトがあれば目を通しましょう。単行本は1冊何千円もするので、大学や自宅近くの図書館あるいは国立国会図書館で借りて読み、必要になりそうな部分はコピーしてファイリングしておくと良いのです。また、ネットや実店舗の古書店で定価より安く販売されていることもあります。

卒業論文の引用・参照の違いや書き方

引用とは、参考サイトの文章を一字一句違えず本文に記載するものです。引用は、なるべく近くに出典を記載します。参照とは、読んで参考にしたという意味です。参考文献の文章を執筆者が自分の中で消化して、卒業論文の本文には自分の言葉で書きます。参照した部分に何かの印を付け、参考サイトのリストにも同じ印を付けておきましょう。参照は、卒業論文の一番後にまとめて出典を記載します。引用と参照の出典の記載方法は大学によって違いますので、大学が定めたルールに従って書きましょう。

参考文献やネットの参考サイトの文章を出典の記載なしにそのまま記載する「コピペ」は厳禁です。

卒業論文の書き方を知りスムーズに書けるようにしよう

2018年のような就活スケジュールだと、就活と卒業論文執筆の時期がどうしても重なってしまいます。就活のプレエントリーが始まる前に、卒業論文のテーマを決めたり書き方を知ったりして下準備し、スムーズに書けるようにしましょう。早めの準備があれば、卒業論文の書き方に不安になることはなさそうです。

参考

[1]遠隔複写サービス|国立国会図書館―National Diet Library
[2]http://www.ndl.go.jp/jp/copy/remote/index.html
[3]2018/11/26

[1]図書館間貸出し|国立国会図書館―National Diet Library
[2]http://www.ndl.go.jp/jp/library/service_lendout.html
[3]2018/11/26

関連リンク

卒論でいっぱいいっぱいのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20181121163337j:plain

著者:梨香

食べ歩きが大好きな、関西在住アラサー女子です。関西人が求めるのは、やっぱり安くて美味しいご飯。もちろん、その上オシャレな店なら言うことなしです。今日も、3拍子そろった店を探して食べ歩きます!