就活で地方から遠征する時の持ち物は?必須アイテム・あると便利な物

地方在住学生の就活につきものなのが、遠征です。都市部などで開催される説明会や面接に数日から数週間滞在するため、いかに効率的に動けるかが鍵となります。ここでは、遠征の必須アイテムから、あると便利な持ち物までを紹介します。

就活で地方から遠征をする時の持ち物【必須アイテム編】

地方から遠征して就活を行う場合、少ない時間でいかに効率的に多くの企業を回れるかが鍵となります。まず重要なのが、必須アイテムを忘れないこと。遠征先で「忘れてしまった」という事態が起きると、不安に駆られてしまったり、既に持っているものを新たに買って出費がかさんだりと無駄が増えてしまいます。
ぜひ、以下のチェックリストを参考に準備をしてみてください。

履歴書

予定している選考の部数に加え、必ず数部予備を用意しておきましょう。
遠征では、複数の会社の面接や説明会を回ります。企業によっては説明会の場で次回の選考日程を決定する場合もあり、急な面接日程が追加されることも。また、予定していた説明会や選考に加え、空き時間を効率的に活動するために新たな説明会に参加するケースも多いです。

現地で履歴書を入手することも可能ですが、書類の形式によっては書き慣れず時間を要してしまうこともあります。また、学校指定の履歴書を使いたい場合などは現地で入手不可能なので、必ず多めに持っていきましょう。

選考に参加する企業の資料

面接に参加する場合、説明会などで配られた会社案内資料などはなるべく持っていきましょう。選考前に見直したいと思った時に、ネット上だけでは得られない情報が載っている場合もあります。荷物が重くなる場合、書類を電子化しパソコンなどで見れる状態にしておくのもひとつの手です。

バインダー・クリアファイル

エントリーシートや履歴書がシワにならないよう、必ず1部は持っていきましょう。
また、説明会や選考では多数の書類やパンフレットを配布されます。会社ごとに分けられる仕切りがついたバインダーなどを持っていくと安心でしょう。

バッグ

説明会や選考時には、A4サイズの書類が入る鞄が必須となります。これに加え、自由時間や外出時に使う普段使いのバッグもあると便利です。

携帯電話・充電器

選考会場までの地図を調べる、万が一遅刻しそうな場合は人事に電話を入れるなど、就活のライフラインとなります。できれば持ち歩きタイプの充電器も備えておけると安心です。

学生証

企業によっては、選考などで学生証の提示を求められることがあります。お財布などに携帯しておきましょう。

スケジュール帳

就活アプリなどで管理している学生も多いですが、各選考のスケジュールを漏れなく管理できるようにしましょう。

腕時計

シルバーなどビジネスユースのものは、社会人になってからも使えるため1本買っておいても良いでしょう。

▽地方の大学生の就活は大変!?
地方の大学生のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20181210134109j:plain出典:pixta

遠征にあると便利な持ち物【エチケット編】

選考においては、身だしなみも重要なチェックポイントです。人事からマイナス評価をつけられないよう、エチケット用品一式を揃えていくと安心です。

シワ取りスプレー

説明会などで長時間座っているケースも多く、特にスーツのズボン部分にシワが寄りがちです。毎晩浴室にズボンをかけて、水蒸気でシワを伸ばすといった方法もありますが、選考が続く場合は出先でも使えるシワ取りスプレーを常備すると安心でしょう。

エチケットブラシ

気づけばついてしまう埃は、毎日外出時にブラシで払いましょう。特に紺や黒のスーツは埃が目立ちやすいので注意です。

ソーイングセット

長時間外出していると、急遽ボタンが取れてしまうといったトラブルはつきものです。特に目立つ場所のボタンが取れると、選考中に気が散ってしまうこともあるでしょう。もしもの時に備えてソーイングセットを持っておくと応急処置ができます。

口臭ケア用品

特に昼食後の選考などでは、口臭ケアには気をつけましょう。携帯の歯磨きセットを常備しておけると安心です。また、緊張して口臭が気になる場合など、ブレスケアタブレットなどを使うと気分もスッキリします。

替えの靴下・ストッキング

特に女性の場合、ストッキングの伝線はつきものです。人によっては高い頻度で発生することが多いため、替えのストッキングは常備しておいた方が良いでしょう。

洗濯用品

特に長期滞在の場合は、洗濯用品を持っていくと安心です。遠征先で調達することや、乾燥まで行うと高くつくこともあるため、洗剤も小分けに持ち込むと良いでしょう。また、ロープにピンチがついたものがあると、靴下などが干せるため便利です。また、夏の時期はシャツの襟が黄ばんでしまうことも多く、襟用洗剤があるとベターです。

遠征にあると便利な持ち物【意外と見落としがち!あると安心アイテム編】

就職活動に直接は関係ありませんが、数日間宿泊をするとなると持っていた方が安心なグッズもあります。人によっては必須となるアイテムもあるでしょう。以下のチェックリストを一度見ておくと安心です。

慣れない土地での慣れない生活は、体調を崩しがちなものです。常備薬はもちろん、鎮痛剤や胃薬、酔い止めなどを持っておくと安心でしょう。現地での調達も可能ですが、遠征で慣れない場所に行くからこそ飲み慣れた薬を持参しておくと良いでしょう。

枕が変わると眠りが浅くなるという人もいます。ホテルによっては枕が柔らかすぎる、高すぎるといったこともあるため、普段使っている枕を持参すると良いでしょう。就職活動はストレスも大きいものです。しっかり睡眠を取り、体を休めることは重要ですので、多少荷物は重くなりますが気になる人は注意すると良いでしょう。
また、寝心地を左右するという意味ではパジャマも大事です。綿や絹など、リラックスして休めるパジャマを持っていきましょう。

ネックピロー・アイマスク・むくみ防止ソックス

長距離移動が必要となる人は、空気などで膨らむネックピローを準備すると肩こり対策となります。また、長距離移動にあたり、安さの面から夜行バスを使う人もいます。寝付けないと翌日の選考に差し障ることもありますので、アイマスクを持っていくと良いでしょう。また、特に女性は飛行機やバスなどでむくみがちなので、着圧ソックスなどもおすすめです。

普段使いのアイテム

枕と同じように、リラックスして毎日を過ごすことは重要です。例えば気持ちを和らげるアロマグッズを持っていくと、溜まったストレスを解消することができるでしょう。また、地元でしか買えない食べなれたお菓子やふりかけ、お味噌汁やスープなどもおすすめです。滞在先では食生活が変わり、コンビニ中心の生活となってしまうこともあるため、飲み慣れた温かい飲み物を用意すると気持ちを安らげることができます。

就活で遠征をする時は、持ち物の選定も慎重に!

遠征先で安心して就活ができるよう、持ち物の選定は重要です。説明会や選考に必須のアイテムから、気持ちを落ち着けるためのグッズまで、滞在先で何が必要になるかじっくり考えてみましょう。何度も遠征に行くことも多いので、一度準備した後アップデートしていくことも大事です。

関連リンク

地方の大学生のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191351j:plain

著者:おくいはつね

2006年より人材系企業にて、中途採用営業、営業支援、新規事業を経験。その後、東証一部上場企業などの採用コンサルティングや組織開発、研修プログラム開発、新卒採用ツール企画制作などに携わる。慶應大学などの教育機関でキャリア開発ワークショップを実施。また人材育成領域の事業立ち上げやマーケティングも行っている。