面接で尊敬する人物を聞かれたら?的確に答えるための対策と回答例

面接で聞かれる質問に「あなたの尊敬する人は誰ですか?」というものがあります。さて、この質問にはどのように回答するのが良い印象につながるのでしょうか?面接で尊敬する人物を聞かれたときのポイントを、例文をまじえて解説します。

面接で尊敬する人物を聞く意図とは?

面接官が尊敬する人物を尋ねる理由は何でしょうか?
結論から言うと、就活生がどのような価値観や考え方を持っているのかを知るためです。また、なぜその人物を選び、どのようなことを行ったから見習いたいと思っているのかなど、詳しく質問をしていくうちに、就活生の視野の広さや、普段から誰かを手本にして動いているのかどうかなども知ることができます。

今まで同年代の人達と学校で学ぶことを中心に生活してきたと思いますが、社会に出ると年齢、職歴、考え方、仕事の進め方などが違う様々な人たちと一緒に仕事をすることになります。時には壁にぶつかることや、理不尽なことも起きるでしょう。そんな時に尊敬する人物や目指す人物像を思い浮かべることで、信念を持って物事に取り組むことができるはずです。今からじっくり尊敬する人物について考えてみましょう。

f:id:hito-contents:20171225151825j:plain出典:fotolia

面接で尊敬する人物を聞くこと自体NGじゃないの?

インターネット等で「尊敬する人物」について検索すると、面接でそういった質問をすることはNGだという記載も出てきます。それは厚生労働省が提示する「採用選考の基本的な考え方」に配慮すべき事項として記載があるからです。宗教、政党、思想や尊敬する人物等、本来であれば自由であるべき事項(思想信条にかかわること)は適正と能力には関係がないので、配慮すべき事項と記載されています。
しかし、こういった質問をすることは「禁止事項」ではなく「配慮すべき事項」であるので、面接で質問されることもありうるのです。時折「その質問には答えたくありません」という就活生もいますが、そういった回答はあまり良い印象を与えません。質問される可能性がある項目として、事前に回答を準備しておくことが望ましいです。

面接で「尊敬する人物は誰ですか?」と聞かれたときに上手に答えるために

面接で「あなたの尊敬する人物は誰ですか?」と質問されて特に回答を用意していないとしどろもどろになったり、思い付きで回答したりするケースがあります。そうならないために、上手な回答方法とそのポイントについて説明します。

1. 尊敬する理由を明確に(応募職種にマッチした理由が望ましい)

尊敬する人物の質問に対しては、ただ人物名を回答するだけでなく、何がきっかけで、その人物のどのような部分が尊敬できて、何を手本にしたいと思っているか等、理由を明確に答えましょう。理由がきちんと答えられないと「思い付きで回答したのかな」「本当はあまりこの人物のことを知らないな」などと思われ、面接官に良い印象は持たれません。

2. 好きな人物と尊敬する人物を混同させない

好きな俳優や作家、スポーツ選手等、自分が好きな人物を答えるのは間違いです。「好きな俳優のこんな演技がとても上手で尊敬しています」「サッカー選手の○○のプレイスタイルがカッコ良くて尊敬しています」等、単純に自分の好みを答える場面ではないので混同しないようにしましょう。

3. 両親を選ぶのはリスクがある場合も

尊敬する人物として両親を選ぶ人はとても多いです。しかし、ある会社の社長は「今まで育ててもらった両親に対して尊敬の気持ちを持っているのは当たり前。逆に親を尊敬することができない人の方が珍しい。そんな当然のことを面接で聞くわけがないから、親以外で答えてほしい。」と両親を挙げた学生に再度質問を投げかけるそうです。身近な人物で尊敬している人として挙げやすいですが、就職活動の面接ですので両親以外の方を選びましょう。

【回答例】面接で尊敬する人物を聞かれたときの回答例4つ

実際に面接で尊敬する人物を尋ねられた際にどう回答したらよいでしょうか。その人物の尊敬理由が明確で、価値観や熱意が伝わるように話すことが大切です。また、尊敬する人物を見習って自分自身がどのようなことを心がけているのか、もしくはこれからどう動いていきたいのか等を付け加えていくとさらに良い印象を与えることができるでしょう。具体例を挙げながら説明していきます。

歴史上の人物

・織田信長
戦国武将の中で一番の戦略家で非常に強い武将だったことが、興味を持ったきっかけです。尊敬するところは、見事な戦略で敵を討つ姿や、身分や出身にこだわることなくその人物を見て判断し、適材適所に人員配置をしていたところです。彼の戦略やものの考え方は、これから社会人になってもきっと役に立つと思っています。

スポーツ選手

・イチロー(鈴木一郎)選手
イチロー選手は、自身が小学校6年生の時に語った自分の夢を現実にした素晴らしい努力家で、私の尊敬する人物です。1つのことを最後まであきらめずに突き進めるエネルギーと、そのために必要なスキルを身に着けるための努力は、生半可なものではないと思います。また、選手になった後も常に上を目指し、海外で今でも活躍しているのは自分に厳しく努力を怠っていないからだと思います。

経営者

・松下幸之助(パナソニック創業者)
父から松下幸之助さんの本を紹介されて読んだことがきっかけで、尊敬する人物となりました。理由は自分の頭をフルに使って考えに考え抜いて、誰も思いつかなかったことを編み出して実行する姿に感銘を受けたからです。経営の神様として日本の様々な経営者がお手本にしている人なので、私もこれからの社会人生活では簡単に諦めず、まずは自分で考えて行動する、ということを心がけていきたいと思っています。

海外の偉人

・ヘレン・ケラー
目が見えない、耳が聞こえない、話すことができないという三重苦を乗り越え、社会福祉の活動を続けていた強い女性だというところに大変感銘を受け、尊敬しております。私がヘレン・ケラーの名言の中で好きな言葉は、「世界で最も哀れな人とは、目が見えてもビジョンが見えない人」というものです。彼女の言うように、私も目先の利益にとらわれずに先のビジョンを見据えて行動していきたいと思いました。

面接で尊敬する人物を聞かれても・・・尊敬する人がいない場合はどうすればいい?

尊敬する人物がいない、という人も中にはいると思います。しかし、面接の場で「尊敬する人物は特にいません。」と回答してしまうとマイナス評価になってしまいます。
まずは自分の考え方にリンクする人や、逆に自分にないものを持っている人等、どのような人物に共感できるのか考えてみましょう。
そして新聞や本、インターネットなどを使ってどんな偉人がいるのか調べてみましょう。気になる人がいたらその人物がどのような功績を挙げた人か、どんな部分に共感できるか、感動したか等を箇条書きでもよいのでメモに書き留めておきます。それから面接でうまく回答できるように自分なりにまとめます。
面接用に人物を探すのはよくないですが、面接をきっかけに自分のお手本となる人や尊敬する人物を持つことは、これからの人生にもメリットはあると思いますのでこの機会に調べてみましょう。

面接で堂々とするためにも、尊敬する人物は事前に考えておこう!

尊敬する人物については、自分が好きな人と混同せずに尊敬できる・共感できる人を挙げて、より具体的にその人物を選んだ理由を説明できるようにします。事前に自分でまとめておき、面接で自信を持って回答できるようにしておきましょう。

参考

[1]厚生労働省HP
[2]http://www2.mhlw.go.jp/topics/topics/saiyo/saiyo1.htm
[3]2017年10月8日

関連リンク

尊敬する歴史人物のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
尊敬する人は誰のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929171116j:plain

著者:RIKUA

大手アパレルにて4年勤務後、広告業や人材業にて人事系統に8年、企画系統に5年勤務。広告会社にてフリーペーパーの記事作成やリライト、校正、新卒社員に向けたメルマガ配信等,ライティング経験有。また、人事部の立ち上げや運用等人事採用関連の知識を活かし、大学内や就職支援機関での就職セミナー講師も行う。