キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

面接では声の大きさやトーンにも注意!内定を獲得するための喋り方

面接はただでさえ緊張しやすいものですよね。その上、あがり症であったり、内気であったりするとますます不安だと思います。面接は声のトーンや話し方もチェックされます。そこで、面接の話し方のポイントや対策についてご紹介します。

面接では声のトーンや大きさも強く印象に残る

初対面の人と話す時、どのようなところから相手の印象を受けますか?

聞き手への影響力を示す指標としてよく例に挙げられるのが、カリフォルニア大学の心理学名誉教授、アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」です。

聞き手が話し手から得る情報には、言語情報(話の内容)、聴覚情報(声のトーンや大きさ、口調など)、視覚情報(表情や視線、仕草)があります。メラビアンの法則は、この3つの情報に矛盾がある場合に、聞き手はどの情報を重視して判断するかということを示したものです。メラビアンの法則によると、聞き手は「言語:聴覚:視覚=7:38:55」という割合で判断するとしています。

例えば、疲れ切った表情で「楽しいよ」と怒った口調で言ったとします。その場合「楽しい」という言語情報を信じる人は7%、口調から怒っていると思う人は38%、表情から疲れていると判断する人は55%いるという意味です。このことから、相手の真意を理解しようとした場合、話の内容だけでなく声のトーンや喋り方、仕草や表情も大きく影響することがわかりますね。もし、面接で「自信があります!」と低い声でおどおどと言ったとしたら、自信があるという言葉そのものよりも、声のトーンから「自信がない」と判断される可能性が高いと言えます。

f:id:hito-contents:20170929150116j:plain出典:写真AC

面接で良い印象を残す喋り方とは?

大学の講義やテレビの解説を聞いて、声のトーンや大きさ、口調などが気になって、聞く気になれない!と思った経験はありませんか?

スピーチの内容がどんなに素晴らしいものでも、相手が聞く気になってくれなければ意味がありません。面接でも同じことが言えます。特に一次面接では第一印象が合否に大きく影響すると言っても過言ではありません。面接官に良い印象を与えるには、背筋を伸ばし、相手の目を見て、自信を持ってハキハキと話しましょう。大切なのは相手に伝わりやすく話すこと。面接官にしっかりと届くような声の大きさと聞き取りやすい速さを意識しましょう。

話している間は、一本調子で話すよりも、声の抑揚や適度な間を使い分けると、さらに印象が良くなります。例えば、自己PRなどで特に強調したい部分は声を少し大きくしたり、力強く話したりすると効果的です。また、声のトーンが高い人よりも低めの人のほうが落ち着いた印象を与えますが、やや低めのトーンのほうが聞き手は相手の真剣さを感じやすくなります。ここで注意したいのが、特に伝えたいポイントで、声のトーンや口調に変化をつけることです。

コミュニケーションに自信のある人は、相手に合わせて話し方を変えることも覚えてみましょう。例えば、普段から早口の人はあまりゆっくりと話されるとイライラしてしまうかもしれません。特に話すスピードや間の取り方を相手に少しだけ寄せてみても良いでしょう。

面接でしてはいけない喋り方とは?

人によっては入室の瞬間にマイナス評価をされてしまうこともあります。

まずはノックを3回、声を掛けられてからドアを開けるなど、マニュアル本には入室時のマナーが書かれていますが、それを間違っても大きなマイナスにはなるとは限りません。しかし、入室時の「失礼します」という声が小さいと、大きくマイナスの評価になってしまう可能性が高いことを覚えておきましょう。

同じように、面接でいちばん避けたいのが小さな声でボソボソと話すことです。聞き手からすると暗い印象や自信なさげな印象を受けるだけでなく、話を聞きたい!という気持ちもなくなってしまいます。

逆に、ある程度大きい声だと元気でやる気のある印象を与えることができますが、声が大きすぎるとTPOを考えていないと捉えられてしまいます。また、ゆっくりすぎる話し方や早口も良くありません。緊張したり気持ちが焦ってきたりすると早口になりがちですが、面接官に伝わりやすい速さを意識することが大切です。

また、声の大きさやトーン、速さとともに、言葉遣いにも注意しましょう。絶対に避けるべきなのが若者言葉です。ビジネスの場ではTPOが重視されます。ビジネスにふさわしい話し方であることと、その場の雰囲気に合わせた話し方を意識することがポイントです。

面接に向けて日常生活で喋り方のトレーニングをしよう

面接をうまく乗り切るポイントは2つあります。1つは事前準備、そしてもう1つが慣れです。そう聞いても、「準備と慣れが声の大きさやトーン、速さなどの話し方に関係あるの?」と思うかもしれませんが、この2つができていれば面接本番でも落ち着いて話すことができるようになります。

事前準備とはいわゆる面接対策のことです。まずは自己分析をしっかりとして、自分の長所・短所、学生時代に頑張ったことなど面接での定番の質問に対する準備をしっかりとしておきましょう。

面接の準備が整ったら、次は慣れておくことです。慣れるには場数を踏むことがいちばんですが、就活の序盤だとなかなかそうもいきません。変わりにできることと言えば、「練習あるのみ!」です。一人で面接の練習をする場合は鏡と動画を活用しましょう。まずは鏡を見ながら、自己紹介や自己PRの練習をします。その際、視線や表情などもチェックしておきましょう。本番のつもりで、声のトーン速さなどに気をつけて、聞きやすく話せるように練習します。

鏡でコツが掴めてきたら、次は動画を取ってみます。本番と同じように椅子に腰かけ、姿勢、目線や表情、話し方、声のトーンや大きさなどをチェックしてみましょう。

面接当日にしておきたいハキハキ喋るためのトレーニング

面接で落ち着いてハキハキと話すために、当日でもできることがあります。それは緊張の緩和です。人間の自律神経には、緊張状態や活動時に優位になる交感神経とリラックス状態や休息時に優位になる交感神経があります。緊張すると、交感神経が優位に働き、脈拍が早くなる、思考が鈍る、筋肉がこわばる、声が上ずるなどの状態を引き起こしてしまいます。顔の筋肉がこわばると、笑顔が不自然になったり口がうまく回らなくなったりしがちです。

そこで、面接直前に緊張やこわばった顔の筋肉をほぐしてあげましょう。緊張をほぐすために簡単で有効な手段が深呼吸です。緊張状態になり交感神経が優位になると呼吸が浅くなります。浅い呼吸は交感神経をさらに活発にします。交感神経の働きを抑えて、副交感神経を優位にするには腹式呼吸が効果的です。腹式呼吸は吐くことに意識を集中させ、おへその下を凹ませるようにして細く長くゆっくりと息を吐きます。息を吐き切ったら力を緩めると、お腹に自然に空気が入ってきます。行きの電車の中などでも取り組んでみましょう。

さらに、面接の時間が近づいたら顔の筋肉をほぐしましょう。定番の方法は「あいうえお体操」です。口をできるだけ大きく開けたりすぼめたりして、「あいうえお」と口の形を作り何度が繰り返しましょう。顔の筋肉をほぐすとともに、副交感神経に働きかける効果も期待できます。

面接では喋り方を変えるだけでもしっかりと伝わる

面接で良い印象を与えるには、声のトーンや大きさなども大切です。現代人はメールやSNSの発達により、普段から喋ることに慣れていないと言います。面接で困らないようにするためにも、普段から声の大きさやトーンなど相手に伝わりやすい要素を意識して話す癖をつけておくと安心です。

関連リンク

面接/試験/資格の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:epb0804:20170810123553j:plain

著者:福田 結希

人材コンサルティング会社に約8年間所属。主に、新卒採用試験(主に集団面接、グループディスカッション・プレゼンテーションなどの評価)、企業研修等でのコンピテンシーアセスメント等に関与していました。