キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

【例文あり】新卒の入社式での挨拶と自己紹介はどうするのが正解?

厳しい就活を乗り切り晴れて新入社員となる学生の方々が次に心配になるのは、入社式や配属先での挨拶や自己紹介ではないでしょうか。ここでは、そのような不安を払拭するために、入社式での挨拶と自己紹介のしかたをご紹介します。

新卒の入社式での挨拶と自己紹介 基本の構成と時間は

入社後の印象を決める大事なもの

就活中に何度となく自己紹介をした経験があるからと安心している方もいるかもしれませんが、新卒の入社式や配属先での挨拶は就活とは違う工夫が必要でしょう。なぜなら、挨拶で良い印象を持ってもらえば、今後の仕事がしやすくなるからです。基本通りの挨拶や自己紹介では、先輩社員の印象に残らない可能性もあるので、新人らしいオリジナリティーに富んだ挨拶になるよう準備しておきましょう。

自己紹介の挨拶の基本構成

独自性のある挨拶をしたいところですが、まずは入社式等での挨拶の基本構成を前提に考えていきます。基本構成と流れは以下の通りです。

<挨拶の基本構成と流れ>

(1)名前や配属場所などの簡単な自己紹介
名前、出身地、出身大学、配属先などは挨拶の基本要素となるので、最初に述べるようにします。

(2)入社の喜び
「入社できた喜び」や「チャンスをもらえた感謝」など、自分の素直な気持ちを表現しましょう。

(3)今後会社でどのように活躍していきたいか
今後の抱負を表明するとこで「やる気」があることを示します。しかし、あまり大きなことを言って悪目立ちするのはNG。謙虚な気持ちは忘れないようにしましょう。また、配属先が決まっていない場合は、希望部署の社員が聞いている可能性もあるので、明確にしておくといいでしょう。

(4)ご指導をお願いする結びの言葉
「一日でも早く仕事を覚えたい」「できるだけ早く戦力になりたい」という気持ちを込めて、ご指導をお願いする形で結びます。

自己紹介の挨拶の長さは?

上記の基本構成に独自性を含めたとしても、挨拶の長さは一分くらいが妥当です。だらだらと長くなるのはNG。簡潔に分かりやすく挨拶することが大切です。

▽入社式に臨む皆さんの声
入社式のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

出典:fotolia

新卒の入社式での挨拶と自己紹介 覚えてもらうためには