企業研究や情報交換ができる26,000社のクチコミ就職サイト

みん就(みんなの就職活動日記)

ユーザー登録すると、有名企業内定者 約13万5000人の体験記を読むことができます

みんなの就職活動日記 > 面接前の最終チェック

面接前の最終チェック

準備万端で自信を持って面接に臨もう!

面接前の最終チェック

■交通手段
自宅から企業までの交通ルートは前日に調べておきましょう。面接の前には気持ちを落ち着かせる時間が必要です。ギリギリに到着したり遅刻してしまうと、慌てて本来の力が発揮できないかもしれません。
企業が駅から遠い場合は、交通手段だけでなく、徒歩でのルートもしっかり確認しておく必要があります。

■持ち物、身だしなみ
時計や手帳などの就活グッツはしっかりと持っていきましょう。説明会と違い面接では、面接官があなたの「身だしなみ」をしっかり見ています。鏡やクシなど、身だしなみを整えるのに必要なものはリスト化し、常に忘れないように心がけましょう。
余裕があれば、面接前にトイレなどで服装と髪型の乱れがないか最終チェックし、心を落ち着かせることをオススメします。

■履歴書、エントリーシートのコピー
皆さんが忘れがちになるのが、これら提出書類のコピーです。事前に履歴書を提出した場合は、必ず提出した書類のコピーを持参しましょう。面接ではあなたが事前に提出した書類を元に選考が行われます。
志望動機や自己PRなど、面接前にはしっかり目を通し、どんな質問が来るのか、どんなことを事をアピールするのか等、事前に面接を想定しておきましょう。

■日経新聞
普段から新聞を読み、情報収集をすることは当たり前ですが、当日の新聞には必ず目を通すようにしましょう。その企業に関するニュースだけでなく、競合企業や業界の動向などが掲載されていることがあります。
「最近気になるニュースは?」「○○のニュースについてどう思う?」などの質問に回答できますか?企業研究、業界研究の為だけでなく、新しい情報で面接官としっかり会話できるようにしておきましょう。

面接中に気をつけること

もう一度見直し!面接の基本マナー

■入室の方法
待合室などで待つ場合は私語を控え、名前を呼ばれるまで静かに待ちます。この時既に面接は始まっていて、面接官はあなたの普段の態度をしっかり観察しています。名前を呼ばれ入室するときは、「失礼します」と中にも聞こえる声で返事をし、2~3回ノックをし、中から返事があるのを待つのがルールです。

■着席
名前を名乗り、面接官から着席を促されると、軽くお辞儀をし着席します。この際に、カバンやコートは倒れないように床に置いておくと良いでしょう。さぁここから面接が始まります。イメージした通りにしっかりあなたをアピールしていきましょう。相槌や笑顔を絶やさず、面接官の目を見て、自信を持っていきましょう。

■マナー
携帯の電源は切っていますか?バイブの音も静かな部屋では響いてしまうことがあるので、電源を切っておきましょう。不衛生で汚い服装をしていませんか?服装や身だしなみに不安がある人は、もう一度内定への身だしなみマナーで復習をしておきましょう。

■退出の方法
面接官が、「今日はここで終了です」「ご苦労様でした」などと言って面接を終了します。最初は座ったまま「はい、ありがとうございました」とお礼を言い、その後起立して「本日はありがとうございました。また次回も宜しくお願いします」と元気に挨拶し、ドアに向かいます。
退出する前にもう一度「失礼しました」と一礼し、静かにドアを閉めます。面接の出来に関わらず、最後まで緊張感を持ってマナーよく面接を終わらせましょう。会社を出るまで見られている意識を忘れずに気を抜かず頑張ってくださいね。

>>一次面接で落ちてしまう人はここをチェック

面接後も気を抜かず

しっかり復習し、次回に活かそう!

あなたは面接が終わった後にしっかり振り返りをしていますか?貴重な実践の場である面接を振り返らないことは、非常に勿体ない事です。失敗した、成功した等の感想だけでなく、具体的にできなかった部分を記録し、復習できるようにしておきましょう。
例えば、「上手く答えられなかった質問」「苦手な面接官のタイプ」などを記録し、その対策を行うことで、次回の面接時に克服できるようにしましょう。もし言葉遣いや敬語の使い方に不安を覚えたら、誰にも聞けない? 面接での敬語のキホンを確認してみましょう。

>>最終面接に臨む前に

twitter ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarksに追加 Yahoo!ブックマークに追加する ライブドアクリップに追加する

みんなの就職活動日記 > 面接前の最終チェック



楽天×FCバルセロナ 特設ページ