キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

就活の適性検査とは?対策はできる?種類と検査目的について解説

就職活動の初期に、誰しもが通る道である「適性検査」。具体的にどのような種類があり、どんな目的で実施されるかを知っていますか?今回は、適性検査実施の目的に加え、主要な検査の概要や特徴について紹介していきます。

就活における適性検査の種類と目的

新卒の採用試験の一環として、適性検査を実施する企業がほとんどです。適性検査にはさまざまな種類がありますが、多くの検査には能力検査と性格検査の二つの要素があります。両方を実施するケースもあれば、いずれかのみを実施するケースや複数の検査形式を利用するケースなど、企業によってさまざまです。まずは、それぞれどのような内容が出題されるのか概要を紹介します。

【一般的な能力検査の内容】
・算数問題
・国語問題
・英語問題
・一般常識、時事問題 など

多くの企業が、専門の会社が作成する適性検査を導入しています。中には、オリジナル問題のテストを出題する企業や、オリジナル問題を一般的な適性検査と併用するケースも見られます。

【一般的な性格検査の内容】
・あなたがどのようなタイプなのかいくつもの質問の回答から測る
・虚偽性がないか(偽りの回答をしていないか)を測る

ワンフレーズで書かれた質問に、「そう思う」「そう思わない」「どちらでもない」などといった回答を行っていく形式です。性格を判断することに加え、質問の回答における矛盾や、「嘘をついたことがない」といった質問への回答を通じて、正直に回答しているかも測られます。

加えて、受検の形式は主に以下の4つがあります。

(1)Webテスティング(自宅で受験)
(2)筆記試験(企業で受験)
(3)企業内のパソコンで受験
(4)テストセンター

テストセンターとは、指定された会場でパソコンで受験をする形式のことです。受験ピーク時には47都道府県全てで受験機会があります。一度受験した結果は、同様の形式の適性検査を導入している企業であれば使い回しすることも可能です。

次に、適性検査の実施における企業側の目的を理解しましょう。よくあげられる目的は、以下の4つです。

(1)応募者が多い場合に、面接実施者を絞り込むため
(2)面接の質問事項の参考にするため
(3)自社の業務遂行に必要な基礎的な能力を把握するため
(4)性格の特性を知り、適切な職務に配属するため

選考を進めるうえでふるいにかけたり、面接の参考にしたり、選考のための目的がメインです。一方で、こうした検査をより活用している企業では、入社後の業務への適性を測り、配属に役立てるという意味も強く持っています。

▽皆さん、適性検査の質問に正直に答えてますか?
性格適性検査って正直に答えるべきかのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180509142846j:plain出典:pixta

就活における適性検査(1):SPI3

それではここからは、具体的な適性検査の内容について紹介していきます。
はじめに紹介するSPI3は、リクルートが提供するもので、最も多くの企業で使われる適性検査のひとつです。

【受験方法】
パソコンでの受験(テストセンター、企業内、自宅)もしくは企業内で実施するマークシート形式

【出題科目】
・基礎能力検査:非言語問題(算数系の問題)、言語問題(国語問題)
・性格検査

導入は稀ですが、基礎能力検査には英語試験もあり、企業によって実施することがあります。

【特徴】
・テスト形式によって出題範囲が異なる。
・全体の制限時間のほか、問題ごとの制限時間がある。制限時間になると次の問題に進む。
・パソコンで受験する形式は、受験者の回答やそのスピードなどによって出題問題が変化する。難しい問題に回答できると評価があがる。

【実施企業例】
・トヨタ自動車株式会社
・ソニー株式会社 など

就活における適性検査(2):GAB

次に紹介するのはGABです。この検査は、日本エス・エイチ・エルが手掛ける適性検査で、以前より総合商社や証券・投資会社などのように情報処理スピードが重視される業界でよく採用されてきました。近年はそうした業界に限らず、さまざまな企業で導入されています。

【受験方法】
マークシート形式(90分)もしくはWebテスティング形式(80分)

【出題科目】
・基礎能力検査:計数理解、言語理解
・パーソナリティ検査

【特徴】
・SPIとの違いは、正確性と処理スピードの速さをより重視しているテストであること。
・一般的に制限時間が10分短いWebテスティング方式の方が、難易度が高いと言われている。
・性格特性に加えて、将来のマネジメント適性や、「営業」「研究開発」などの7つの職務適性もテスト結果から予測され、面接時の参考にされている。

【実施企業例】
・大和証券グループ本社
・サントリーホールディングス株式会社 など

就活における適性検査(3):内田クレペリン検査

次に紹介するのは内田クレペリン検査です。日本・精神技術研究所が提供する適性検査で、数字が並ぶ試験用紙を用い、隣り合う数字同士の一桁の計算だけをひたすら行うという内容です。1分ごとに改行しながら、休憩を挟んで前半15分、後半15分の計30分間実施されます。

【受験方法】
筆記(30分)

【特徴】
・能力面の特徴(作業能率や作業時のテンポ)、性格・行動面の特徴(仕事や作業をする時に発揮される持ち味やクセ)から、総合的に働きぶりを判断する。
・判断される性格・行動面の特性は、発動性(ものごとへの取りかかり、滑り出しの良し悪し)、可変性(ものごとを進めるにあたっての気分や行動の変化の大小)、亢進性(「こうしんせい」。ものごとを進めていくうえでの強さや勢いの強弱)の3つ。
・作業特性を変えることは難しいものの、事前に練習することは可能。

【実施企業例】
・東日本旅客鉄道株式会社 など

就活における適性検査(4):CUBIC

次に紹介するのはCUBICです。エージーピーが手掛ける適性検査で、近年導入企業が増加。特に、ここ数年はWebテスティング形式で利用されることが多くなっています。SPIとは異なる出題内容も多く含むので、別途対策を行いましょう。

【受験方法】
マークシート形式もしくはWebテスティング形式

【出題科目】
・能力検査:言語、数理、論理、図形、英語(企業によって科目数は異なる)
・性格検査

【特徴】
・難易度や制限時間が異なる複数のテスト形式がある。
・出題範囲が広いのが特徴。言語、数理、英語は中学〜高校レベル。論理、図形は中学〜高校の学習内容とはやや離れた問題を出題。
・性格検査では「どちらでもない」という回答がなく、明確な答えを求められる。
・問題から模範的な回答が予測しにくい。

【実施企業例】
・ピジョン株式会社 など

就活における適性検査(5):SCOA

最後に紹介するのはSCOAです。NOMA総研が手掛ける適性検査で、20年以上の歴史を持っています。新卒採用の適性検査としても浸透しており、大手企業を含む多くの企業で取り入れられる検査です。

【受験方法】
企業内もしくはテストセンターでのマークシート形式

【出題科目】
・能力検査:言語、数理、論理、英語、常識(60分)
・性格検査

【特徴】
・一般的な適性検査は知能検査の意味合いが強いが、SCOAは学力検査としての意味合いを強く持っている。
・SPIと問題が似ているが、SPIの出題範囲に加えて四則演算、連立方程式、不等式、数列などの問題が出題される。
・常識問題は理科と社会で、中学〜高校レベルの問題。出題範囲が幅広いため、早めの対策が必要。

【実施企業例】
・JRA日本中央競馬会 など

就活における適性検査対策は可能?

多くの適性検査は対策が可能です。出題内容を理解することはもちろん、問題を解くリズムをつかむことも大切なので、必ず事前に取り組みましょう。特にSPIの場合は回答スピードが出題される問題に影響を与えたり、GABの場合は処理スピードそのものを判断したりという特徴もあります。このような検査においては、慣れも非常に重要となるのです。

また、具体的な対策方法としては、それぞれの問題集を購入し、繰り返し解くことが王道です。そのほかにも、多くの大学で実施されているキャリアセンターや就職課が主催する適性検査の対策講座では、解き方のコツや、勉強方法についてのアドバイスをもらうことができるので、そうした機会も活用するのがおすすめです。

志望企業の適性検査の形式を確認し、適性検査通過を目指しましょう。

就活の適性検査は事前対策をしっかりと行おう
就職活動で受検する適性検査の多くは、事前の対策が可能です。数多くの問題集がありますので、就職活動が本格化する前から余裕を持って取り組み、万全の準備を行うことをおすすめします。志望企業が導入している適性検査を調べ、さっそく取り組んでみましょう。

関連リンク

性格適性検査って正直に答えるべきかのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191456j:plain

著者:山崎えま

大手人材会社にて新卒就活ナビの大学向けプロモーションを担当。都内私立大学を中心に年間5,000名を対象とした就活ガイダンスや面接・グループディスカッション講座などを実施。現在は海外在住で就活・キャリアライターとしてコラム記事執筆を中心に就活生を支援しています。