キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

海外インターンシップのメリットデメリット|応募時期や必要な準備など解説

海外インターンシップには様々なメリットがあります。もちろんデメリットもありますが、価値のあるビジネス体験プログラムであることは間違いありません。今回は海外インターンシップに行くための応募方法や行くべき時期などをメリットデメリットと共にお伝えいたします。

海外インターンシップとはどんなもの?

(1)海外インターンシップの概要と背景

「海外インターンシップ」は非常に幅広い意味を持っていますが、共通しているのは「実際に海外に行き、日本語以外の言語を用いながら、自らの専攻や将来の職業に関連した職業体験する」ということです。平成29年の外務省統計では海外に3ヵ月以上滞在している邦人のうち、就労を含めた「留学生、研究者」などの合計人数は18万18人であり、日本の総人口の0.13%となっています。
参加する日本人学生はまだほんの一部ですが、大手から中堅企業含めて、英語力の高い人材や国際感覚に優れた人材のニーズは急速に増しており、海外インターンの経験が大きなアピールになるのは間違いありません。

(2)海外インターンシップの種類とそれぞれの特徴

海外インターンシップへの参加方法は大きく3つに分かれます。

1.NPOインターンシップに参加する
無報酬で参加するプログラムが多く、具体的な内容としては、北米や東南アジア各国でのチャイルドボランティアや学校教師アシスタント、NPOの活動サポートなどが挙げられます。報酬に関しては基本的にはないものの、滞在中の衣食住は保障してくれるところが多いのが特徴です。多くの場合、インターンシップの期間も1週間から3週間程度のものから、長いものは半年などに及びます。

2.企業におけるインターンシップに参加する
NPOのプログラムとは異なり、海外に滞在しながらも、企業から実際に給与がもらえるインターンシッププログラムが多くあります。「カナダやオーストラリアなどで、ワーキングホリデーのビザを用いて飲食店などで働く」というものと「日系企業のメンバーとして現地での就労に参加する」という2つのトレンドがあるようです。

3.技術系職種、専門職インターンシップに参加する
大きく分けると「学校で学んだ専門知識を生かした無給インターンシップ」と「学習と就労を併せた1年以上の長期有給インターンシップ」に分かれます。無給インターンというのは学校で学んだ知識を生かしつつ、アジア、北米、オーストラリアなどで法学や3Dデザイン、ファッションデザイン等の専門分野における課題解決に携わるものです。
一方、長期インターンシップの代表的なものとしては、アメリカの「オプショナル・プラクティカル・トレーニング(OPT)」や「J1ビザを用いた就労」などがあります。OPTは学生が今まで勉強したことを活かして、アメリカの会社で仕事をするプログラムのことです。研究職などが該当職種にあたります。また、J-1ビザとはアメリカ国務省(USIA)が認定するビザで、このビザを取得すると1年もしくは1年半の間、有給で研修できるとされています。それぞれ、学生として学びながらも実際の企業で働くことができます。

(3)海外インターンシップと留学の違い

海外インターンシップと留学は、そもそもの目的が異なります。
海外インターンシップとは、語学研修と海外の企業での本格的な就労経験を通じて、ビジネスレベルの「英語」や「海外の常識」「多様性」を学べます。こちらでは「ビジネスパーソンとしての経験を積む」ことが目的と考える場合が多いです。

留学の目的は学業であり、その仕組みは「学校が、あるいは自分が、留学する大学や参加するコースを決め、大学側へ許可を得て留学し、そのうえで留学期間中に取得した単位を、在学中の日本の大学に認定してもらう」となっています。

また、費用面については、海外インターンシップは年間平均250万円程度で済むのに対し、留学は学校側の補助がない場合、平均400万円程度かかることも違いとして挙げられます。

▽インターンシップに関するリンクはこちら
インターンシップ情報交換のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180125114500j:plain出典:pixabay

海外インターンシップのメリットとデメリットは?

海外インターンシップについて、メリットとデメリットをそれぞれお伝えしていきます。

海外インターンシップのメリット

まずメリットについてですが、一番大きなポイントとしては「原体験」を得ることができるということです。最近の就活においては「生涯にわたって、自分の思考の根本に影響を与えた出来事=原体験」を聞かれることが多くなっています。
海外インターンシップでは「自分ができること、できないこと、できるかどうかも分からないこと」がごちゃ混ぜの状態で降りかかってきます。それを自らで着手するのか、誰かに協力を依頼するのかを見極めなければなりません。そのような経験をすることで判断力を養い、乗り越えることで大きな自信が手に入ります。また、半強制的に英語で意思疎通をしなければならなかったり、日本で当たり前だと思っていることが通用しなかったりする環境では、語学力や多様性を磨くことができます。これは日本のインターンシップではなかなか得られないものでしょう。

そして、就労そのものに対しては「自分の仕事に対して、対価が支払われる」というのが大きなポイントとなります。海外での語学経験だけでなく、自分で責任を持ってお金を稼ぐということが社会に出る前に味わえるため、主体性を鍛えることに繋がります。このような力はそのまま仕事を進める力に繋がります。無償のインターンシップであっても、貴重な経験ができる機会をもらっているということを忘れず、責任感を持って仕事に臨めば同様のスキルが培われるでしょう。
経済産業省がまとめた「大学生の『社会人観』の把握と『社会人基礎力』の認知度向上実証に関する調査」から見た能力のうち、企業が学生に不足していると思う能力の上位3つは「主体性」「コミュニケーション能力」「粘り強さ」でした。そしてこの3つは海外インターンシップに参加した学生のほとんどが、身についたと感じている能力です。ここを上手く伝えることで就職活動を有利に進めることができるでしょう。

海外インターンシップのデメリット

一方、海外インターンシップには当然デメリットもあります。参加するプログラムにもよりますが、衣職住を自分で確保するための準備をしなければならなかったり、期間も短くて3~6ヵ月程度あったりするなどで、時間を多く割かなければなりません。そのぶん日本での学生生活に余裕がなくなるため、履修スケジュールを組む際の選択肢が狭まってきたり、サークルや部活動へ参加する時間が確保できなくなったりします。また、報酬が得られるインターンシップに関しては当然責任が伴いますので、それがプレッシャーに感じられるということも起こります。ただ、このプレッシャーは大人として身につけなければならないものですので、自身の成長のために甘んじて受け入れることも重要です。

何より気をつけなくてはならないのは「ただ遊びに行っただけではないのか」と周りに感じられてしまうことです。特に、目的を持たずに海外に行ってしまうと「大事な学生時代に勉強を放り出して、長期間海外に遊びに行くなんてこの子は大丈夫なのか」と思われかねませんので、しっかりと「自分は何を学んで帰ってきたのか」を言えるようにしておくことが大事です。

海外インターンシップに行くべき時期とは?応募方法は?

では、海外インターンシップにはどのようにすれば行けるのか、また行くべき時期はいつなのかを見ていきましょう。

(1)海外インターンシップにはどのようにすれば行けるか

まず方法は大きく分けて「自分で手配する方法」と「NPOや語学学校、留学エージェントを利用して手配する方法」の2つがあります。

■自分で手配する
自分で手配する方法については、制約が少なく自由度が高い一方、難易度も高い方法です。具体的には、ビザと旅券を用意して、実際に雇ってくれる企業や店舗を探します。実際に日本にいる間に働き口を探すのは情報が少ないため難しく、現地に行ってから探すのではしばらく職に就けないリスクも考えられます。そのため、海外での在住経験があるなど、現地の土地勘がある人に適した手配になります。

■海外インターンシップを仲介しているNPOや語学学校、留学エージェントを利用する
自分で手配するというのはかなり難度が高いため、NPOや語学学校、留学エージェントを利用して、海外インターンシップを紹介・手配してもらうというのが一般的な方法になります。場合によっては、現地の様子や手配に必要な手順などを教えてもらうことができます。
利用する団体を決めたら、HPから資料請求を行ったり、説明会に参加したりすることで自分に合ったインターンシップを紹介してもらいましょう。それぞれの団体、エージェントごとに「NPOでのインターン」「企業でのインターン」「専門職インターン」をいくつか提示してくれます。企業インターンなどは一般の学生に公開されていないため、エージェントを利用しましょう。団体ごとに業界などの得意分野が異なるため、しっかりと確認することが重要です。
このときかかる仲介費用としてはエージェントや団体ごとに異なるため、一概には言えませんが、1ヵ月10万円程度のエージェントもあれば、滞在中の宿泊手配など含めて1ヵ月50万円以上かかるエージェントもあります。一長一短がありますので、説明会や資料などでしっかりと説明を聞き、複数比較してみましょう。

代表的なNPO団体や留学エージェントとしては、世界6か国で200社以上の受け入れ先企業を持つ「ICC(国際交流委員会)」や、J-CROSS(留学サービス審査機構)の認証を受けている「株式会社ワールドアベニュー」、海外インターンシップのみならず、コミュニティサイトなども自社で持っている「タイガーモブ株式会社(Tiger Mov, Inc.)」などが挙げられます。

その他にも第二新卒や社会人向けの「スパイスアップジャパン株式会社」や世界126か国に支部がある「アイセック・ジャパン」など、たくさんの留学エージェントやNPOがあるので、自分の目で比較してみましょう。

(2)海外インターンシップに行くべき時期

次に海外インターンシップに参加する時期についてです。参加者は大学3年生が最も多く、海外インターンシップに参加した学生全体の約50%がこの時期に参加しています。
大学生活にも慣れ、卒業までの単位取得の目途が立ちやすい時期だというのが大きな理由と考えられます。また、前述した「企業におけるインターン」に該当する、日系大手企業がこの時期の学生向けに海外インターンシップを行うことも多く、参加できるプログラムが多いのもポイントです。次に多いのが4年生で、海外インターンシップに参加した学生全体の約30%です。就職活動も卒業研究も終わり、社会に出る前に海外を見たいと思う人も多いのでしょう。
しかし、近年優秀な学生を囲い込みたい大手企業の思惑もあり、大学1、2年生向けのプログラムも増えてきています。そのため、自分の学生生活のスケジュールをしっかり設計していれば、いつ行ってもいいでしょう。

海外インターンシップに行くために、やっておきたい準備とは?

海外インターンシップに参加する前は特に「滞在条件を確認すること」と「語学の基礎を身につけること」「現地の文化を理解すること」が重要です。

(1) 滞在条件を確認すること

滞在に必要なビザをはじめ、現地で就労するために必要な資格がある場合には、取得にかかる期間や条件などをしっかり確認しておきましょう。
「ビザの種類が異なっていて、入国の手続きが上手くいかなかった」というケースもゼロではありません。滞在に必要なビザや就労に必要な資格、各種申請や準備が必要な書類などは余裕を持って準備を進めておきましょう。

(2) 語学の基礎を身につけること

海外に行った際には、自己発信することで、より多くの経験を積むことができます。語学やコミュニケーションに自信を持つことで、積極的に行動できるため、出発前に最低限日常会話が出来るだけの英語力は身につけておきましょう。

(3)その土地の文化の理解

日本と同じ感覚で生活はできないため、その現地の歴史、気候、常識、そしてその土地に根付く宗教について、ある程度知識を身につけておく必要があります。

上記3点は事前に準備ができるものですので、海外インターンに出発する前に必ず確認しておきましょう。せっかく海外インターンシップに行くのであれば「ただ海外に行って帰ってくるだけ」ではなく、インターンシップに行く目的を言語化し、明確にしてインターンシップに臨みましょう。

海外インターンシップは準備していくとメリット大!一度は行ってみる価値あり

海外のインターンシップでは、日本での学生生活では味わえない体験ができるため、興味がある場合には、就職前に多くの経験を積むためにも一度体験してみると良いでしょう。ただし、文化も治安も違う国に行くからにはしっかりと下調べを行い、最低限の語学力は身につけて臨みましょう。

関連リンク

インターンシップ情報交換のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171201143327j:plain

著者:yamane

2010年より7年間、大手予備校に勤務しておりました。国語科教師兼スクールマネージャーとして、学生向け授業のほか撮影用原稿や参考書の執筆に携わってきました。 2017年より東証一部人材系企業で勤務しております。未経験で入社後、三ヵ月で経験者含む20名の中途入社の中でキャリアコンサルタントとして成約金額1位、全体でも50名のコンサルタントの中で3位に入りました。現在個人のクライアントとしては日系中小企業の取締役から外資系グローバル企業のシニアマネージャーまで幅広く採用のお手伝いをさせて戴いております。 教員免許のほか、日本教育士(一般)の資格保有。