キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

倍率は?学歴は?出版業界に就職するために知っておきたいこと

毎年、出版業界は就活生の応募が殺到するといわれています。競争率の高い出版業界に就職するためにも、業界研究は必須です。今回は、出版業界全体の状況や試験対策など出版社に就職するために知っておきたい情報をお伝えします。

【出版業界研究:現状把握】出版業界を目指すなら知っておきたい現状

近年、インターネットやスマートフォンの普及によって書籍離れが進んでいます。2016年の雑誌・書籍の推定販売金額は約1兆4,700億円となり、ピークの1996年に比べて4割以上減少しています。なかでも雑誌の減少幅は大きく、インターネットや電子端末で読める雑誌読み放題サービスの普及が背景にあると考えられます。書籍や雑誌の多くは書店から出版社に返品することができますが、その返品率もここ数年、雑誌において特に上昇しています。

そこで近年出版業界全体で力を入れているのが電子書籍の分野です。タブレット端末やスマートフォンで読めるので、持ち運びに便利でスペースもとらないため徐々に普及しています。しかし、2016年の国内市場規模は1,909億円と紙媒体に比べるとまだまだ市場規模は小さめです。前年比27%増と増加傾向ではあるので、今後も多くの出版社が注力していくと考えられます。

ところで、出版業界に興味があるのであれば、出版物の流通システムも知っておく必要があります。出版業界では長く出版社、取次、書店という3者の間で出版物が流通していく構造になっています。

・出版社:出版物をつくる
・取次:出版物を書店へ卸す
・書店:出版物を販売する

近年、メディアドゥなど、電子書店と出版社を仲介する新しい取次も生まれています。また、出版社であるKADOKAWAはEC大手のアマゾンジャパンとの間で取次を介さずに取引をする試みをスタートさせています。出版社、取次、書店という基本構造にも変化が生まれており、業界研究をする上で抑えておきたいポイントです。

出典:pixta

【出版業界研究:選考基準と学歴】出版社への就職に学歴は関係する?