1. 就活日記トップ
  2. トラベル/航空/運輸
  3. 日本航空
  4. インターン体験記
  5. 2022年卒
  6. 詳細

日本航空 2022年卒 秋冬インターン体験記(自社養成パイロット)_No.20225050

基本情報
2022年卒|大学名非公開|男性|文系
他企業でのインターン
りそな銀行
2021年1月上旬
オンライン
2日間

選考情報

選考フロー

ES

提出締切時期 2020年11月中旬
あなたはどのような人ですか

社交的な人間でどんな場をも明るくできる。

学生時代に力を入れたこと

旅などを通して未知の世界に飛び込むこと。

座右の銘

一期一会。縁や繋がりを大切にするため

あなたの??最?の決断について教えてください。

高校3年生の春に、小学3年生からプレーしていた〇〇を辞める決断をしたことだ。 幼少期、父の影響で〇〇を本格的にプレーし始
めた。常に上達する方法を常に模索し練習に励んだ。高校選択時には、自らの成績を認められ、私立の強豪校にも誘いをいただいた。
その後、入学したのは進学校であった。部活に対する意識がそれぞれで異なり、憤りを感じる場面が少なくなく、また顧問は、選手の
意見に耳を傾けず、いつも理不尽に怒鳴り、選手を萎縮させてしまうような先生だった。部員、顧問と、〇〇という目標に向かうた
めの強い繋がりを築けず、自分自身も大好きであるはずの〇〇を嫌いになりかけていた。そのような状態で〇〇を続けることこそ、今
後必ず後悔すると思い、辞める決断をしたのだった。 退部後、夏の大会の全校応援に帯同した際、息子のいないグラウンドに向か
い、他保護者に混ざって応援する父と母の姿を見て、強く心を打たれた。とても悔しく、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。しか
し、それと同時に、これまで支えてくれた親に恩返しをしていこうと強く思ったのを覚えている。 大学入学後は、当分〇〇から離れ
たいという気持ちがあったため、サークルなどには入らなかった。だが、最近になって、たまに友人とキャッチボールをしたり、プロ
の観戦に行ったりする度に、やはり〇〇は楽しいなと思う。やはり自分は〇〇が好きなのだと感じている。 この決断自体、自ら
の過去のネガティヴな要素であるように一見思われるし、その決断が正しかったのか考える時もある。しかし、この決断によって、好
きなものをより再認識でき、自らの人生は決して自分自身だけのものでなく、人の支えによって成り立っていることに気づくことがで
きた。そして、何より、その決断をした当時の自分に自信を持ち、その決断にどれほどの意味を持たせるかは、今後の自らの行動次第
だと思う。

あなたが?番輝いている写真を1枚添付してください。写真の説明?を書いてください。

多様な他者と団体意識を持って活動した

エントリーシート記入時に注意した点やアドバイス

過去の就活生のESを参考にしつつも、自分の言葉や考えを素直に書くように気をつけた。

筆記・WEBテスト

テストの種類 受験場所 詳細
SPI テストセンター会場 -
WEBテスト・筆記試験でおすすめの解答テクニック

時間勝負なので、わからない問題に時間をかけすぎず、どんどん進むこと。

効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

時間を計っての、問題練習

面接

参加者 面接官:1名 学生:1名
面接時間 30分
難易度 普通
雰囲気 和やか
面接で聞かれた質問事項

パイロットになりたいと思ったきっかけ,学生時代頑張ったこと

逆質問の機会はありましたか?
はい
いいえ

選考を振り返って

インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

リーダーとなる素質、なぜ整備士や航空会社の総合職などではなく、パイロットになりたいのかという気持ち

効果があったなと思う面接の練習方法

録画をして、見返し、改善してもう一度やるという練習。

面接指導官に言われた、または自分で編み出したおすすめの面接テクニック

鏡の前で、表情を和らげるために色々な表情を作ること。

インターン概要

開催時期 2021年1月上旬
開催期間 2日間
開催エリア オンライン
開催場所 オンライン
このインターンで学べた業務内容 パイロット
給与は発生しましたか?
はい
いいえ
昼食費は支給されましたか?
はい
いいえ
交通費は支給されましたか?
はい
いいえ
インターン内で残業はしましたか?(自主的な追加の準備工数含む)
はい
いいえ

インターンシップの内容

テーマ

トラブル発生時の運航計画を考えるグループワーク

内容

1日目は、パイロットについての軽い説明とグループワーク。グループワークは、トラブル発生時に、様々な条件を考慮した上で、どこに着陸すべきかの最適解を求めるものだった。その後一応現役操縦士による正解発表があった。

その場での内定や本選考での1次選考免除など、インターン参加学生だけの優遇はありそうでしたか?
はい
いいえ

2日目の面談は、早期選考に進むための面接だった。

この企業に対する志望度は上がりましたか?
とても上がった
上がった
変化なし
下がった
とても下がった

パイロットの責任の重大さを改めて感じ、自分が務めることができるかと疑問に思ったが、やはり憧れていた職業なので、本選考も受けてみようと思った。

個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加者に社員や人事から連絡はありましたか?
はい
いいえ
一緒に取り組んだ学生のレベルはいかがでしたか?
かなり高い
高い
普通
低い
かなり低い

レベルの高い大学の学生も多いこともあり、知識や自分のオリジナルな考えを発信することに長けていると感じた。また、パイロットになりたいという熱量が強い人がやはり多かった。

会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

説明会やインターンの選考の面接を担当された副操縦士の方々は皆温かく優しい方だった。しかし、インターン2日目の面接の面接官であるベテラン操縦士は堅い印象があった。学生は皆話しやすい雰囲気だった。チームの和を乱すような人はいなかった。

この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

パイロットは、ただ人々を運ぶ航空機の操縦士ではなく、一つ一つの運航を安全に正確に行うための、様々なポジションを統括するリーダーであるのだと学んだ。それには、それ相応のスキル・コミュニケーション能力・判断力が必要なのだと学んだ。

この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

飛行機が好き、航空業界に憧れがあるという漠然とした気持ちではなく、その中でもなぜパイロットになりたいのか、なって何をしたいのかを明確に考え、熱意を面接官に伝える必要がある。また、面接でも、緊張する場面での落ち着きがあるかどうかを見られていると感じた。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

特別企画【PR】


閲覧されているコンテンツ

みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
ウクライナ人道危機 緊急支援募金
楽天モバイル
ページトップへ