1. 就活日記トップ
  2. トラベル/航空/運輸
  3. 商船三井
  4. インターン体験記
  5. 2022年卒
  6. 詳細

商船三井 2022年卒 秋冬インターン体験記(陸上総合職)_No.20223997

基本情報
2022年卒|大学名非公開|性別非公開|文理非公開
他企業でのインターン
日本郵船
2021年1月中旬
オンライン
1日間

選考情報

選考フロー

ES

提出締切時期 2020年12月上旬
インターンシップを志望する理由

貴社の業務内容を理解しつつ、社風を肌で感じ自身が将来的に活躍するイメージを掴むためである。私は「世界を舞台に人から求められる仕事をする」ことを目標としており、国際貿易の中で物流面で人々の生活と産業を支える海運業界に魅力を感じている。その中で、日本最多の運航船舶数を誇り、海運のスペシャリスト企業として貴社がどのように社会のインフラを支えているのかについて学びたい。また、貴社エネルギー輸送営業本部の村松様にOB訪問させていただき、組織の中で個人が大きな裁量を持って仕事をする社風があると感じた。インターンシップの中では、社員の方との交流の中で、自身がOB訪問で感じた社風についての理解をより深めたい。

自分自身が大切にしている想いについて

「人や社会に求められ続けたい」という思いがある。私はカフェでの接客アルバイトにおいて、常連のお客様のコーヒーに対する好みをヒアリング・把握し、それぞれに適したコーヒーの提案をした。その結果、私がアルバイトを卒業する際、多くの常連のお客様から卒業を惜しむ声を頂くことができ、人のニーズに応え、求められることの喜びとやりがいを強く感じた。自身のキャリアの中でも、人や社会のニーズに応え多くの人に求められる仕事に携わりたい。また、「自己開示を通じて相手の本音を引き出す」という強みを活かし、顧客の方との対話の中で、自己開示を通じて相手との信頼関係を構築し、潜在的ニーズを引き出せる人材を目指していく。

海運業界の今度の課題についてどのように考えているのか。

海運企業の課題として、海洋事業への積極的進出が求められる点があると考えている。現在、原油や天然ガスの採掘は陸上と浅い海底で行われており、生産量にかつての勢いはなく可採地域も限られてきている。そこで海運企業は長期的・安定的な収益基盤の確立のために、非在来型石油・ガスの開発と共に海底油田に着目し、エネルギー輸送分野とのシナジーを発揮していくことが重要となる。
今後の海運企業を取り巻く環境変化として、菅首相による「2050年の温暖化ガス排出実質ゼロ宣言」により、重油に変わる燃料の安定的確保が求められると考えている。また、ESG投資の重要性の高まりにより、投資家が企業に対して環境に配慮した事業運営を求めてくことが予想される。環境への負担の小さい燃料の使用だけでなく、洋上風力事業への参入などにより、再生可能エネルギーの普及に貢献していくことが評価されるのではないかと考えている。

エントリーシート記入時に注意した点やアドバイス

論理的につながる文章になるように意識した。

筆記・WEBテスト

テストの種類 受験場所 詳細
玉手箱 自宅 -
WEBテスト・筆記試験でおすすめの解答テクニック

他の企業も受験して、形式に慣れること。

効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

とにかく本番の場数をこなすこと。

選考を振り返って

インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

協調性や主体性を発揮しながらワークを推進させる姿勢が重視されているように感じた。

インターン概要

開催時期 2021年1月中旬
開催期間 1日間
開催エリア オンライン
開催場所 オンライン
このインターンで学べた業務内容 営業
給与は発生しましたか?
はい
いいえ
昼食費は支給されましたか?
はい
いいえ
交通費は支給されましたか?
はい
いいえ
インターン内で残業はしましたか?(自主的な追加の準備工数含む)
はい
いいえ

インターンシップの内容

テーマ

FSRUを利用して、新興国での電力需要にこたえるワーク

内容

1日完結型のインターンシップであった。最初の1時間で会社とワークの説明をし、その後ワークを行う。最後に社員の方との座談会の時間もあった。

その場での内定や本選考での1次選考免除など、インターン参加学生だけの優遇はありそうでしたか?
はい
いいえ
この企業に対する志望度は上がりましたか?
とても上がった
上がった
変化なし
下がった
とても下がった

社員の方との座談会によって、働くイメージをつけることができたから。

個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加者に社員や人事から連絡はありましたか?
はい
いいえ
一緒に取り組んだ学生のレベルはいかがでしたか?
かなり高い
高い
普通
低い
かなり低い

学生の学歴が国公立が多かったから。

会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

会社、社員の方の雰囲気共にとてもよかった。特に、昼食の時に社員の方と交流する時間があり、ワークを考案するに至った経緯や、学生たちの就活状況などを、ざっくばらんに話して下さり、学生たちが緊張することなく話せる環境を作っていただいたと感じた。

この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

FSRUという商船三井が今後力を入れて取り組んでいく事業についての理解を深めることができた。海運業界を志望する学生にとって、大手3社を差別化することが求められるが、その中で商船三井に特徴的であるFSRUの存在意義と、その事業に関して実際にどのように働くのかを体感することができた。

この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

特に事前のFSRUについての理解を深める必要はないと感じた。ワークのテーマ自体も年々変化しているそうなので、海運業界全体の知識をインプットする程度で問題ないと思います。ワークの中で協調性を発揮しながら、周囲を巻き込んでワークを推進していく力を見せることが重要であると感じました。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

予約受付中のイベント

閲覧されているコンテンツ

インターン体験記投稿キャンペーン
みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
新型コロナウイルス感染症対策支援募金
楽天Optimism
楽天モバイル
ページトップへ