1. 就活日記トップ
  2. 情報処理/システム
  3. 楽天グループ
  4. インターン体験記
  5. 2023年卒
  6. 詳細

楽天グループ 2023年卒 夏インターン体験記(エンジニア職)_No.20234578

基本情報
2023年卒|筑波大学|男性|理系
2021年9月下旬
オンライン
5日間
有給

選考情報

ES

提出締切時期 2021年7月中旬
あなたが楽天のインターンシップを選んだ理由を記入してください。(1000字以内)

ものづくりを通して普段の日常生活の中に影響を与えるようなサービスを作りたいと思っていて、良い環境のもとでモノづくりに打ち込める貴社のインターンシップ を志望しました。
日常生活の中には楽天の様々なサービスが根付いていると思います。私自身、普段の生活の中で楽天市場を使ってネットショッピングをしたり、楽天カードを利用したり、NBA RakutenからNBAを視聴していたりと馴染みが深い企業でした。私は大学生からプログラミングというものに触れました。まだまだ技術力に関しては勉強不足な点が多くあると思います。しかし、大学受験で情報科学に進路を選択したのも、「モノづくりを通して普段の日常生活の中に影響を与えるような何かを作ってみたい。」という目標があってのものでした。この目標に至ったきっかけは日常生活の中で私たちは様々な便利なサービスを当然のように使っていて、そうした新たなサービスなどが自分の生活を変える体験を小さい頃からよく感じていました。私はそうした便利だったり、面白い物や今まで誰も考えたことがなかったり、日常生活になくてはならないモノを作りたいと思っています。貴社は自分がずっとやりたいと思っていた“日常生活の中に影響を与えるようなサービス”というものを実現している会社を考えたときに真っ先に頭に浮かんだ企業で、実際に世の中に影響を与えるサービスを数多く生み出している企業だと思いました。しかし、私は現実的にその夢を語る上では、まだそのようなモノがどのようにして作られているかはまだ身近に感じることはできていません。そこで自分のやりたい事を実現させている貴社ではどのような工程でプロダクトを開発しているのか。実際の現場にいるエンジニアはどのようなコミュニケーションをとってチーム開発しているのか。どのような人がどのようなことを考えながら働いているのか。どのような環境で働いているのか。また、貴社に求められる人材とはどのようなレベルなのか。そのうえで今の自分に足りていない点は何か。それを知ってこれからの大学生活の新たな指針にしたいと考えています。以上のような点が貴社のインターンシップ を志望する動機です。

インターンシップを通して、経験したいこと、成長したいことを中心にご記入ください。(1000文字以内)

このインターンを通して、楽天のような業界の中でもトップで活躍している企業の人たちの新規サービスの開発の工程を学び、どのような協業によって完成していくのかを学びたいと考え、応募しました。
大学では情報科学について幅広く学んでいますが、今までチームで開発する経験はほとんどありませんでした。今回のようなチーム開発で一つのサービスを作ること、そしてそれを実際に社員の方にフィードバックをいただける機会はとても貴重なものだと思います。そこで、チームで仕事を成し遂げる難しさと達成感を体感したいと考えています。
私自身、大学1年生の頃から2年間、予備校で担任助手として働いていて、そこではグループミーティングと言って高校生5人ほどを相手に受験勉強に向けての勉強の指針を与えることや、グループにテーマを考えてきてそのテーマに関して話し合いをさせると言ったことをやっていました。またインターンシップでもプログラミングを5人ほどの中高生を相手にzoom上で教えていました。両者ともに生徒側はもともと学校なども違う初対面の状況でしたが、積極的に会話を行えるようにチームビルディングを大事にしてきました。具体的には、一人一人との信頼関係があってこその全体での活発なコミュニケーションにつながること。出来るだけ自分のありのままを他人開示して自分が敵ではないと、知ってもらうことを意識すること。また、出来るだけ意見を言わないような子にも積極的に話を振って何を考えているのかを、発言してもらうように意識すること。アルバイトとインターンシップの両方でこのようなグループで円滑なコミュニケーションを取るための方法を学び、そしていろいろと試してきました。
チーム開発においてはこのような経験を生かして、チームでより密にコミュニケーションをとり、適切な意思疎通をして作りたいモノを効率的に開発できるようにしてきたいと考えています。また、楽しく開発をしていくということにも意識して、積極的に周りの人が意見を言いやすいようなチーム作りを取り組んでいきたいと考えています。

プログラミングのアルバイトorインターン経験はありますか。具体的にどのような内容ですか。(1000文字以内)

長期インターンに参加していて、そこでは100時間以上の研修をして、Unityの開発について中学生や高校生を相手に教えていました。
研修の中ではAdobeを使った映像編集研修やより良いデザインをするためのデザイン研修。Unityを専門として教えるコースになったのでそこではUnityの基本的な使い方をその会社の教科書を使って学びました。研修の最後には実際にUnityを使ったオリジナルゲームを開発してそのゲームについて資料を作り、発表をしました。
研修に合格した後は、長期休みに4日間かけてプログラミングを勉強して、オリジナルゲームや教科書をアレンジして短い期間の中で一種の成功体験を与えるプログラミングキャンプや、長期間をかけてキャンプよりもさらに深く学びを深めて、より時間をかけて開発を行うことができるプログラミングスクールにもメンターとして従事していました。
業務内容としてはその生徒一人一人の進捗や技術度に合わせて教えることは異なりましたが基本的には会社の教科書に沿って基本的な開発を体験する。教科書が終わった生徒に関しては、教科書で学んだことを生かしてオリジナルでゲームを開発したりしていました。自分はキャンプでもスクールでも担当の生徒を5人ほど持ち出来るだけ楽しく開発ができるようにチームビルディングすること、そしてプログラミングについてわからないことはサポートをするといった仕事をしていました。ときにはチームメンバーのゲーム作りの企画を一緒に考えることなど、開発に関わる全般的なことについてサポートをしていました。

エントリーシート記入時に注意した点やアドバイス

文章量が長いのでアピールできる点を全て盛り込みました。また、結論を最初に述べて、そこから具体的なエピソードという一般的な順序にして、論理的に納得できる文章を心がけました。

その他(コーディングテスト)

選考内容

一般的なコーディングテストで問題が英語で書かれておりの難易度は高かった様に思えます。
情報系のアルゴリズムなどの知識と一つ競プロなどで扱える言語を身につけておくことが大事だと思いました。
テスト前はAtcoderの良問で対策をしていましたが、時間内で解くことはできませんでしたが、同日に行われる面接次第では受かる可能性もあるので諦めずに頑張って欲しいです。

面接

参加者 面接官:2名 学生:1名
面接時間 30分
難易度 難しい
雰囲気 和やか
面接で聞かれた質問事項

自分の長所,コーディングテストの感想,今までの成果物についてなぜ作ろうと思ったか,今までの成果物についてこだわったポイント

逆質問の機会はありましたか?
はい
いいえ

楽天でエンジニアの雰囲気や文化,求められる人材

選考を振り返って

インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

その人の人物像。どれだけ楽天という会社の企業理念にフィットしているかどうかが最重要。そして前提として技術力などが求められていると思います。

効果があったなと思う面接の練習方法

ある程度聞かれそうな質問はwordなどに書いて、説明ができる様にしておくこと。

面接指導官に言われた、または自分で編み出したおすすめの面接テクニック

自分が企業を選ぶ側という気持ちで受けること。

インターン概要

開催時期 2021年9月下旬
開催期間 5日間
開催エリア オンライン
開催場所 オンライン
このインターンで学べた業務内容 IT系エンジニア・プログラマー
給与は発生しましたか?
はい
いいえ

時給 1,300円

昼食費は支給されましたか?
はい
いいえ
交通費は支給されましたか?
はい
いいえ
インターン内で残業はしましたか?(自主的な追加の準備工数含む)
はい
いいえ

チーム開発だったので、インターン開催期間は休みの土日も自由参加でしたがチームで開発を行ってました。

インターンシップの内容

テーマ

「人々を熱狂させるもの」というテーマでチームでアプリケーションを開発、最終日に英語でプレゼン。

内容

テーマに関しては一日目の朝に発表が行われて、そこから初めましての人たちと5~7人ほどのチームでチーム開発。基本的に1日目から開発の仕方に関しては学生に一任されている様だったので自分たちで進め方を考えて行く必要がありました。チームに2人ずつ楽天のエンジニアがメンターとして担当してくれましたが、基本的に口出しなどはあまりしてくるタイプではなかったです。途中経過を確認するために要件定義と途中経過を発表する時間がありますが、それ以外は全部学生達で考えて進めていきました。昼にはエンジニアの社員にお話を伺う機会などもとられていました。また、インターン中には社員と個別面談をする機会も設けていただきました。毎日終了後にはその日の振り返りを記入して終了といった感じでした。

その場での内定や本選考での1次選考免除など、インターン参加学生だけの優遇はありそうでしたか?
はい
いいえ

優秀だと判断された学生に関しては早期選考の案内があり、1次選考とコーディングテストが免除されました。

この企業に対する志望度は上がりましたか?
とても上がった
上がった
変化なし
下がった
とても下がった

大きな会社で携われるプロジェクトの規模が大きいため志望していました。しかし、インターンを通して楽天が単に技術力だけでなく、その人の人物像や企業にフィットするかをとても重視していることがわかりました。参加していた他の学生のレベルもとても高く、この環境で開発を行いたいとより一層思う様になりました。

個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加者に社員や人事から連絡はありましたか?
はい
いいえ

早期選考の案内。

一緒に取り組んだ学生のレベルはいかがでしたか?
かなり高い
高い
普通
低い
かなり低い

何かしら突出した能力や今までの実績があるような人たちばかりでした。技術力が高い人はもちろん、あまりプログラミングができないという人でも英語がとても上手な帰国子女だったり、何かのスポーツで結果を出している様な人が班内にもいました。ある程度チーム開発の経験などがないとチーム内で活躍することは難しい様に感じました。

会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

想像していたより、学生たちに自分たちで考えてやってくださいという感じでしたが、困っているときにはアドバイスなどもくれて優しい方が多かった印象です。また常に和やかな雰囲気で良い印象を感じました。インターンの最後にはメンターの社員さんとは気軽に喋れるくらいになっていました。

この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

チーム開発の難しさを感じれる良い体験でした。また自分達で頭を使って考えなきゃいけない場面が多く、頭をたくさん使い試行錯誤しながら開発を進めていきました。また楽天でエンジニアとして働く上でどの様な人材が求められていて、どの様な会社かが感じとれ志望度は高まりました。また、エンジニアとして働く上でコミュニケーション力の大事さや積極性などがとても重要だということ痛感させられました。

この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

とても重くて大変なインターンですが、選考への優遇もあるし、とても成長できる良いインターンです。エンジニアになりたくてチーム開発が好きという人にとってはこれ以上楽しいインターンは少ないと思います。コーディングテストのためにある程度競プロなどの練習は必要かと思います。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

特別企画【PR】


閲覧されているコンテンツ

みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
ウクライナ人道危機 緊急支援募金
楽天モバイル
ページトップへ