キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

営業のアルバイトって何ををするの?営業アルバイトの内容を解説!

大学生でも活躍することができる営業のアルバイトは、就職活動や社会生活にも役立てることができます。気になる営業のアルバイトの仕事内容や給料、メリットデメリットをご紹介しますので、参考にしてみてください。

営業のアルバイトとは?仕事内容と給料はどのくらい?

営業のアルバイトでは、「法人営業」と「個人営業」のふたつの種類があります。仕事内容と給料は以下の通りです。

▼法人営業とは
企業を相手にする営業です。対企業なので、会社の看板を背負って取引を行います。そのため、「取引を進めやすい」という特徴があります。

▼個人営業とは
相手が個人のため、気に入られればすぐに商談が進みますが、難しいケースもあります。企業イメージや製品・サービスの魅力だけではなく、営業担当者個人への信頼で取引が決まるケースも多くあり、信頼関係の構築が重要なポイントです。

▼営業のアルバイトの仕事内容
営業のアルバイトは、大きく分けてふたつの種類があります。新規顧客に製品やサービスを紹介する「新規営業」と、既存の顧客の対応をする「ルート営業」です。
「新規営業」の仕事では、リストをもとにアポイントを取得した顧客への訪問を行います。そして、新規顧客に製品やサービスを紹介し、契約を締結するのが仕事です。問い合わせがあった顧客に対して訪問をすることを、「反響営業」と呼び、こちらも新規営業に含まれます。「ルート営業」の仕事では、既に取引のある顧客に継続受注のお伺いやトラブルの対応をします。

▼営業のアルバイトの給料
営業のアルバイトの給料は、首都圏で約1,200円前後~と、他のアルバイトよりも少し水準が高くなっています。また、時給が低かったり固定給がなかったりするものの、歩合制などのインセンティブがつくケースもあり、働いた分を給料として受け取ることができます。「しっかり稼ぎたい」方や、「頑張った分お給料が増えるとモチベーションが高まる」方にピッタリです。生活を安定させたい学生は、毎月の収入を計算しやすい時給制かつインセンティブがある給料形態か、時給性を選ぶのがおすすめです。

f:id:hito-contents:20180501103935j:plain出典:fotolia

営業のアルバイトに向いている人とは?

営業のアルバイトに向いているのは以下の方です。

▼将来営業職になりたい
営業職を目指している方は、就職前にアルバイトで営業を経験しておくと、採用のミスマッチを防ぐことができます。実際に仕事を経験することで、辛さや楽しさを知るだけではなく、職業適性を知ることも可能です。イメージのギャップを埋めるためにも、ぜひ挑戦してみましょう。

▼ストレス耐性が高い
営業では、ときには理不尽なクレームが発生することや、トラブル対応に追われることがあります。そのたびに心が折れてしまう方だと、営業を続けるのは厳しいかもしれません。「ある程度のストレス耐性があること」は、営業の適性を考えるうえで重要なポイントです。

▼コミュニケーション能力が高い・コミュニケーション能力を磨きたい
営業では、たくさんの顧客や社内の関係部署とコミュニケーションを取ります。そのため、コミュニケーション能力が高い方や、コミュニケーション能力を磨きたいと思っている方にピッタリです。

営業のアルバイトのメリットデメリット

営業のアルバイトのメリットとデメリットをご紹介します。

▼営業のメリット
営業のメリットは、何といっても「就職活動に役立つこと」です。コミュニケーション能力や、社会人として必要とされるビジネスマナーを身につけることができるだけではなく、営業で培った経験をアピールすることができるのも魅力のひとつといえます。
そして、「人脈を作ることができる」のも営業ならではのメリットといえます。社内の関係部署だけではなく、取引先など、多くの人とコミュニケーションを取るので、たくさんの人と知り合う機会が増えます。アルバイトをしながら作った人脈をもとに、ビジネスやプライベートで親交を深めたりすることも珍しくありません。

▼営業のデメリット
営業のデメリットは、「クレーム対応が必要になる」ことです。製品やサービスへの問い合わせや使い方、ときには価格に関することなども、営業に対してクレームが来ることもあります。営業は企業を代表する顔ですが、専門外のことや顧客の不注意によるトラブルにまで対応することがあるのは、デメリットといえるかもしれません。しかし、これらのクレームに対応することで、顧客の立場に立ってものを考え、単に製品やサービスを売るだけではない、ユーザー目線を持った魅力的な営業に成長することができます。

また、「取り扱う製品やサービスの知識が必要になる」のもデメリットといえるかもしれません。複雑な機能の使い方や、競合他社の製品やサービスとの違いなど、営業を円滑に進めるうえで覚えておきたいことはたくさんあります。けれども、これらの知識を身につけるということは、見識を広げることができ、自分自身の成長にもつなげることができます。

営業のアルバイトの注意点

営業のアルバイトの注意点は以下の通りです。

▼学業との両立を心がける
営業は、顧客訪問やアポイント取得をした数だけ、契約につながる可能性があがります。また営業活動には正解がないので、どんな営業スタイルが自分に合うのか、試行錯誤することで結果が伴ってくることも珍しくありません。営業が楽しくなり、アルバイトと学業の両立が難しくなってしまう先輩もいます。アルバイトにのめりこみすぎて、学業がおろそかになってしまわないように、くれぐれも注意してくださいね。

▼収入が増えすぎると扶養を外れてしまう
生計を親御さんが支えている場合、営業成績によるインセンティブがつくときや歩合制のときに、「想定よりも収入が多くなってしまい扶養を外れてしまう」というケースがあります。時給の場合には調整しやすいですが、インセンティブや歩合がつく場合には、意識して注意するように心がけましょう。

▼身だしなみや立ち振る舞いに注意する
営業は製品やサービスを取り扱う「会社の顔」です。そのため、身だしなみや立ち振る舞いには細心の注意が必要です。「アルバイトだから」といって気を抜くことはできません。「常に人から見られること」を意識するように心がけて、身だしなみや立ち振る舞いに注意してくださいね。

興味があれば就職に役立つ営業のアルバイトにチャレンジしてみては?

営業のアルバイトは、たくさんの人に触れ合うことができる「会社の顔」です。クレーム対応や取り扱い製品やサービスの知識が必要になりますが、自分自身を磨くことができるだけではなく就職活動にも役立ちます。興味をお持ちの方は、ぜひ挑戦してみてください。

f:id:epb0804:20180219120534j:plain

著者:あおみ ゆうの

1980年生まれ。東京都在住。 漫画家のアシスタントやメイド喫茶のメイドさんなど、多彩なアルバイトを経てライター・編集者として活動中。 3児の母として、毎日楽しくそして忙しい日々を過ごしています。