新卒で外資コンサルってどう?メリット・デメリットと採用市場

「外資コンサル=中途採用」というイメージを抱いている就活生は多いかもしれません。しかし、実は外資コンサルは新卒採用も積極的に行っています。新卒で外資コンサルを目指すメリット・デメリットを理解し、就職活動に役立てましょう。

新卒で外資コンサルを狙う前に知っておきたいコンサルの種類

一口に「外資コンサル」と言っても、各企業が手掛ける分野は多岐にわたります。外資コンサルを目指す前に、まずはどのような種類のコンサル企業があるのか理解し、志望先を絞るのに役立てましょう。

(1) 戦略系コンサルティングファーム

《主な事業内容》
経営に関わる戦略の策定と、それを実行するためのオペレーション確立に対するアドバイスを主に手掛けています。グローバル経営戦略の策定や中長期的な成長戦略など経営のトップラインにおける課題から、マーケティング戦略、新規事業や商品開発戦略など現場により近い課題まで、その内容は多岐にわたります。

《代表的な企業》
マッキンゼー・アンド・カンパニー
ボストンコンサルティンググループ(BCG) など

(2)総合系コンサルティングファーム

《主な事業内容》
経営戦略の策定からオペレーション確立までを手掛ける点は戦略系と同様ですが、総合系コンサルティングファーム最大の特徴はITサービスまでを一気通貫で手掛ける点にあります。このカテゴリに属する企業は、元々会計会社としてスタートしている企業が多いことも特徴で、経理・財務領域の業務改善を得意とするほか、法務や人事戦略まで幅広くサポートを行います。

《代表的な企業》
アクセンチュア
PwCコンサルティング など

戦略系、総合系のように幅広い分野のコンサルを手掛ける企業がある一方で、特定の分野に特化したコンサルティングファームも存在します。

(3)IT系コンサルティングファーム

《主な事業内容》
IT戦略の立案やその実行支援を手掛けており、システムの開発や導入に加えて保守・運用のアウトソーシングサービスまでカバーすることも多くあります。

《代表的な企業》
キャップジェミニ など

(4)人事系コンサルティングファーム

《主な事業内容》
給与制度、評価制度、人材開発などをはじめとする人事戦略の策定と実行支援が主な仕事です。M&Aを行った際の人事制度統合などを手掛けることも多くあります。

《代表的な企業》
マーサージャパン など

その他にも、業務や業界に特化した外資コンサルも存在しますので、よく調べたうえで志望先の企業を絞りましょう。

▽コンサルに関するクチコミはこちら
コンサル/シンクタンクの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180423105147j:plain出典:pixta

新卒で外資コンサルで働く魅力やメリット

外資コンサルの仕事は、働く環境や考え方などの面で一般的な日系企業と違う点が数多くあります。外資コンサルだからこその働く魅力・メリットにはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

(1) 早い段階から実務経験を通じて成長が可能

入社時の研修制度はもちろんありますが、実際には早くから現場配属され、実務を通じて仕事の進め方や必要な知識を身につけていきます。

経営や業界にまつわる専門的な内容を、未経験でアドバイスをすることは簡単ではありませんが、データ分析や各ファームに蓄積されているノウハウを活かしながら仕事を実行していきます。主体的に行動したい方にとってはこの上ない環境でしょう。

(2)周りに優秀な方が多く、学びや刺激が多い

実際に外資コンサルで仕事をする先輩たちから多く聞かれるメリットは、「周りに優秀な方が多い」という点です。採用基準は厳しく、高い思考力や発想力、スピード感を持つ人材が溢れています。そこからの学びや刺激は、自身の仕事の質向上にも大きな影響を与えてくれるでしょう。

(3)中途採用で入社するよりも大切にしてもらいやすい

外資コンサルは成果主義の厳しさを持つ業界なので、中途採用で入社して成果が出せなかった場合、早期に退職を勧告されることは珍しくありません。一方新卒採用で入社した場合、周りも2〜3年は育てる期間と考えていますので、中途採用に比べると寛大な姿勢で見てもらうことができます。

ただし、スピード感を持って成長が望まれる業界ではありますので、そこに甘んじることなく努力する覚悟は持っておきましょう。

表面的に見ると外資コンサルで働くメリットは、給与水準が高いことなどが筆頭に挙げられがちです。もちろんそれもひとつの魅力ではありますが、上記のように仕事環境に関するメリットも多くあります。

自分が今後どのように働きたいかという視点で、外資系コンサルへの就職を考えてみましょう。

志望前に確認!新卒で外資コンサルで働くデメリット

新卒で外資コンサルに入社するメリットがある一方で、デメリットもあります。
両面を良く理解した上で、自らミスマッチを未然に防ぎましょう。

(1)長時間労働になりやすい

まず挙げられるのは、長時間労働である傾向が強いという点です。
業務内容が、経営や専門分野に関するアドバイスを行うという新卒にはハードルが高いものであることに加え、一般的に一人が担う業務量の多さも長時間労働になりやすい理由です。頭の回転の速さや優れた思考力に加え、体力も必要になるので、体調を崩して退職する方も少なくありません。

(2)成果主義が厳しく、結果が伴わない場合は退職勧告も

外資コンサルは一般的に厳しい成果主義で、自身の仕事の成果によって昇級や昇格が決まります。「UP or OUT」という言葉がよく用いられ、評価される成果を出せれば昇格(UP)、成果が出せない人は退職(OUT)とも表現されるほどです。
こうした風潮は昔ほどではないと語る方も多いですが、やはり日系企業に比べると成果への厳しさは格段に上であることは留意しておきましょう。

(3)社内の人材の入れ替わりが激しく、人間関係がドライであることが多い

成果主義などの影響から退職者も多い傾向にあり、社内の人材は流動性が高いです。また、一般的な日系企業のように「長く働いて自社に尽くしてほしい」というスタンスはあまり持たないため、人間関係はドライになりがちです。
ただし、その程度は企業によるものであったり、むしろそうした環境の方が働きやすいという方もいたりすることと思います。自分自身の考え方と照らし合わせて、判断材料にすると良いでしょう。

なぜ?外資コンサルが新卒を歓迎している理由

デメリットで挙げたような厳しさはあるものの、外資コンサルは意外なことに新卒採用を歓迎している傾向があります。
その理由を企業側の視点から見てみましょう。

(1)社会人としての考え方が凝り固まっていないので、自社の働き方や考え方を素直に受け止めてくれる

まず挙げられるのは新卒採用者が持つ柔軟さです。
中途採用の場合、既にこれまで働いてきた企業の常識が刷り込まれており、それを変えることは簡単ではありません。一方の新卒採用の場合、1社目での常識を抵抗なく飲み込みやすく、素直に自社のスタイルを習得しようと努力をしてくれる傾向にあります。この点を重視して、新卒入社を歓迎する企業は非常に多いです。

(2)チャレンジ精神で成長を遂げてくれる

新卒採用はポテンシャルを買っての採用です。実力に対して難しい業務であっても、新卒の若者だからこそ持つ、「臆せずチャレンジする精神」で乗り越えてくれるという期待があります。そして、同じ年齢であっても、他の業界で経験を積むよりも高いレベルで仕事ができる人材の育成をしたいと考えています。

このような理由から、外資コンサルも新卒採用自体は積極的に行っています。しかし新卒採用市場における最難関の企業群のひとつであり、内定獲得は狭き門。新卒採用を実施しているファームであっても例年数名から30名程度の採用ですので、チャンスを逃さないよう選考への事前準備を行うようにしましょう。

外資コンサルに向いている人は?

最後に、外資コンサルに向いている人についても触れておきましょう。

(1)論理的思考力が高い人

まず挙げられるのは論理的思考力の高い人です。この仕事では問題点を具体的に分析したり、さまざまなデータを読み解いたりして、解決策や新しいアイデアを具体的に提示する必要があります。そのため、新卒採用でも重視されるポイントとなっています。

(2)結果にこだわることができる人

前述の通り外資コンサルは厳しい成果主義です。また、クライアントの立場からすると、あなたのアウトプットに高い対価を払うことになります。そのため、結果にこだわり、クライアントの目標達成に向けて懸命に取り組みたいという人に向いています。

(3)未知のことに対して臆せず挑戦し続けられる人

コンサルの仕事は決まった答えがあるものではなく、事実の積み重ねで自分自身が答えを作っていくものです。それ故に、好奇心と向学心とを持ち、未知のことへも挑戦を続けることのできる強いチャレンジ精神が求められます。

これらはあくまで一例ですが、自分自身に適性がありそうか、自己分析する際の指標にしてみましょう。

外資コンサルを目指すなら新卒チャンスを生かそう

外資コンサルでの仕事は厳しい面もある一方で、ビジネスパーソンとして飛躍できる環境とも言えます。また、多くの企業が新卒採用も行っているので、コンサルの仕事に関心がある学生にとっては非常に大きなチャンスです。新卒だからと言って消極的にならず、是非チャレンジしてみましょう。

関連リンク

コンサル/シンクタンクの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191456j:plain

著者:山崎えま

大手人材会社にて新卒就活ナビの大学向けプロモーションを担当。都内私立大学を中心に年間5,000名を対象とした就活ガイダンスや面接・グループディスカッション講座などを実施。現在は海外在住で就活・キャリアライターとしてコラム記事執筆を中心に就活生を支援しています。