【出版業界】志望動機に何を書けば好印象になる?例文つきでご紹介!

人気の出版業界の選考を突破するためにも、エントリーシートに書く志望動機は採用担当者の目に留まる内容にしたいところです。そこで今回は、出版業界にテーマをしぼって印象に残る志望動機の書き方についてご紹介します。

志望動機をエントリーシートに書く時のポイント(1)なぜ出版業界を目指したのか

人気の出版業界だからこそ業界をよく知り、なぜ出版業界を目指すのか、また出版業界でどのような職種に就きたいのかをまずは明確にしましょう。

1.出版業界を目指す理由の明確化

出版業界は、身近なところでは書店に並ぶさまざまな書籍や雑誌を作り、書店経由で販売する産業のことです。実際には、企画・取材・編集・印刷・製本といった一連のプロセスを経て、出版物が作られていきます。出版業を志望する場合は、このプロセスのどこに興味を持ったのかを言えるようにしましょう。また、インターネット業界の成長による影響を受ける業界であることを踏まえたうえで、印刷物や紙媒体という雑誌・書籍に魅力を持っていることを強調しましょう。

2.出版業界で働く場合の職種

志望動機に反映するためには、出版業界にはどんな職種があるのか認識することが大切です。

  1. 企画:どのようなターゲットに、どのような雑誌・書籍をどのようなスタッフを集めて制作するのか企画します。
  2. 編集:作家やライターとの打ち合わせ、取材、執筆依頼、スケジュール管理、原稿チェックなど製本に回すまでのプロセスを担当します。
  3. 営業:出版取次各社や書店へ自社の出版物を拡販する販売面と、出版物に掲載する広告物営業の両面があります。
  4. 製本:主に印刷会社への発注になり、出版物として製品化します。

▽出版業界に関するリンクはこちら
出版の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180126180639j:plain出典:写真AC

志望動機をエントリーシートに書く時のポイント(2)なぜその企業がいいのか

ここでは、出版業界を目指す理由やどんな仕事をしたいかを明確にし、特定の企業へ思い入れをどのように訴えるべきかポイントを紹介します。

1.総合ジャンルか専門ジャンル志望かを明確化

出版業界の企業はジャンルで分けると大きく2つに分かれ、どちらを目指すのかで志望動機はおのずと変わります。

(1)総合ジャンル系(扱い分野が幅広く、雑誌から書籍まで扱う大手出版社)
(2)実用書、学習書、ビジネス書、文芸書など専門ジャンルに強い雑誌・書籍系
(扱うジャンルごとに多岐にわたり、中小含め多数の出版社が存在)

2.志望動機は経営理念や出版ポリシーに照準をあわせる

(1)総合ジャンル系の出版社
総合出版業を標榜する企業の企業理念や出版ポリシーに注目します。なぜ他社ではなく自社なのかを尋ねてくるので、各社の違いを比較し「社風の自由度」「楽しさ」「発展性」など、同感できるキーワードで「貴社の企業理念(出版ポリシー)の〇〇に共感しました」と言い切りましょう。その上で、「貴社の本の愛読家であり、その理念をもっと世の中に広めていきたい」といったように、入社後の抱負や展望を語ると説得力が増します。

(2)専門ジャンルの出版社
企業理念や出版ポリシーは総合ジャンル系と同様にありますが、専門分野に特化しているだけあって、さらに詳細なポリシーや方針を持っています。したがって、自分の興味や趣味とするジャンル(文芸書、学習書など)と重ね合わせて志望動機にしましょう。

志望動機をエントリーシートに書く時のポイント(3)学生時代のエピソードで就職後にも活かせることは何か

目指す出版社に対して、自分の学生時代の経験や趣味とからめながらアピールする方法を紹介します。

1.好奇心旺盛で趣味の幅が広い

好奇心の範囲は、出版関係に直接結びつかなくてもかまいません。基本はより広く・より深くですが、こだわりがあり、自慢できる分野は特にしっかりアピールしましょう。直接出版に関係するものだと、読書が趣味というのは大きなPRポイントです。もちろん、年間の読書量や、よく読むジャンル、好きな作家など書ける範囲でPRするのもいいですね。

2.アルバイト時代の経験

アルバイト先は直接出版と関係なくても、自分なりにこだわって仕事を楽しんだというものを紹介することでアピールに結び付きます。たとえば居酒屋では、来店する客の顔を覚えて心から接客したというのは、ひとつのことを徹底して極めていく性格のPRになります。もし本屋でのアルバイト経験があり、「買う人と買った本のタイトルの関連性を研究した」などというPRがあればユニークなので、採用担当者の目に留まる可能性があります。

3. 学生時代の専攻分野やサークル活動での経験

たとえば学生時代の専攻分野が文学部日本史学科で、日本史研究を4年間やってきたことや、歴史研究会のサークルでさまざまな発表会を企画、開催した実績があった場合は、歴史書を主に扱う出版社への大きなPRになります。特に専門ジャンルに特化した出版社が求めるのは、専門分野の基礎知識はもとより、強い探求心とネットワークを持つ人材です。もっとも強みの発揮できる専門ジャンルを探してPRしましょう。

【例文】出版業界の志望動機3選

ここでは、出版業界の志望動機として、具体的な例文を3つ紹介しましょう。

1.総合出版業のキーワードに共感する志望動機

「貴社は総合出版社として、『価値の共有』という理念を掲げられ、また社風では常に『本気』を前面に出しておられます。出版物を通じてクリエーター様と読者が価値を共有し、それに携わる社員が常に本気で仕事に臨まれているという、他社にはない社風に共感し志望いたしました。私自身も、所属の文芸サークル部に4年間本気で取り組み、読者と価値を共感し合えるサークル活動に邁進してきました。貴社への入社志望の『本気度』を是非面接で試して下さいますようお願いします。」

<ポイント>
総合出版社志望として、貴社が第一志望である理由を企業理念などから共感キーワードを引っ張りPRします。また、学生時代のサークル活動も出版業界を志望する理由であることを述べています。

2.専門ジャンル系の出版社への志望動機

「貴社はファッション専門雑誌を中心とする出版社として、常に私たちの世代に最新情報を発信し続けて下さいます。私自身、ファッションには大変興味を持っており、3年間アパレルショップで販売アシストのアルバイトをしてきました。接客時には貴社の最新号をお客さまの前で開き、それを参考にしたコーディネートをお客様に提案する販売方法をとっていました。実際に雑誌で記事になったコーディネートの方法は説得力があり、悩んでいるお客様にとって購入の決定打になることが多く、雑誌編集の影響力の凄さを実感しました。私も自身の好きなジャンルで多くの人の心を動かす雑誌制作に携わりたいと考え、迷わず貴社を第一に志望いたしました。」

<ポイント>
趣味やアルバイトから、その分野が大好きで就活の第一志望企業であることを強調します。具体的な職種も出して、志望が具体的であることをPRします。

3.情報信ぴょう性の高い出版社を志望

「私が出版業界を志望するのは、インターネット情報より信ぴょう性の高い出版物が大好きだからです。特に貴社は古くより実用書を中心に出版され、私自身これまで貴社の書籍を多く購入してきました。趣味は読書で、年間約400冊が目標です。一方で、自分で小説を書いたり、新聞へ読者投稿をしたりなどもしているので、読むだけでなく文章を作成する能力にも自信があります。そのため、貴社に入社できましたら将来は編集やライターの仕事に就ければと考えています。読書の他、友人からは多趣味と言われ、またクイズ王になれるとも言われるぐらい他分野のうんちくには自信があります。是非、貴社に入社し書籍の面白さを広められるような貢献ができればと考えます。」

<ポイント>
情報系の出版社はどうしてもインターネットの影響を受けるので、印刷媒体への興味を述べます。また、自分自身が実用書系、情報書系書籍のファンであり、知識量の多さをアピールします。

志望動機で好印象!出版業界の面接のチャンスをつかんで波に乗ろう

人気の高い出版業界は、志望する人も趣味や興味の幅の広い人が集まり競争率が高くなります。エントリーシートで最初の選考を突破し、面接のチャンスをつかむためには志望動機をよく練り、納得がいくまで考えていきましょう。

KADOKAWA 内定した先輩の志望動機を見たい方はこちら
ぴあ 内定した先輩の志望動機を見たい方はこちら
ゼンリン 内定した先輩の志望動機を見たい方はこちら

関連リンク

履歴書・エントリーシート・志望動機・自己PRのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
出版の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191254j:plain

著者:GAKUSUI

◆一部上場企業で人事・採用・能力開発を約15年経験。採用では、新卒を中心に面接官はじめ採用選考実務と管理職(採用課長、能力開発部次長)を経験。
◆採用業務だけでなく、人事異動、能力開発、教育訓練等トータルで経験。
◆上記企業で営業部、販売部、企画部で実務から管理職まで経験。また、転職経験もあり(中堅商社6年、国家公務員2年)。
◆新卒専門のキャリアコンサルタント(国家公務員)として直接大学生に対面指導。模擬面接、ES添削、自己分析指導等、就活カウンセリングの実務全般を2年間経験。その間、大学キャリアセンターと連携し講演実績あり。