キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

年代別でいくら貰える?資生堂の初任給と予測年収

企業選びに欠かせないのが給与や待遇です。しかし、昇給額・ボーナス・手当などは企業によって異なり、実際に将来いくらもらえるのか見えづらいという人も多いでしょう。ここでは資生堂の年収予測や待遇をご紹介します。

資生堂の初任給

トップシェアを誇る化粧品メーカー、資生堂。日本にとどまらず約120の国と地域で事業展開を行い、海外売上比率は5割を超えています。2014年には初めて外部出身者を社長に据え、国内シェア低下などの課題改善に向けて各ブランドの再定義や風土改革を行っています。

そんな資生堂の初任給を見てみましょう。

参照元(2019年7月時点):
https://www.shiseidogroup.jp/company/glance/
https://www.shiseidogroup.jp/report/data/highlights.html

資生堂の初任給

・学部卒 予測月給21.5万円、予測年収309万円
・修士卒 予測月給23.5万円、予測年収338万円
・博士卒 予測月給26.5万円、予測年収381万円

※年収は月額基本給12ヵ月分、ボーナスの半額(資生堂はボーナス平均支給額非公開のため、日本経済団体連合会『2018年夏季・冬季 賞与・一時金調査結果』より、大手企業の非管理職平均4.8ヵ月分)を内訳とする
※月給は2016年実績(リクナビ2020掲載)を参照。残業代、各種手当(住宅手当、営業手当、通勤手当等)は計算外とする。ただし地域手当(地域により0〜9,000円だが東京23区居住と仮定し9,000円)は加算

新卒1年目の予想年収は学部卒309万円、修士卒338万円、博士卒381万円となりました。1年目の場合、一般的には夏のボーナス査定期間内に在籍していないため、ボーナス支給は冬の1回のみとして算出した数字になっています。

ただし、採用ホームページ上では17年4月入社新入社員の18年1~12月の実績年収は学部卒421万円、修士卒465万円、博士卒523万円と表記されています。1年目の10ヵ月目から、2年目の9ヵ月目までを合算した年収となりますが、予測年収より金額が大幅に上がっています。理由としては、営業手当などそのほかの手当が合算されていること、また実際のボーナス支給額が大手企業の平均額より高額だったのではないかと予想されます。
実際、2018年の資生堂はインバウンド需要をとらえ売上1兆円という大きな目標を達成。ボーナス支給額も伸びたと考えられます。

▽資生堂にエントリーしている就活生のクチコミはこちらから!
資生堂の新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)

出典:fotolia

資生堂の予測年収【20代】