1. 就活日記トップ
  2. クレジット信販等
  3. オリックス
  4. インターン体験記
  5. 2025年卒
  6. 詳細

オリックスのインターン体験記詳細

参加した先輩たちの口コミ・選考対策

基本情報
2025年卒|埼玉大学|女性|文系
2023年11月上旬
東京都
1日間

選考情報

ES

提出締切時期 2023年10月中旬
学生時代に1番力を入れたこと

私が学生時代に力を入れたことは短期留学への再挑戦です。中学生の時に一度アメリカに一週間ほどホームステイに行きました。しかし、話したいことを自分の言葉で表現することやコミュニケーションを思ったようにとることができずとても悔しい思いをしました。そこで、自分なりに積極的に行動することを目標に5か月間のアメリカ留学へ再挑戦しました。中学生時代の後悔をもとに毎日なるべくたくさんの人に話しかけ、参加できるイベントや誘われたものには極力参加するようにし、英語に触れる環境に身を置くことをこころがけました。日本人がほとんどいないボランティアに参加することもでき、今も現地でできたアメリカ人の友達とは帰国後も連絡を取り合い日本に遊びに来てくれるくらい仲良くなることができました。この経験から挑戦することや困難な環境下での行動力の大切さを学びました。

エントリーシート記入時に注意した点やアドバイス

成果が大きく見えるように書きました

筆記・WEBテスト

テストの種類 受験場所 詳細
SPI 自宅 -
企業オリジナル問題 自宅 Googleフォームの数学
WEBテスト・筆記試験でおすすめの解答テクニック

過去問を覚えておくこと

効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

回答リストや過去問、どんな問題が出るかがウェブに載ってるので本よりそっちをみる

選考を振り返って

インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

企業理念にそってオリックスがどんな会社か理解してもらうという点

インターン概要

開催時期 2023年11月上旬
開催期間 1日間
開催エリア 東京都
開催場所 オンライン
このインターンで学べた業務内容 経営企画
給与は発生しましたか?
はい
いいえ
昼食費は支給されましたか?
はい
いいえ
交通費は支給されましたか?
はい
いいえ
インターン内で残業はしましたか?(自主的な追加の準備工数含む)
はい
いいえ

インターンシップの内容

テーマ

半分は企業説明で、過去にあった事例をもとにケーススタディをグループワークで行いました。
内容に関しては持ち出しが禁止なため記載は難しいんですが、どのように課題を解決してきたのかや企業理念に基づく解決がなされていたことがわかりました

内容

前半は企業説明、さまざまなポジションの社員さんからの業務内容に関する説明、グループワーク、座談会です

その場での内定や本選考での1次選考免除など、インターン参加学生だけの優遇はありそうでしたか?
はい
いいえ
この企業に対する志望度は上がりましたか?
とても上がった
上がった
変化なし
下がった
とても下がった

社員さんとの座談会で普段聞けない情報や個人的な話を聞いて温かい職場だと感じたのと、女性の働きやすさを感じたからです

個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加者に社員や人事から連絡はありましたか?
はい
いいえ
一緒に取り組んだ学生のレベルはいかがでしたか?
かなり高い
高い
普通
低い
かなり低い

所属大学や会話の中にクリエイティブ性や話し方にわかりやすさを感じたからです。

会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

社員さん同士のコミュニケーションや意思疎通がしっかりできる環境が敷かれており、温かい雰囲気でした。社員さんもとても優しい方や若くしてビジョンをしっかり持った方が多くて、自分自身の成長も見込める環境だと感じました。

この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

グループワークを通して、オリックス自体の企業理念であるたえず市場の要請を先取りし、先進的・国際的な金融サービス事業を通じて、新しい価値と環境の創造を目指すということはどういうことなのか、自身の成長のみならずチーム全体で成長して行くことが部署、会社、市場の成長につながっていくことを学びました。

この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

グループワークや座談会で積極的に発言をしていくことと、社員さんに聞きたいこと、自分が働く上で重視している点を他の人の質問も踏まえて固められるようにすることが大事かなと思います。
自分が働く条件は良ければ良いほど良いですが、譲れない条件はぶれないようにすることが大事です。

企業閲覧履歴

特別企画【PR】

楽天ポイントがもらえるキャンペーン

人気企業ランキング


能登半島地震被害支援募金
ページトップへ