1. 就活日記トップ
  2. 医薬/化学/化粧品
  3. 住友化学
  4. インターン体験記

住友化学のインターン体験記

卒業年:

住友化学のインターンに参加した学生たちのインターン体験記は、25件あります。

全25件

  • 大学:非表示 / 性別:女性 / 文理:理系
    2020年1月中旬
    大阪府
    2日間
    昼食支給あり
    • ES設問:インターンシップに期待することはなんですか

      期待することは2つあります。1つ目は貴社で働く具体的なイメージを持つことです。貴社は幅広い産業の基盤となる素材を提供しており社会への貢献度が高く、環境問題に配慮した事業を行なっています。利益ばかりでなく、より良い社会を追求する理念に強く魅力を感じ貴社で働きたいと考えています。そのため、実際の現場での実習や社員の方々との交流を通して貴社の雰囲気や環境を知りたいです。2つ目は、モノづくりの本質を知ることです。実際の現場でしかしれない考えや情熱を吸収して、モノづくりの魅力を身をもって体感したいです。

    • 面接面接で聞かれた質問事項

      自己紹介3分,研究概要3分,言い残したこと1分

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      SPIの本を一通り勉強してから挑みました。

  • 大学:京都大学大学院 / 性別:男性 / 文理:理系
    2020年1月中旬
    大阪府
    3日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:当社のインターンシップに期待することは何ですか。(300字以内)

      貴社の研究所で実際に研究業務を体験し、企業における研究職として働くイメージを明確にしたいと考えています。貴社は石油化学だけでなく情報電子や農業、医薬品など幅広い事業展開と、積極的な海外展開を成功させており、それらは高い技術力による研究開発と常に新しい価値を創造しようとする探求心があるからこそだと考えています。本インターンシップでは、貴社の最先端の研究開発を肌で感じ、実際に活躍している研究員の方と交流することで、企業研究員として活躍するイメージを明確にし、その実現のために自分がどうように成長すべきであるかを把握したいと考えています。

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      事前に同じ形式のテストを他の企業の選考で受けることで、形式や問題の傾向に慣れること。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      自分の研究に対する熱意と理解が第一。加えて、研究内容を専門知識が無い人にもわかりやすく説明する能力も問われる。

  • 大学:非表示 / 性別:男性 / 文理:文系
    2020年1月中旬
    東京都
    1日間
    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      住友化学の事業内容や将来性、社員の雰囲気を座学で学ぶことができました。有給や残業の規制もしっかりされており、ワークライフバランスも良いように感じました。また、実際にワークを行うことで、化学メーカーのおもしろさを認識できました。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      明るく、元気でおもしろい社員の方が多く、非常に好感を持てました。インターンシップの最後にあった座談会で、プライベートについてもいろいろとお聞きしましたが、休日もしっかりあり、残業も多くなさそうでした。

    • この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

      抽選で参加できるインターンシップですが、社員の方々とかなりお話でき、自分自身が働くイメージをもつことができたおすすめのインターンシップです。本選考の優遇などはおそらくありませんが、ぜひ参加してみてください!

  • 大学:非表示 / 性別:男性 / 文理:理系
    2020年2月中旬
    東京都
    1日間
    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      知るカフェに参加した後の回で当選したので、学歴に加え周辺イベントへの参加が大事ではないかと考えている

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      ファシリーテーターと書記と発表を任されたが、連携が取れていれば1人に重役が偏ってても問題なく発表できると知った。また、議論に熱中していると話し合いに参加できないメンバーも出てくることがあるため、少し間をとって参加の余地を与えることが重要だと思った。また住友化学の事務系は化学に詳しい営業マンではなくて、化学によるビジネスをうまく回す「お金の仕事」という属性が他の会社より強いと感じた。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      全体的に丁寧な対応を頂いた。人事の方の「なんでも聞いてください」という言葉の通り、社員の方はなんでも答えてくださったように思える。また、体育会系すぎない雰囲気なので、明るすぎず暗すぎずが好きな学生におすすめ。

  • 大学:大阪大学大学院 / 性別:男性 / 文理:理系
    2020年1月下旬
    愛媛県
    2日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:研究概要を紹介してください

      スマートフォンなど、私たちが生活に欠かすことの出来ない電子製品には様々な半導体デバイスや磁気記録デバイスが組み込まれています。それらのデバイスを作動させるキャリアとしては、電荷または磁石の性質が利用されています。現在の科学技術では、デバイスを作製する際、どちらか一方のキャリアしか利用されていません。これに対して、電荷と磁石の性質を同時に利用するようなスピントロニクスデバイスは、デバイスの高速化や省エネルギー化に繋がることから注目を集めています。スピントロニクスデバイスを実現するための材料としては、半導体材料に磁性金属を添加することで、磁石の性質を取り入れた希薄磁性半導体が挙げられます。一般的に本材料は室温より低い温度条件では安定ですが、室温条件になると磁石としての性質を失う問題点があるため、デバイスへの応用が進んでいません。この問題は格子欠陥が磁石の性質に影響を及ぼしていると考えられていますが、実験では格子欠陥を観察できていません。そこで、私は第一原理計算を用いたシミュレーションによって、本材料の格子欠陥による磁石の性質への影響を調べています。本材料における格子欠陥と磁石の性質の関係を解明することができれば、室温でも磁石の性質を失わせないための格子欠陥を提案することも可能になり、デバイスへの実用化も急速に進むことが期待されます。

    • 面接面接で聞かれた質問事項

      研究紹介
      1分間の自己紹介

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      参考書をやりこむ

  • 大学:非表示 / 性別:男性 / 文理:理系
    2019年8月下旬
    大阪府
    1日間
    昼食支給あり
    • ES設問:化学メーカーでの理系社員の仕事についてどんなイメージを持っているかご記入ください。(300文字以内)

      化学メーカーは、世の中に未だかつてない製品を生み出すことで人々の生活を豊かにし、地球規模の問題解決にも貢献できる点に、他の業界にはない魅力を感じます。その仕事は基礎研究から生産技術まで多段階にわたっていますが、共通するのは現状の課題を分析して本質を見極め、試行錯誤しながら解決していくプロセスだとイメージしています。そのため、当該分野の専門知識や粘り強く考える姿勢はもちろんのこと、多様な人々と協力できることが求められると推測します。部署内および部署間で連携し、お客様のニーズに応えるためには、相手の立場に立って向き合うことで信頼を集め、課題を解決していく力が重要と考えるためです。

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      専用の問題集を数冊取り組んだ。本番では問題集と似た問題も出題されており、素早く解くことができた。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      主にESだと思うが、webテストもそれなりに重視されているのではないかと感じた。自分は問題集等で対策した上で臨んだので、他の人と差をつけられたかもしれない。

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:文系
    2019年2月中旬
    東京都
    1日間
    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      財閥系としての事業精神から仕事の内容まで、住友化学について幅広く知ることができた。ワークの後に社員の方からFBをいただき、事務系社員に求められる力を知ることができた。
      座談会で複数人の社員の方からお話が聞けるため、各職種へのイメージを具体的にすることができた。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      インターン後の質問も、とても誠実に対応していただいた。社員の方も言われていたが、頭が良く、真面目で優しい人が多い印象だった。大手化学メーカーらしい安定感のある雰囲気だった。
      社内の雰囲気もアットホームで仲がよさそうだった。

    • この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

      化学メーカーにおける事務系社員に求められることを教えていただき、本選考前の企業研究として理解を深めることができました。住友化学に興味がある人は参加することをお勧めします。抽選のため対策はできませんでした。

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:理系
    2019年2月上旬
    兵庫県
    1日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:企業研究を進めるうえで、あなたにとってインターンシップがどのような位置づけかをご記入ください。(300文字以内)

      そこで働く「人」について知る機会だと思っています。企業についての基本的な情報は、本やインターネットを通じて得ることができます。しかし、「人」に対しての印象は受け取り手によって異なるため、実際に自分で足を運び、話をしてみないと分からないことだと思っています。私はこれまでに貴社の秋インターンシップや研究所/工場見学会に参加させていただき、貴社の社員さんと交流する機会を持たせていただきました。その中で、社員さんの仕事に対する思いや情熱を聞き、この方たちと一緒に働きたいという思いが大きくなりました。このように、オンライン情報からは確認できないことを知ることができるのがインターンシップだと思います。

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      市販の対策本をやりました。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      ESの分かりやすく書くことと、webテストの対策をすることです。

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:理系
    2019年2月中旬
    千葉県
    2日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:企業研究を進めるうえで、あなたにとってインターンシップがどのような位置づけかをご記入ください。(300文字以内)

      私にとってインターンシップは、私の理想の働き方と企業の現場が一致しているかを確かめる機会だと考えています。また、私は生産技術職の省資源・省エネといった低コスト化の面から、企業の利益に貢献できる点に魅力を感じています。インターンシップを通して、技術者の方の生の声を伺い、今後に生かしていきたいと考えています。

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      テストセンターの本を勉強して基礎から理解すること。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      エントリーシートの内容と、ウェブテストの点数両方を加味していると思いました。

  • 大学:非表示 / 性別:女性 / 文理:理系
    2019年2月上旬
    兵庫県
    1日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:企業研究を行う上でインターンをどのような位置付けとかんがえているか (300 字)

      私にとってインターンシップとは、就職活動前に実際に業務を体験することで働くイメージをつかむことで今後の就職活動のモチベーションへと繋げることができる場であると考えます。大学院で勉強してきた専門知識を生かした研究職に就職することを希望しています。しかし教育機関である大学と利益を追求することも考えねばならない企業の研究では大きく隔たりがあるのではと考えられました。そこで実際に企業内での研究業務を体験できるのはインターンシップに参加することだと思われました。インターンシップに参加することで研究職として働くイメージをつかんだ上で企業研究を行い、今後の就職活動に反映させていきたいと考えております。

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      問題集を一周すること
      苦手な問題に関しては、その問題ばかりをいろんな問題集の問題で練習すること

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      専門職でもあるので、人柄というよりはその人の大学での研究内容も非常に重視されていたのではないかと思います。

  • 大学:非表示 / 性別:女性 / 文理:文系
    2020年2月上旬
    大阪府
    1日間
    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      選考型ではなかったので特にありません

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      限られた時間の中でグループとして意見をまとめ、発表用の模造紙を作る必要もあったので円滑なコミュニケーション力の重要性を学んだ。また、化学系の会社は理系の社員がメインだと考えていたが、文系にも活躍する場は十分にあり、将来の視野が広まった。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      化学系の会社であることから学生が堅いイメージを持ちやすいのか、そのような雰囲気を作らないようにフラットなやりとりをしている面も見られた。グループワーク中も社員の方が笑顔で見回っていて、全体的に柔らかい雰囲気であった。

  • 大学:非表示 / 性別:男性 / 文理:理系
    2019年2月下旬
    茨城県
    2日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:趣味・特技をご入力ください。

      一人旅行、一眼レフカメラを用いた写真撮影

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      他企業のWEBテストの後に問題を復習する

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      個人の能力

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:理系
    2018年9月中旬
    大阪府
    2日間
    昼食支給あり
    • ES設問:化学メーカーで働くことに対するイメージ

      新しいものを作り出す仕事

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      仕事に対する積極的な姿勢
      大学での研究成果

    • 個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加後に社員や人事からどのような連絡がありましたか?

      工場見学

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:理系
    2018年9月
    東京都
    2日間
    昼食支給あり
    • ES設問:化学メーカーでの理系社員の仕事についてどんなイメージを持っているかご記入ください。(300文字以内)

      理系社員と文系社員の違いを考え、どのような力を求められているのかから考えました。

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      市販の対策本

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      エントリーシートの内容と、動画の内容

  • 大学:京都大学大学院 / 性別:女性 / 文理:理系
    2016年9月
    大阪府
    2日間
    昼食支給あり
    • ES設問:化学メーカーでの理系社員の仕事についてどんなイメージを持っているかご記入ください。(300文字以内)

      私は、化学メーカーでの理系社員の仕事について、「日々ものづくりに専念し、絶えず新しい価値を世間に提供し、新しい世界を創造していく」というイメージを持っています。私は高分子化学に関する研究を行っており、試料の作製を行った後に解析を行う、というサイクルで研究を行っています。実際の化学メーカーでの仕事でも、試料の作製や解析等を行っているとは思いますが、学生の研究との大きな違いは企業理念が背景にあることだと思っています。絶えず新しいことに挑戦し、世の中に新しい価値を見出していくことを社員全員が意識した上で、学生の研究よりもはるかに規模の大きな研究を行っているというイメージを抱いています。

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      化学メーカーで働く人材に求められていることを学びました。イノベーション人材になるためにどのようにして学生生活を送るべきかということについてグループで考え、残りの学生生活の過ごし方の参考になることを学べました。一つのことばかりではなく広範囲の知識を身につける必要性の高さも感じました。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      私がインターンシップに参加した同業他社の社員と比べて少しかっちりした雰囲気を感じたが、社員さんは優しかった。基本的に人事の人としか接することができなかったので現場の社員のことはわかりません。人事は、まじめでかつ優しいといった印象を受けました。

  • 大学:京都大学大学院 / 性別:男性 / 文理:理系
    2018年9月
    大阪府
    2日間
    昼食支給あり
    • ES設問:化学メーカーでの理系社員の仕事についてどんなイメージを持っているかご記入ください。(300文字以内)

      私は、化学メーカーで働く方々の仕事は、より良い世界にするため、安全に、効率よく、良い物質を創製する仕事だと考えています。化学メーカーの仕事は、研究開発、生産技術、品質管理の3つに大きく分けられており、研究や実験をし、新しいものを創製する仕事が研究開発。大量に効率よく商品を生産する方法を考える仕事が生産技術。安全を守るため製品の品質をチェックする仕事が品質管理。この3職種が1つもかけることなく、合わさることで、世界に良いものが創り出されると考えています。そのため、どの職種の方々も、世界により良い製品を世界に送り出そうという熱意の元、化学物質を創り出し、働いているイメージです。

    • 面接面接で聞かれた質問事項

      自己PRや
      研究内容
      研究職のイメージ
      インターンに何故参加したいか。
      など提携の質問が3、4問課され各3分ほどで解答。
      また、1つの質問に付き三回ほどやり直しが可能。
      自分のPC画面に向かってつらつらと話す。

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      1冊の参考書を繰り返し解くこと。

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:非表示
    2019年1月
    大分県
    2日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:インターンシップについて

      インターンシップで実際に会社の仕事を体験することで、ネットや四季報などからでは分からないような実務や社風について知ることができ、今まで知らなかった仕事についても発見することができます。そのため、将来を考えた就職活動の軸を定める貴重な経験を得ることができ、就職した時のイメージを明確にすることができると思います。なので、その会社が自分に適しているかの判断もすることができるので就職するためにはとても重要なものであると思っています。また、インターンシップに参加した同じ志向性を持った学生とも繋がりを作れる良い機会にもなり、情報共有をすることでその業界にについてもより詳しく知ることができると思います。

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      事前にSPI対策本を解く

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      化学会社で働くことやりがいについて理解することができ、実際に現場で働く様子も見学することが出来たので就職した後のイメージを掴むことも出来ました。また、社員さんがどのような意識を持ちながら仕事しているかも理解できました。

  • 大学:非表示 / 性別:男性 / 文理:理系
    2018年9月
    大阪府
    2日間
    昼食支給あり
    • ES設問:化学メーカーでの理系社員の仕事についてどんなイメージを持っているかご記入ください。(300文字以内)

      化学メーカーでの研究職は、社会に大きなインパクトを与えることができる仕事だと感じています。化成品は全てのメーカーに不可欠であり、また身の回りに当たり前のように存在するからです。私も社会に大きなインパクトを与えるため工業化学科に入学し、その中でも少しの構造の変化でさまざまな機能を付与できる高分子に興味を持ち、高分子化学専攻に所属し研究をしています。化学メーカーでの研究は、すぐに結果が得られない印象があります。地道な工夫を重ね目標の機能性を探求するという、大変ですがやりがいのある仕事だと思います。地道な努力により社会に大きなインパクトを与えられる化学メーカーの研究職にロマンを感じます。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      旧帝大レベルの学生がほとんどであったため、主に大学で選んでいたと思う。しかし、積極的な学生が多かったため、動画も重視されていたと思う。

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      化学メーカー、素材メーカーがどのような営業をしているか、ビジネスゲームを通して学ぶことができた。研究開発だけでなく、営業についても体験できたのは良かったと思う。研究開発よりも自分が活躍できるフィールドがあるのではないかと知ることができた。

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:理系
    2018年9月
    大阪府
    2日間
    昼食支給あり
    • ES設問:化学メーカーの理系社員についてのイメージ

      回答なし

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      化学メーカーの未来や住友化学の強みなどを深く理解できた。またグループディスカッションで企業で活躍できる人材になるためにどんな勉強が必要か?など、就活のエントリーシートですぐ役立ちそうな内容だったので、とてもよかった。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      インターンではほとんど学生同士でゲームしたり、グループディスカッションしたりだったので、社員とはあまり交流できていないが、昼食の時間に話しかけにきてくださったりと、学生に積極的に関わろうとしてくださった。

  • 大学:京都大学 / 性別:男性 / 文理:理系
    2019年8月中旬
    大阪府
    1日間
    昼食支給あり
    • ES設問:化学メーカーでの理系社員の仕事についてどんなイメージを
      持っているかご記入ください。(300文字以内)

      化学メーカーの理系社員の仕事は、化学の力で社会そして人々に大きな影響を与え、世の中の暮らしを支える重要な仕事であるというイメージを持っています。化学メーカーで製造する様々な製品は私たちの生活を支える上で必要不可欠です。私は大学で化学工学を専攻しており、化学メーカーの仕事の中でも特に、生産技術に関わる仕事をしたいと思っています。ラボスケールで優れた性能を持つ素材、製品を開発したものを、スケールアップし、プロセスの効率を上げて大量生産および、実用化の段階まで設計することで、社会に大きな影響を与えることができ、そのような製品の製造の一端を担うことができる非常にやりがいのある仕事であると考えています。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      学歴、専攻、志望度

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      理系研究職であってもビジネスの経営戦略まで広い視野を持つことが大切だという会社の考えを非常に理解できた。
      また、理系研究職の社員がどんなことを考えて入社したか、働いているかなどの考えを直接聞けて非常によかった。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

予約受付中のイベント

特別企画【PR】

閲覧されているコンテンツ

インターン体験記投稿キャンペーン
みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
楽天モバイル
楽天リアルタイムテイクアウト
ページトップへ