1. 就活日記トップ
  2. 繊維/アパレル服飾
  3. 東レ
  4. インターン体験記
  5. 2023年卒
  6. 詳細

東レ 2023年卒 秋冬インターン体験記(化学工学)_No.20234893

基本情報
2023年卒|大阪大学大学院|男性|理系
他企業でのインターン
三井化学,キリンホールディングス
2021年11月下旬
オンライン
2日間

選考情報

選考フロー

ES

提出締切時期 2021年11月中旬
研究テーマの概要(全半角300文字以内)

尿素を用いたプロパンとプロピレンの混合ガスの分離について研究を行っています。プロパンとプロピレンはどちらも石油から得られる物質ですが、使用用途は大きく異なります。そのため、高純度での分離が必要とされていますが、化学的性質がかなり似ているため、現在の分離プロセスでは効率が悪く、莫大なエネルギーを要してしまいます。そこで尿素に着目しました。尿素は低温高圧にすることで、クラスレートと呼ばれるトンネル状の構造を形成し、その内側に特定のガスを取り込むことが知られています。現在、プロパンの方が尿素に取り込まれやすいことが分かっており、分離能力の評価を行っています。

当社のインターンシップを希望した理由を述べてください。
(全半角400字以内)

プラントを知見し、課題について考えることで、プラントで用いられている応用技術や考え方、課題への取り組み方について理解を深めたいと考えたためです。私は大学及び大学院で、生産プロセスを扱う化学工学を学び、社会でも身に着けた知識を活かしたいと考えています。しかし、これからのプラント設計では、生産効率だけでなく、環境や安定性についても考慮する必要があると感じています。そこで、座学で学べる基礎だけでなく、実際にプラントに用いられている応用技術についても学びたいと思いました。そこで、貴社は工場内排水のリサイクルによる用水量の削減やバイオマス燃料の使用拡大によるGHG排出量削減など、環境問題に対してのプラント改善に積極的に取り組んでいることを知り、興味を持ちました。また、現場で働いている社員さん達とお話しすることで、会社の雰囲気や働き方を知り、働く姿の解像度を上げたいと考えています。

将来企業で仕事をする場合、やってみたいこと、成し遂げたいことを述べてください。
(全半角400字以内)

顧客のニーズに寄り添った生産プロセスの開発に挑戦したいです。入社後はまず、実際に既存プラントの管理業務に携わり、量産化技術やスケールアップにおけるコアな技術についてしっかりと学びます。その後、身に着けた技術や専門知識を駆使することで、より顧客のニーズに寄り添った生産プロセスの開発に挑戦したいです。素材会社は1つの素材を複数の顧客に販売していますが、ニーズは顧客によって少しずつ異なります。そこで、プラントの操作性を向上させ、それぞれの顧客のニーズに合わせて素材の性質を変えられるプラントの設計に携わりたいと考えています。特に、貴社は最終製品メーカーと直接パートナーシップを結んでおり、顧客との関係が密であるため、この挑戦に取り組める環境が整っていると感じています。この挑戦の実現には、研究職や事務系職種などの様々な方との協力が不可欠であり、自ら主体となって行動したいと考えています。

エントリーシート記入時に注意した点やアドバイス

研究概要については、とにかくわかりやすさを重視しました。研究を知らない人に読んでもらい、わからないところを書き直していきました。

筆記・WEBテスト

テストの種類 受験場所 詳細
SPI 自宅 -
WEBテスト・筆記試験でおすすめの解答テクニック

言語は、問題を見てから解いてました。

効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

練習問題を解きまくりました。

選考を振り返って

インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

特にありません。

インターン概要

開催時期 2021年11月下旬
開催期間 2日間
開催エリア オンライン
開催場所 オンライン
このインターンで学べた業務内容 生産・製造技術
給与は発生しましたか?
はい
いいえ
昼食費は支給されましたか?
はい
いいえ
交通費は支給されましたか?
はい
いいえ
インターン内で残業はしましたか?(自主的な追加の準備工数含む)
はい
いいえ

インターンシップの内容

テーマ

Day1はケミカルプロセスエンジニアによる業務紹介、Day2はフランクな環境での座談会。

内容

1日目は、オンラインで工場見学+企業説明
2日目は、社員さんとの座談会

その場での内定や本選考での1次選考免除など、インターン参加学生だけの優遇はありそうでしたか?
はい
いいえ

参加した学生は、全員早期専攻に招待された。

この企業に対する志望度は上がりましたか?
とても上がった
上がった
変化なし
下がった
とても下がった

第一志望ではなかったため。

個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加者に社員や人事から連絡はありましたか?
はい
いいえ
一緒に取り組んだ学生のレベルはいかがでしたか?
かなり高い
高い
普通
低い
かなり低い

グループワークなどがなかったため、インターン生と話す機会がなく、分からなかった。

会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

とてもフランクで話しやすい人が多かったです。ただ、社員さん達のコミュニケーションは業務的な感想を抱きました。特に人事の人と、技術者の方はあまり仲良くはなさそうでした。いい会社ということは、伝わります。

この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

東レにおけるケミカルプロセスエンジニアの仕事のやりがいやフィールドの広さを体感できる。いかに効率よく、そして何よりも安全で、環境・防災のリスクを極小化したプロセスを設計出来るかを学べた。社員さんとの座談会では、福利厚生なども聞くことが出来た。

この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

同じ大学の人は全員インターンに通っていたので、倍率はそれほど高くないと思います。インターン倍率はそこまで高くないのに、全員に早期専攻のチャンスをもらえるので参加する価値は大いにあると思います。面接がないので、ESをしっかり描くことをお勧めします。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

特別企画【PR】


閲覧されているコンテンツ

みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
ウクライナ人道危機 緊急支援募金
楽天モバイル
ページトップへ