【理由別の例文あり】アルバイトを当日休むときの伝え方とは

 

「今日はアルバイトを休みたい」と思ったときは、すみやかに勤務先に連絡を入れる必要があります。このページでは、アルバイトを休むときの伝え方についてまとめました。いざというときに慌てなくていいように、ぜひご一読ください。

どう伝えればよい?アルバイトを当日休むときの伝え方のポイントとは

休みの連絡をする時の手段は何がいいの?

アルバイトを当日休むときは、メールやLINEなどではなく、直接職場に電話するのが基本です。これは、メールやLINEだと責任者がメッセージを見落とすリスクがあるためです。欠勤の連絡が遅れると代理のスタッフの手配も遅れやすくなり、職場によっては臨時休業を強いられる場合もあります。できるだけすみやかに、直接口頭で責任者に欠勤の連絡をとるようにしましょう。

ただし、職場によっては、欠勤時の連絡手段として電話以外の方法(グループLINEなど)を指定している場合もあるので、事前に職場のルールについて確認しておくと安心です。余裕があれば同僚に連絡をとり、「今日どうしても休みたいのでシフトを変わってもらえないか」と相談することも大切なポイント。代理のスタッフを手配できれば、自分が急に休んでしまった場合であっても、アルバイト先の業務が円滑に進みやすくなります。

休みの連絡をするべきタイミングはいつ?

欠勤の連絡をするタイミングとして適しているのは、「休む」と決めた直後がベストです。加えて、店舗の始業時間前に連絡することが大切といえます。できるだけ早く職場に連絡をすることで、せめてもの誠意を伝えることができますし、職場にかけてしまう迷惑も最小限におさえやすくなります。

また、欠勤の連絡の最後に「ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします」というように、一言謝罪の言葉を添えることも大切です。加えて、次回の出勤時には、迷惑をかけてしまった同僚や上司に「先日は申し訳ありませんでした。今後このようなことがないように気をつけます」と謝罪することもポイント。出勤してすぐのタイミングを狙って、早めに挨拶をすませましょう。

▽豊富な条件からあなたにぴったりのアルバイトを探せる!
バイト・アルバイト・パートの求人情報【楽天ジョブサーチ】

f:id:hito-contents:20180713093955j:plain出典:fotolia

アルバイトを当日休むときの理由で使えそうなものとは?

アルバイトをシフトの当日に休むときは、当然ながら欠勤の理由が必要となります。

よくある理由としてあげられるのは、「本人の体調不良」です。普段ほとんど休まないような人であれば「お大事に。ゆっくり休んでください」とねぎらわれることも多いので、感謝と謝罪の気持ちを伝えるようにしましょう。

また、次によくある理由としてあげられるのが「家族の用事」です。家族の通院への付き添いや、親族の急な逝去などが具体例としてあげられます。事実を詳細に伝え、休む期間がわかる場合はその旨もしっかりと言いましょう。

なお、欠勤の理由が「サボりたい」「友達と遊びたい」「寝坊したからもうこのまま休みたい」という自分本位な理由だった場合についてですが、正直に話すのはNGです。ストレートに「サボりたい」といってしまった場合、欠勤の許可が下りない可能性が高いばかりでなく、今後の雇用の継続にも支障が出ることもあります。本音では「今日はただなんとなくバイトしたくないだけ」「友達と遊びたいから」と思っている場合であっても、体調不良などの方便を使うようにしましょう。もちろん、体調不良という理由も使いすぎると仮病を疑われるので、あくまで慎重に。

また、「家庭の用事」を方便に使った場合、その理由は頻繁には使えないほか、アルバイト先から「嘘かもしれない」と疑われてしまうリスクもあります。特に親族とアルバイト先が懇意にしている場合は、嘘をつくとすぐにバレてしまう可能性大。もともと欠勤の理由を偽るのは厳禁ですが、どうしても嘘をつかなければならない場合は、欠勤の理由にする内容は慎重に選ぶようにしましょう。

もし頻繁に休みたくなる時期が続いた場合は、アルバイトという行為に対して精神的な負担がかかっている可能性も高いので、一度思い切って退職し、心身を休めることも大切といえるでしょう。

アルバイトを当日休む場合の理由別例文

では最後に、アルバイトを当日休む場合の例文をご紹介します。
先に述べたとおり、欠勤の連絡をする際の基本は、電話で直接、責任者(店長やバイトリーダーなど)に話すことです。まずは勤務先に電話をかけて、「おはようございます、アルバイトの○○(名前)です。××さんはいらっしゃいますか」と、欠勤を伝えるべき責任者を出してもらいましょう。責任者と電話が繋がったら、欠勤の理由を述べます。理由別に例文をまとめましたので、参考にしてみてください。

【自分の体調不良の場合】

「お忙しいところすみません。昨夜から熱が出てしまい、今朝になっても下がらないので病院に行きたいと思っています。大変申し訳ないのですが、本日は休ませていただけないでしょうか」

■伝え方のポイント
「体調が悪い」という事実と、「病院に行く」という対処法をあわせて伝えることです。ただ「体調が悪いです」というだけでなく、「明日からは働けるように対処するつもりだ」という姿勢を見せましょう。

この際、すでに他のスタッフに代理を頼んでいる場合は、「○○さんに連絡したところ、私の代わりに出勤してもらえることになりました」と報告を加えます。また自分が今日までにやるべき仕事が残っている場合は、該当する仕事の引き継ぎをするか、「承っている仕事の一部がまだできていないのですが」と、正直に責任者に報告するようにしましょう。他のスタッフの手が空いていれば、対処してもらえるかもしれません。

【家族の用事の場合】

「母親の体調が急に悪くなってしまったので、通院に連れて行きたいと思っています。病院が遠方のため、今日のシフトの時間には間に合わないと思うので、大変申し訳ないのですが本日は休ませていただけないでしょうか。明日以降は姉が母に付き添う予定なので、いつもどおり出勤できると思います」

■伝え方のポイント
「母親の通院に付き添いたい」という事実と、「今日だけで済む用事である」というポイントをあわせて伝えることがポイントです。家庭の事情で休む場合、アルバイト先は今後もあなたが長期的に休まざるをえないのかどうかを気にします。今わかる範囲でかまわないので、今後の予定についても説明するようにしましょう。

【大学の用事が入った場合】

「本当にお恥ずかしい話なのですが、今日追試があるのを忘れていました。追試を受けないと進級できないので、申し訳ありませんが今日はアルバイトを休ませてもらってもいいでしょうか」

■伝える際の注意点
緊急性のある大学の用事であれば、アルバイトの欠勤の理由にも使えます。ただし、大学の用事の多くは事前に告知があるものがほとんどです。当日休む理由に使うと「ぎりぎりまで忘れているなんてだらしない人だ」と思われてしまうリスクがあることは覚悟しておきましょう。

アルバイトを当日休むときは申し訳ないという気持ちを添えて電話で深刻に理由を伝えることが大切

アルバイトを当日急に休んでしまうと、当然ながら勤務先に迷惑がかかります。欠勤の連絡をする際は「本当に申し訳ない」という気持ちをこめて伝えるようにしましょう。もちろん、フォローしてくれた同僚たちへのお礼も忘れずに。周囲と助け合いつつ、アルバイトを続けてみてくださいね。

関連リンク

バイト・アルバイト・パートの求人情報【楽天ジョブサーチ】

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経て、ライター職へ。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しているフリーライターです。飲食店・映画制作会社・税務署・イベントホールなどでのアルバイト経験あり。