【チェックポイント別】就職活動で好印象のシャツの選び方~女性編~

リクルートスーツの下に着るシャツのことで悩んでいる就活生も多いはずです。今回は面接などで人事担当者に好印象を与えるシャツの選び方について、就活生にふさわしいシャツの選び方のポイントや疑問について女性編として紹介します。

就職活動のシャツは、自分らしさを出すよりも清潔感を重視して

就職活動の面接では、態度や表情、話す内容が一番大切であることはもちろんですが、見た目が与える第一印象もおろそかにしてはいけません。面接官に第一印象で好印象を持ってもらえれば、その後の受け答えも好意的に受け取られる確率が高まります。

そのため、就職活動での服装選びは「面接官に好印象を与える」ことを第一目標に設定しましょう。流行に添ったオシャレや自分らしさのアピールよりも、就活生らしい服装を心がけることで、自分がTPOに合わせた装いのできる、社会人としての常識を持ち合わせた人間であることを面接官に知らせることができるのです。

ファッション誌のオシャレな着こなしや、OG訪問で会った先輩の素敵なファッションを取り入れるのは入社してからのことです。まずはリクルートファッションを完璧に着こなすことが、社会人への入り口を無事通過する条件といってもいいでしょう。

f:id:hito-contents:20171114174028j:plain出典:pixta

就職活動で好印象!シャツ選びのポイント【デザイン】

就職活動で女性が着用するシャツのデザインは、主に2種類あります。

1つは、男性と同様の台エリがついたレギュラータイプ。エリの一番上までボタンをかけられるのが特徴です。スタンダードでキッチリした印象を与えるので、基本的にはどこに着て行っても間違いはありません。
着こなしのポイントは、必ず第一ボタンまできちんと留めること。首回りが窮屈な場合は第一ボタンを外して着るのではなく、シャツのサイズそのものを見直すことが必要になります。購入の際に、第一ボタンまで留めた状態で指が2本程度入るサイズを目安にしましょう。

もう1つは、最近人気のスキッパータイプ。デザイン的に第一ボタンがついておらず、胸元まで自然に開いているので首元が窮屈になりません。レギュラータイプと比較して積極的な印象を与えます。また首回りがシャープに開くので、顔回りをスッキリと見せることができます。
エリはスーツの外に出して着るのが基本です。全体に対してエリの分量が適当か、左右対称に出ているか、などを鏡の前でチェックしましょう。そしてエリへのアイロンはしっかりとかけて、スプレーのりなども必要であれば利用してシワをキッチリ伸ばしましょう。

就職活動で好印象!シャツ選びのポイント【色】

シャツ売り場には白以外にもいろんな色のシャツがあるので目うつりしますよね。特に複数枚買う場合は、白ばかりじゃつまらないかも、淡い色のシャツならいいのでは…と色つきのシャツに手が伸びそうになるかもしれません。

確かに、会社によっては淡い色のシャツならOKの場合もありますが、何か特別な理由がない限りはやはり白がおすすめです。面接官が第一印象でまずチェックするのは、その人の「常識度」と「清潔感」。白は、清潔感を示すこの上ない色です。そういう意味からも、白がベストセレクトといえるでしょう。

また、色は白でもフリルなどの飾りやストライプなどの柄入りはNGです。特にフリルは就職活動には不必要なものであり、着ている人の常識を疑われても仕方ありません。

就職活動で好印象!シャツ選びのポイント【袖丈】

就職活動で女性が着るシャツの袖は、長袖が基本です。男性と違い、ジャケットからシャツの袖口が見えない長さがビジネスにおける常識となります。
ただし、夏場に「クールビズでお越しください」などの指示があった場合は、半袖でもかまいません。もし腕の露出が気になれば、7分袖なら涼しさと落ち着きの両方が得られます。また、「クールビズで」の指定があった場合に限って、ジャケットの着用は必須ではありません。
公務員面接で指示される「クールビズでお越しください」は一般企業のそれとは意味合いが異なってくることをご存知でしょうか。一般企業の場合、クールビズという指定があっても鵜呑みにして半袖で参加する学生はほとんどいません。それは、一般企業のクールビズは建前であることが多いからです。
しかし、公務員の場合は建前ではありません。もともとクールビズは国(環境省)が地球温暖化と節電対策として取り組んでいるものです。そういった事情を考慮すれば、官公庁や役所など公務員を希望する学生は率先してクールビズを実践するべきであることが分かります。面接もぜひジャケットなしで臨みましょう。

就職活動のシャツ選びの疑問:業界別にシャツの色や種類も変えたほうがいいの?

はじめに説明しましたとおり、就職活動で着用する女性のシャツには、レギュラータイプとスキッパータイプがあります。
では、シャツのデザインは、受ける業界によって変えた方がいいのでしょうか。また、淡い色のついたシャツやノーカラーのシャツを着ても良いのでしょうか。

前述したとおり、基本的にはシンプルな白シャツならどの業界でも間違いはありません。しかし業界によって「受けのいい外見」は確かに変わってきます。その会社の雰囲気に合った装いができれば、場の雰囲気に合わせられる柔軟性のある人という好印象を与えられることもあるでしょう。

ノーマルでカッチリした印象を与えるレギュラータイプは就職活動においてオールマイティーですが、特に銀行などの金融業や官公庁、伝統のあるホテルなど、信用を大切にする業界を訪れる際におすすめです。

オープンなエリのスキッパータイプは、一般的な業界のどんな職種にもなじみますが、強いていえば営業職や販売職向きかもしれません。若い社員が多いなど社風があまり厳しくなさそうな会社であれば、ピンクや水色など淡い色つきのシャツもいいでしょう。

より女性らしい印象を与えるノーカラータイプは、主に女性の美しさを追求する美容、アパレル、ブライダル関連の企業なら許容される場合もあります。
しかし、基本的に就活はエリ付きが原則です。
一般的ではないけれど、どうしても洗練された印象を残したいという人はチャレンジしてみてもよいかもしれません。
もしもノーカラータイプのシャツを購入する際は、シャツと同様の素材でつくられたものを選ぶことです。カットソー(ニット生地を裁断・縫製した衣服)はカジュアル着なので、いくら白でも就職活動ではNGです。

就職活動のシャツ選びの疑問:女性だからこそ気をつけたいところって?

面接中などにジャケットを脱ぐことはないから…などと油断してはいけません。
どのような状況にも対応できるよう、ジャケットを脱いでもOKなように、シャツの下に着るものも気を付けたいところです。
就職活動でシャツをより清潔に着こなすためには、インナー選びに気を配りましょう。
白いシャツはよほど厚地でない限り、下に着ているものが多少は透けるものです。そのため、ブラジャーはちゃんとサイズの合ったものを着け、上から白またはベージュのキャミソールやタンクトップを着てブラジャーを覆い隠しましょう。
キャミソールはレースやリボンなどの装飾がなく、縫い目も目立たないツルンとした印象のものがおすすめです。脇に汗とりパッドがついたインナーもあるので、脇汗に悩んでいる方は選択肢のひとつとしましょう。

また、シャツは一日着たら必ず洗濯して丁寧にアイロンをかける、またはクリーニングに出して清潔を保ちましょう。シワになりにくくアイロンが楽な、イージーケア加工のシャツがおすすめです。

みんなが同じようなシャツを着るからこそ基本に忠実に!

女性が就職活動でスーツの下に着るシャツは、シンプルなエリつきの白シャツが一番清潔感があり、人事担当者に好印象を与えることができます。
就活ファッションは皆がほぼ同一であるからこそ、真っ白なシャツを格好よく着こなし、基本に忠実なスタイルで、内定に一歩近づきましょう!

関連リンク

リクルートスーツ[女子]のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
シャツ、ブラウスのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:epb0804:20170929191125j:plain

著者:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。