キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

面接で緊張しないコツを伝授!臨床発達心理士が教える緊張対策と苦手克服法

面接に苦手意識を持っていて、緊張して頭が真っ白になってしまう「あがり症」方も多いのではないでしょうか。あがり症の方に限らず、面接前はどんな学生でも必ず緊張するものです。少しでも緊張をなくして面接に臨みたいと誰もが考えることでしょう。今回は、面接時の緊張を克服する対策とその方法をご紹介します。

面接でなぜ緊張してしまうのか

まず、人間がなぜ緊張してしまうのかという原因と、そのメカニズムについてご紹介します。緊張は就活生にのみ訪れるものではなく、多くの人間が日々感じているものです。

あなたは「緊張」した時に、身体はどのような状態になりますか?多くの人は、緊張すると以下のような状態になります。

(1)汗をかく
顔だけではなく、身体にも汗をかく人は、せっかく整えてきたシャツやスーツがびしょ濡れになるほどの汗をかくことで、さらに焦りを感じるでしょう。
(2)顔や耳が赤くなる
赤面症という病気もありますが、そこまで行かなくとも客観的に見て誰もが分かるほどの赤みを帯びる人もいるでしょう。
(3)手足が震える
面接前から、面接の最中まで、震えが止まらない人もいます。不思議と面接終了後は一気におさまりやすい傾向にあります。
(4)動悸が激しくなる
鼓動が早くなって息苦しくなるという人もいます。
(5)顔が引きつる
受け答えの最中に顔が引きつって、うまく笑顔が作れなかったり、口がまわらなくなったりする人もいます。
(6)声が出ない、もしくは声がうわずる
緊張が高まると同時にいつものように声が出なかったり、声がうわずって上手に話すことができなくなったりすると言う人もいます。

このような現象が起きるのは、不安や恐怖を感じた時に発生する”ノルアドレナリン”という神経伝達物質が血液中にたくさん分泌され交感神経を刺激するからだと言われています。

交感神経が刺激されると心拍数が上がったり、体温・血圧が上がったりするために、「緊張」とよばれる精神状態にともなって上記のような現象が起こってしまうのです。

面接が苦手だと思う心理とは

面接苦手意識のある人の心理的原因と考えられるのは、以下のようなことです。

(1)完璧主義で失敗を過度に恐れている
面接に限らず、自分の人生において失敗することは許されないという強い信念を持っている人は、土壇場になって失敗を恐れ、緊張する傾向にあります。そのような人は、自分の気がつかないところで数々の失敗をしているはずですが、カウントできていないため、新しく失敗することが怖いのです。

(2)練習不足で不安のため
面接練習は大学や大学外のセミナーなどで十分に行っている人も多いと思いますが、面接練習が十分ではない人は要注意です。直前になって自分よりもたくさん練習してきた他の受験者を見て、自分の練習不足に焦り、緊張してしまうのです。

(3)人前で話すことに抵抗がある性格
人には生まれつき備わった「気質」とよばれている性格の部分があり、これは遺伝でほぼ決まっていて、生涯を通して変わりにくい傾向があります。この気質の部分が「変化に適応しにくい」人は、面接という特殊な場面において特に人前で話すことに対して抵抗を覚えやすいのです。

(4)失敗した経験が忘れられない
人前で話して失敗した経験が忘れられず、同じような場面になると緊張してしまう人がいます。たとえば、スピーチを暗記し損ねて皆に笑われた、学芸会でセリフを失念してクラスメイトにからかわれたという経験があると、その時の恥や怒りの感情を思い出して緊張してしまうのです。就活生の中で緊張を感じるのは、この理由によるものが多いのではないでしょうか。

面接で緊張をほぐすための5つの方法

面接前は、どんな学生でも必ず緊張するものです。でも、少しでもこの緊張をほぐしたいですよね。そんな時に手軽にできる緊張をほぐす対策として、以下のような方法をご紹介します。

(1)全身に力をこめた後、一気に力を抜く(筋弛緩法)
筋弛緩法は、医療の現場でもよく使われている方法で、誰もがどこでも簡単にできる方法のために、面接前の少しの時間でも実行できます。
まず、イスに座って顔、手、足に80%くらいの力を入れます。具体的には、顔は目をつぶって歯を食いしばり、手はこぶしを握り締め、足は足の指をすべて丸めるような状態です。この状態で10秒数えます(この時、息を止めて、頭の中で10をカウントします)。その後、全身に入れていたすべての力を一気に抜きます。
すると、緊張状態にあった身体の筋肉が弛緩し、身体のリラックスと同時に心理的にもリラックスできるのです。

(2)成功しているところをイメージする
妄想と違うのは、具体的にイメージするところです。たとえば、「このドアを開けたら自分はこれまでの力を十分に発揮して、よどみなくスラスラと質問に答えている」「面接官は自分の受け答えをきいて、とても興味を持ってきいてくれている」というように、この先に待ち構えている現実により近いポジティブなイメージをしてみるのです。夢のような世界は実現不可能ですが、現実的に起こり得る成功のイメージはあなたを安心させてくれるでしょう。

(3)面接官も一人のビジネスマンだと認識する
緊張している学生にとって、面接官は自分とは別世界の人間で、神様のように手が届かない人で、自分に評価を下す殿上人のように感じているかもしれません。ですが、あなたの目の前にいる面接官も一人の社会人であり、お給料をもらって面接している「仕事中」の人だととらえるのです。むしろ、「忙しい勤務の合間を縫って面接してくれるなんて、大変だなあ。お疲れ様です。」くらいの気持ちで臨めば、自分と同じ世界で生きる人間として接することができ、緊張から解放されるでしょう。

(4)音楽を聴く
別に特別なヒーリングミュージックである必要はありません。でも、ゆったりとしたクラシックや、インストゥルメンタルなどの音楽は、心理的に不安を和らげる効果をもたらしてくれます。先にもご説明した通り、不安や恐怖を感じるからノルアドレナリンが発生して緊張してしまうのです。スマホなどにあらかじめこのような音楽を入れておいて、移動時間中から聴き続けることで、緊張を和らげることが期待できます。

(5)「話をしに行く」という感覚を持つ
面接はあなたという人間を辛辣に評価するための場ではありません。面接中に緊張してしまう人に共通するのは、まるで面接で人生のすべてが決まってしまうかのように、「試験」の側面を強調して意識してしまうということです。面接はあくまでも面接官と「話をする場所」と意識すれば、会話のキャッチボールもスムーズにできて、緊張もほぐれてゆくでしょう。

f:id:hito-contents:20171005095633j:plain出典:pixta

緊張してしまった面接のリカバー方法

面接が終わって「やっぱり緊張してしまった」「もうおしまいだ」と思った時、そのままの精神状態にしておくと、次回の面接も同じことを繰り返してしまう可能性が高いでしょう。面接で緊張してしまった後は、次に繋がるようリカバーすることを考えましょう!

緊張した面接の後は、自分のミスを振り返って、自分自身を責める人が多いのではないでしょうか。この時起こりがちなのが「極端な表現」で考えることです。

たとえば「いつも面接ではまったくよい受け答えができない」「100%落ちた」「このままでは絶対に受からない」という具合です。精神的に落ち込んでいる状態の時ほど、極端な表現で自分を責めてしまいがちですが、意外とうまくいっていることもありますし、自分がそう思い込んでしまっているだけ、ということもたくさんあるのです。あなたが「100%ダメだった」と思っている受け答えの中にはよいものもあったかもしれませんし、結果が出るまでは100%とは言い切れません。また受けてもいない企業を思って絶対に受からないと言い切るのも現実的ではありません。

このような表現を自分で使っているなと気がついたら、「例外」を探しましょう。「緊張している中でもここだけは答えられた。」「緊張していたけど、面接官はここでうなずいてくれていた。」
などの「ポジティブな例外を探す」ことで、リカバーできるでしょう。

面接の後に自己反省をして次の面接に活かそう

緊張する人ほど、緊張して失敗した時のことを思い出すのが辛いため、振り返ることを怖がるでしょう。しかし、緊張した面接でも、そのメカニズムや背景、自分がすべきだった理想的な受け答えを分析しなければ、次の面接もまた同じような失敗をしてしまうかもしれません。

そうならないためにも、「自己反省ノート」をつけてみることをおすすめします。
具体的には、
(1)面接できかれたこと
(2)自分の受け答え
(3)面接官の反応
(4)どのように答えればよりよかったか

この4点について面接中の一連の流れを表などにまとめて、振り返ってみるのです。
注意しなければならないのは、自分を必要以上に責めないこと、そして客観的に自分を評価することです。
自分を卑下しすぎると、正しい反省ができず、ただ自分を追い詰めるだけの行為になってしまいます。

ノートを自分だけでつけるのが難しい場合は、キャリアセンターの職員や、親しい友人に(1)~(3)を記入したノートを見せて、そこから先は第三者の意見も取り入れることをおすすめします。

面接で緊張してしまうのは当たり前のこと

緊張自体は人間に備わった生理現象ですから、誰にでも起こって当たり前のことです。
問題は、緊張をほぐし、たとえ緊張してしまったとしても、その後に冷静になって振り返り、同じことで失敗しないことです。あなたはきっと、面接までに多くの努力をしてきて、その上で面接に臨んでいるはずです。

ご紹介してきたような対策を講じ、その努力を信じて、ほんの数十分を乗り越えましょう。

関連リンク

あがり症のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
面接アドバイスのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:epb0804:20170818151904j:plain

著者:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。