1. 就活日記トップ
  2. 電機/機械/材料
  3. 村田製作所
  4. インターン体験記
  5. 2024年卒
  6. 詳細

村田製作所のインターン体験記詳細

参加した先輩たちの口コミ・選考対策

基本情報
2024年卒|大学名非公開|男性|文理非公開
他企業でのインターン
資生堂
2022年9月上旬
オンライン
4日間

選考情報

選考フロー

ES

提出締切時期 2022年7月上旬
当社インターンシップへの応募動機およびインターンシップを通じて学びたいことについてお書きください。(200字以内)

村田製作所のインターンシップへの志望動機をサークルの運営経験でサークルの当たり前を支える事にやりがいを感じた経験を絡めて簡潔に書きました。

エントリーシート記入時に注意した点やアドバイス

文字数が少なかった為、文章を簡潔に初見でも分かりやすいように書く事を意識しました。

筆記・WEBテスト

テストの種類 受験場所 詳細
SPI 自宅 -
WEBテスト・筆記試験でおすすめの解答テクニック

WEBテストは時間制限が厳しい事がほとんどなので、分からない問題は早めに切り上げて次に移るといった工夫をする事が大事であると考えています。

効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

他の企業でWEBテストを受け、復習を行う事で量をこなしつつ知識の穴を埋めるようにしていました。

面接

参加者 面接官:1名 学生:1名
面接時間 30分
難易度 普通
雰囲気 和やか
面接で聞かれた質問事項

学生時代に力を入れたことは何ですか?,村田の事をどこで知りましたか?

逆質問の機会はありましたか?
はい
いいえ

選考を振り返って

インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

選考の中で「生産管理に向いているね」という言葉を頂けたので、入ってからどのような職種について活躍出来そうかをイメージしてもらえるかどうかが重視されていると感じました。

効果があったなと思う面接の練習方法

友人との面接練習を行う事が効果のある面接の練習方法であると感じました。面接は量をこなす事も大事なことですが、ただ闇雲に量をこなしていても効率が悪いと考えています。友人とお互いに面接を行う事で客観的な視点で自身の面接を見つめる事が出来る為、効率よく面接力を上げる事が出来ると思います。

面接指導官に言われた、または自分で編み出したおすすめの面接テクニック

オンラインでの面接は大げさにリアクションを取るのが良いと感じました。オンラインでの面接は対面と比べて自身の表情や熱意が伝わりづらい側面があると考えているので、リアクションを普段よりも大げさにすることで熱意をしめしたり他の学生と差別化をする事が出来ると感じました。

インターン概要

開催時期 2022年9月上旬
開催期間 4日間
開催エリア オンライン
開催場所 オンライン
このインターンで学べた業務内容 営業
給与は発生しましたか?
はい
いいえ
昼食費は支給されましたか?
はい
いいえ
交通費は支給されましたか?
はい
いいえ
インターン内で残業はしましたか?(自主的な追加の準備工数含む)
はい
いいえ

インターンシップの内容

テーマ

新規事業立案

内容

初日は2つのワークに取り組みました。どちらも新規事業立案に近いもので、5人程のグループに分かれて、コンデンサなどの今後について話し合いました。2日目はゲームソフトを用いてクエストクリアを狙うワークを行いました。事務系の中でも営業と企画に分かれてそれぞれやることが違いました。3日目は社員座談会のみで社員の方々のお話を聞きました。4つ日目は3つのワークを行いました。新規事業というよりは現場で起こる問題に対して如何に対応するかというものを学ぶワークを行いました。

その場での内定や本選考での1次選考免除など、インターン参加学生だけの優遇はありそうでしたか?
はい
いいえ

早期選考に呼ばれるという優遇があると聞きました。

この企業に対する志望度は上がりましたか?
とても上がった
上がった
変化なし
下がった
とても下がった

事業に見合った働き方というものが出来ていないと感じたためです。事業内容については、社会のために取り組んでいる事を学ぶことができ、そこに対する共感も出来きました。しかし、その社会貢献性の意識があまりにも強いためか、社員の人の働き方というのが若干ブラックな様に感じるなど、良い面悪い面の両面を感じたために志望度としては変化がありませんでした。。

個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加者に社員や人事から連絡はありましたか?
はい
いいえ
一緒に取り組んだ学生のレベルはいかがでしたか?
かなり高い
高い
普通
低い
かなり低い

全体的に関西の人が多いと感じました。学歴としては関西の人は関関同立以上、関東の人は早慶以上といった様な感じでした。

会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

インターンシップに参加する前はお堅い企業であると感じましたが、実際にインターンシップに参加してみると和やかで働く上で非常に魅力的な環境であると感じました。また、社員さんとの座談会などでは学生の質問に対して親身に回答してくださっており、とても良い印象を受けました。

この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

論理的な思考法についてよく学ぶことが出来たと思います。このインターンが4日間連続でなく、一か月ごとに開催されていた為、一回一回のワークはとても難しいと感じましたが、それをしっかりと反省して臨むことが出来るような仕組みになっていたのが非常に良かったです。また、村様々なワークを通して、村田製作所で働く際のイメージというものを掴むことが出来たと感じています。

この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

村田製作所がどのような事業を展開しているのかということやBtoB企業の社員の人がどのような働き方をしているのかということについての事前知識を入れておけばインターンシップをより円滑に進める事が出来るのではないかと感じました。

企業閲覧履歴

特別企画【PR】

楽天ポイントがもらえるキャンペーン

人気企業ランキング


能登半島地震被害支援募金
ページトップへ