1. 就活日記トップ
  2. 電機/機械/材料
  3. クボタ
  4. インターン体験記
  5. 2023年卒
  6. 詳細

クボタ 2023年卒 秋冬インターン体験記(事務系)_No.20235025

基本情報
2023年卒|大学名非公開|性別非公開|文系
他企業でのインターン
ENEOS,東レ
2021年12月下旬
オンライン
2日間

選考情報

選考フロー

ES

提出締切時期 2021年10月中旬
クボタのインターンシップに参加を希望する理由(400字以内)

私は、〇〇を人生の目標としています。そのため就職活動においては、インフラ業界や社会貢献を重視している企業を拝見させて頂いており、「食料・水・環境」といったダイナミクスな課題解決を試みる貴社の事業に興味を抱きました。しかし、私は東京育ちということもあり、紹介動画を閲覧したものの、事業の大枠のみしか捉えられず、具体的にどのように市場分析や営業活動をされているのかを理解することが出来ませんでした。そこでインターンに参加させて頂き、事業や製品への理解を深めることで、貴社で働くことの意義や自身に合った職種ついて学ばせて頂ければと存じます。また、仕事内容のみならず、懇談会を通じて社員の方々の雰囲気や働き方を知ることで、私自身が貴社で働く姿を想像できると考え、参加を希望しました。

学生時代に最も力を入れたこと(400字以内)

〇〇にて、リーダーとして立て直しを行ったことです。1年生の夏に私がリーダーに就任した際は、人手と資金不足に悩まされました。これを解消すべく新歓を敢行し、計4名を採用しましたが、他の活動に注力する者が多く、解決には至りませんでした。私は〇〇における時間的負担が原因であると考え、〇〇を行い、〇〇の糸口にする手法を、〇〇に変更した他、マニュアルを作成し、効率化を図りました。また、メンバー内のイベントを多数設け、地道に魅力を伝えたことで、部署内の雰囲気が良くなり、各メンバーが活動的になりました。この結果、コロナ禍においても〇〇が増え、財政難の解消に成功しました。この活動以降、チームを単に引っ張るのではなく、雰囲気や環境整備に寄与することも重要であると学び、リーダーとしてチームの底上げに努めています。

クボタの事業で、興味のあるもの、特に取り組んでみたいこと(400字以内)

貴社の事業において特に興味を持っているのは、水環境ソリューションです。私は大学において、〇〇を研究するゼミに所属しており、〇〇を論文に執筆する予定となっています。その活動の中で、感染症の歴史を調査し、日本では横浜での整備に端を発し、水道管が衛生状況の向上に大きく寄与したと学びました。この点において、貴社の水道用鉄管は、日本の水道インフラ整備に古くから使用されており、貴社の事業の社会貢献性や課題解決力に魅力を感じています。他方、新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大している中、未だに適切な水資源が確保できていない地域も多く存在していることも事実です。そのような地域の水道インフラへのニーズに対し、海外営業活動を通じて最適なソリューションを提供し、社会貢献が出来ればと考えております。

エントリーシート記入時に注意した点やアドバイス

具体的な数字を盛り込むことや海外への興味があることを伝えられるようにしました。

面接

参加者 面接官:2名 学生:1名
面接時間 30
難易度 普通
雰囲気 普通
面接で聞かれた質問事項

自己紹介,自己PR,大学の研究内容,クボタのインターンシップを志望する理由

逆質問の機会はありましたか?
はい
いいえ

水環境ソリューションにて海外駐在の機会はあるのか

選考を振り返って

インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

海外での更なる売上向上を目指している企業のため、海外志向が重視されていると感じました。

効果があったなと思う面接の練習方法

提出したESの設問に対し、自身で「なぜ」を繰り返し問き、面接の質問に備える。

面接指導官に言われた、または自分で編み出したおすすめの面接テクニック

言葉の一方通行にはせず、面接官との会話を意識すること。

インターン概要

開催時期 2021年12月下旬
開催期間 2日間
開催エリア オンライン
開催場所 オンライン
このインターンで学べた業務内容 営業
給与は発生しましたか?
はい
いいえ
昼食費は支給されましたか?
はい
いいえ
交通費は支給されましたか?
はい
いいえ
インターン内で残業はしましたか?(自主的な追加の準備工数含む)
はい
いいえ

インターン時間内ではグループワークが消化しきれず、2時間ほど残業してプレゼンの準備を行った。

インターンシップの内容

テーマ

トラクタを用いた海外新事業戦略の立案

内容

一日目は会社概要の説明の後、グループワークを中心に行った。二日目はワークの発表を行い、その後フィードバックや社員との懇親会、工場見学があった。

その場での内定や本選考での1次選考免除など、インターン参加学生だけの優遇はありそうでしたか?
はい
いいえ
この企業に対する志望度は上がりましたか?
とても上がった
上がった
変化なし
下がった
とても下がった

比較的若いうちから海外駐在や出張に行く機会があり、日本で仕事をしていてもグローバルに働ける環境があると分かったから。

個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加者に社員や人事から連絡はありましたか?
はい
いいえ

個別面談の案内が複数回届きました。

一緒に取り組んだ学生のレベルはいかがでしたか?
かなり高い
高い
普通
低い
かなり低い

グループワークでの議論が活発に行われ、良い発表が出来たため。

会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

硬い印象を受けたが、グループワーク中のフォローを含め、温厚な対応が多かった。インターンシップの選考や採用も東日本地区と西日本地区に分けられており、社員の配属も同様の分類であったことから、隔たりを感じることがあった。

この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

グループワークの内容は新規事業立案であったが、ワーク中のフォローや座談会を通じ、営業など他の職種に対する理解を深めることが出来た。また担当製品ごとにワークの内容が異なるが、2日間時間をかけて調べるため、1つの製品に対する理解度は非常に高くなったと感じた。

この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

インターンで丁寧な説明があるため、選考前は企業理解に時間をかけすぎなくても良いと思います。ただし、農業や水環境といった社会貢献性の高い事業になぜ興味があるのか、最低限自身の経験と紐づけておくことが必要です。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

特別企画【PR】


閲覧されているコンテンツ

みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
Green Together キャンペーン
楽天モバイル
ページトップへ