1. 就活日記トップ
  2. コンサル/シンクタンク
  3. ドリームインキュベータ
  4. インターン体験記
  5. 2023年卒
  6. 詳細

ドリームインキュベータ 2023年卒 夏インターン体験記(ビジネスプロデューサー)_No.20234599

基本情報
2023年卒|大学名非公開|性別非公開|文理非公開
2021年8月中旬
オンライン
3日間
有給
昼食支給あり

選考情報

選考フロー

ES

提出締切時期 2021年6月中旬
問1:人生で“もっとも本気で”取り組んだ活動とその詳細を教えてください(学業以外)/100文字以内*

私が最も本気で取り組んだ活動は〇〇事業の運営である。
アルバイト・NPO・などで様々な活動を行い、全国の学生の自己実現について考えられるような場を提供してきた。

エントリーシート記入時に注意した点やアドバイス

よほど変なことを書かなければ問題ないと思うが、文字数は少ないがしっかりとした内容を書くべきである。

筆記・WEBテスト

テストの種類 受験場所 詳細
SPI 自宅 -
WEBテスト・筆記試験でおすすめの解答テクニック

SPIは時間制限・難易度ともそこまで厳しくないため、落ち着いて解くこと。

効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

他戦略ファームと難易度は変わらないと思う。基本的には対策本を一周すれば問題ない印象。

GD

テーマ

①お題「東名高速道路・東京名古屋間の売上を最大化させるためには」②お題「住まいの賃貸というコンセプト」で新規事業を考えるとしたら、どのような形態がいいか」

内容・流れ

GD選考は合計2回あった。1,2回目とも基本的な流れは同様。
・上記お題について検討した後、個別に質疑応答が行われる(内容はケースに基づくもの。〇〇さんは今の議論の中でどの施策がいいと思った?など)。

おすすめのテクニック

・議論を確実に主導することを意識
→ドキュメンテーションを行いつつ、時間内で一定のクオリティの議論に進めることを意識した。
・他のメンバーの意見を汲み取って、議論の深化に活用することを意識
→各メンバーの発言がどの論点に対応しているのかを確実に理解し、掘るべきところを掘るという形でメリハリをつけるべき。

面接

参加者 面接官:1名 学生:1名
面接時間 1時間
難易度 難しい
雰囲気 和やか
面接で聞かれた質問事項

お題「デジタル化の煽りを受け売り上げが急落している老舗出版社の業績を短期的に復活させるには?」,・上記ケースに対し、5分ほどの思考時間及び発表,・「他にはどのような手段があるか?」という質問がこれでもかというほど繰り返された。,・逆質問

逆質問の機会はありましたか?
はい
いいえ

DIならではのプロジェクトについて

選考を振り返って

インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

・フィット感&コミュニケーション能力
→右の備考欄参照
・仮説構築能力
→他ファームに比べ、仮説の検証より構築能力に重きが置かれていた感はある。初日に「仮説構築のためのインプット」のために初期リサーチを丁寧に行なっていたところ、それでは遅いと指摘された。他ファームではこれで大丈夫かもしれないが、DIでは少ない情報で本質に近い仮説を構築することを意識するべきだと思う(オルタナのジョブ講座などでのインプット通りに進めると「遅い」と感じられるのかもしれない)。
・議論集約力
→上記背景ゆえ、多くの仮説が集まる。それに対して、それぞれの仮説が全体像の中でどのような位置付けで、どのような判断基準を持つとどこにいくべきかという判断にどれだけ寄与できるかが大事だと感じた。私は仮説構築で遅いとFBをもらったが、ここを一番褒められた。
・適切なプロジェクト推進
→ファシる役割の場合、班のメンバーの相性や強みを考慮し、それが最大化される形で進められるように仕切るべき。私は途中から4人メンバーを2:2に分割しワークを進めたが、これが評価されていた。確執や争いを避け、与えられたメンバーで最も良いアウトプットを出せるよう、進め方に工夫が必要。

効果があったなと思う面接の練習方法

友人とケースの壁打ちを行い、復習すること。

面接指導官に言われた、または自分で編み出したおすすめの面接テクニック

「本質に迫る力」及び「他には?に答えられる対応力」を身につけること。
面接官は面接官なりの仮説や考えを持ってケースに望んでいると思う。時間がかかってもその「仮説」に辿り着くことが前者に対応し、これができればおそらく評価は高いのではないか(その「仮説」は考えたらすぐ出てくるような内容ではないと思うので、ディスカッションで議論を深めるのが大事。

インターン概要

開催時期 2021年8月中旬
開催期間 3日間
開催エリア オンライン
開催場所 オンライン
このインターンで学べた業務内容 コンサルタント
給与は発生しましたか?
はい
いいえ

日給 20,000円

昼食費は支給されましたか?
はい
いいえ

昼食代支給

交通費は支給されましたか?
はい
いいえ
インターン内で残業はしましたか?(自主的な追加の準備工数含む)
はい
いいえ

ジョブ選考ということもあり、各班自主的に残業をおこなった。

インターンシップの内容

テーマ

某商社に対し、食品廃棄物を利用して長期的に1000億円規模の売上ポテンシャルがある新規事業の提案

内容

1日目
午前中:オリエンテーション・会社説明会・座談会
13:00-19:00:ワーク
16:30-18:30:適宜個人FB
2日目
9:00-19:00:ワーク
14:00-16:30:適宜個人FBor中間報告(班による。自班は中間報告)
19:00頃:アンオフィシャルではあったが、自班以外の方を踏まえた報告会のようなディスカッションを実施した。
3日目
9:00-15:30:ワーク
15:30-18:00:発表・総括
以降:班ごとにFB・座談会

その場での内定や本選考での1次選考免除など、インターン参加学生だけの優遇はありそうでしたか?
はい
いいえ

本ジョブを通過すると、本選考面接に参加することができる。

この企業に対する志望度は上がりましたか?
とても上がった
上がった
変化なし
下がった
とても下がった

思っていた以上に、とにかく優秀な社員だらけであった。中にはGS・BCG等を蹴ってまで入社する社員もおり、それほど優秀な方にも選ばれるほどの魅力があるのだと認識した(他方で、それほど優秀な社員の方に囲まれてやっていけるのかという不安は出てくるが)。
会社説明や座談会などでDIらしさは度々強調されており、個々人にあったキャリアパスが描けるものと理解できた。
お題も他者にはなかなかないテーマであり、いかに社会課題の解決とビジネスポテンシャルを両立させられるかという点が特徴的であった。
またメンター・フリーメンターのコミット度合いも他ファームより圧倒的に高く、終始アウトプット最大化のために尽力していただけた。個別FBの際にも忌憚なく意見を聞くことができ、参加したインターンの中でメンターに対する印象は最もよかった。純粋にメンターのような方々と働きたいという気持ちになれた。

個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加者に社員や人事から連絡はありましたか?
はい
いいえ
一緒に取り組んだ学生のレベルはいかがでしたか?
かなり高い
高い
普通
低い
かなり低い

他戦略ファームや投資銀行のジョブ経験者が多く、「慣れた」方々が多かったと感じたため。

会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

1班にメンター一人が付く。
業務の傍らではあるが、できるだけzoomに入って議論を聞いていてくれる。質問や壁打ち等が行いたければ、適宜お願いする形。
基本は聞いているだけであるが、あまりに議論が紛糾すると積極的に話に入ってきてくれる。
メンターではないがインターンに参加し中間報告の壁打ちをしてくれるフリーの社員が複数おり、適宜議論に加わってくれる。

この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

DIという会社が何をやっていて、コンサルティング業界の中でどのような立ち位置を狙っているのかがわかる。戦略コンサルにとどまらず、インキュベーション事業や投資をおこなっているところは大きな特徴であり、それらに実際関わった社員の皆様から直接業務の詳細についてお話をお伺いできた。

この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

業績や株価などで総合コンサルと比較されがちなDIだが、非常に魅力的な会社だと思う。社員の方は他のファームを見てきた中でも圧倒的に優秀だと感じた。またインキュベーションやVC業務ができるなど、コンサルに留まらない自由度の高いキャリア形成が可能だと感じる。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

特別企画【PR】


閲覧されているコンテンツ

みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
Green Together キャンペーン
楽天モバイル
ページトップへ