就活日記 > 2018年卒就活スケジュール

就活日記トップ > 2018年卒就活スケジュール

2018年卒 就活スケジュール

就職活動スケジュールは、毎年必ずしも同じではありません。昨年(2017年卒)より、日本経済団体連合会(経団連)は説明会解禁を3月に、面接などの選考開始を6月に決定しましたが、6月から選考開始という制約があるのは倫理憲章賛同企業のみなので要注意。
スケジュールの変更に惑わされずに計画的に就職活動を進めるための注意点をまとめたので、活動の参考にしてください。

2018年卒の就活スケジュール

2018年卒の就活スケジュール
  • インターンシップ期
  • エントリー期
  • 選考期

インターンシップ期(~2月)

昨年より選考開始時期が前倒しされたことより、選考前の準備期間が短くなりました。3月以降は説明会や選考で多忙になるため、2月末までの期間に幅広い業界を研究し、興味のある企業を数多くピックアップしておきたいところ。
また、この時期に開催されるインターンシップや合同説明会は直接選考につながる情報を得られる可能性があるうえ、積極的に参加することで「就活に慣れる」ことができるのもメリットのひとつ。秋冬にもインターンシップを開催する企業が多くあるので、夏に参加できなかった人は参加を検討したほうが良いでしょう。

  • 業界・企業研究などの情報収集をしておく
  • インターンシップや合同企業説明会に参加し就活に慣れる

先輩の志望動機が企業研究に役立ちます

みん就には実際に内定した先輩の志望動機が多数掲載されています。

「三菱UFJ銀行2016年卒内定者の志望動機特選」

就職活動の軸を「自分の成長を通して、他者の成長に貢献できる仕事」であると考えていたため、銀行業界・コンサルティング業界などを受けていた。どの業界でもこのような要素はあるかもしれないが、様々な業界の中でも経営に関わる業界に行きたいと考えていた。なぜなら、自分の成長を通して、より大きな影響を与える事ができると考えたからである。
銀行業界・コンサルティング業界の中で銀行業界を志望した理由は「企業の成長に貢献でき、お客様企業に対して責任を負っているから」である。コンサルティング業界は手数料だけで儲ける仕組みだが、銀行は融資を行い、その融資に対して責任を負う仕組みであるため魅力的に感じた。
また、銀行業界の中でも三菱東京UFJ銀行を志望した理由は二つある。一つ目は、説明会に何度か参加したり選考を行ったりしていく中で一緒に働きたいと感じる人が多かったからである。これはある意味感覚的なもので、自分の性格に似ている人が多かったり、自分が目標にしたいと思える人が多かったから一緒に働きたいと感じたのだと思う。二つ目は、日本で1位の銀行であるため、そこに入行してくる人は意識の高い人たちだと考えたからである。今までの経験上、一緒に働く人は大切だと感じたため意識の高い人たちと一緒に仕事をしたいと感じた。確かに、全員意識が高いとは限らないし、他のメガバンクの人たちも意識が高いかもしれないが、日本で最も大きな銀行にはより意識が高い人たちが入ってくる可能性が他の銀行よりも高いと考えた。

エントリー期(3月~)

3月1日より、ナビサイトがエントリー受付を開始します。そして同時に合同企業説明会や単独企業説明会のラッシュになります。
おそらく一番集中するのは3月前半と春休み。選考が進むと多忙になるので、エントリーシート提出や試験に向けて、準備を進めましょう。

選考・面接対策に。面接内容や先輩からのアドバイス掲載あり。

選考期(3月~、6月~)

6月から選考開始という経団連による発表がありましたが、注意したいのは、6月から選考開始という制約があるのは倫理憲章賛同企業のみであること。
採用をする企業が1万社前後あるのに対し、倫理憲章賛同企業は900社前後。それ以外の企業であれば、6月以前に選考を実施し、内定を出す企業も多数存在するので、志望企業の採用スケジュールはこまめにチェックして、気づいたら終わっていたということがないよう十分に注意しましょう。

6月以前に選考を行う企業群のうち、選考時期が最も早いのは外資系・マスコミ。選考のスタート時期が3年生(修士1年生)の秋から翌年3月にかけて選考が行われます。経団連非加盟企業も3月1日、ナビサイトでのエントリー開始後に選考活動をスタートする企業が多数存在します。また、最近では通年採用など独自の採用スケジュールに沿って選考を行う企業もありますので、各企業のwebサイトなどでこまめにチェックする必要があります。

  • 6月選考開始の制約があるのは倫理憲章賛同企業のみ
  • 志望企業の採用スケジュールはこまめにチェックしよう