キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

【23卒向け】IT業界就職人気企業ランキング ランクイン企業にインタビュー 株式会社トヨタシステムズ

楽天みん就『2022年卒 IT業界新卒就職人気企業ランキング』分類別ランキングで株式会社トヨタシステムズは、ユーザー系(製造系)で1位(※1)に見事ランクイン。2019年1月に3社が統合して新会社が設立された経緯や同社の強みなどについて、インタビューしました。

株式会社トヨタシステムズ
人事部 人材開発G GM
嶋田 修也さん

人事部 人材開発G
小林 和佳奈さん

100年に一度の変革期を乗り越えるために

ートヨタシステムズが設立された背景について教えてください。

嶋田さん
今、自動車業界は100年に一度と呼ばれている大変革期に直面しており、CASE(※)への対応に力をいれています。これらの組み合わせにより、単にクルマをつくって売るのではなく、移動を含むサービス全体をお客様に提供する、“モビリティ”という新たな考え方が注目を集めています。
トヨタ自動車を親会社とするIT企業3社が合併し誕生したトヨタシステムズは、こうした変革期を乗り越える為に、トヨタ自動車およびトヨタグループをITの力で生産性を高め、グループ全体としての競争力を高める為に設立されました。

(※)CASE…Connected(つながる)、Autonomous(自動運転)、Sharing(シェアリングサービス)、Electric(電動化)の頭文字を繋いだ造語

小林さん
3社はいずれも基幹系システム、ITインフラ、CAD/CAMなど別々のIT分野でビジネスを行っていましたが、親会社が同じだったということもあり、スムーズに企業文化が融合しつつあると感じています。

嶋田さん
新型コロナウイルス感染症拡大のなかですが、当社の業績としては、ありがたいことに売り上げを伸ばしています。今後はビジネスそのものの変革に向けたDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進していくために、従来よりもさらにスピード感のある対応を求められていると実感しています。

ー2020年はインターンシップをオンライン開催に切り替えたんですよね。

嶋田さん
緊急事態宣言が出た2020年4月、すぐにインターンシップ、新卒採用の説明会、選考にいたるすべてのプロセスをオンラインに切り替えました。インターネット環境によっては、お互いに細かな表情を読み取ることが難しい場合もありますが、それ以外、特に大きな問題は生じていません。しかし学生の皆さんの立場からすると、会社の雰囲気がつかみづらいところがあるのではないかと懸念しています。

小林さん
できる限り、学生の皆さんに寄り添い、情報提供をしようとあらゆる取組みを進めてきました。インターンシップは、オンラインに切り替えたことで、遠方に住む学生の皆さんが参加しやすくなり、日本全国から参加いただけたことは良かったです。

ビジネスの疑似体験ができると好評。

ーインターンシップはどんなプログラムがあるのでしょうか。

小林さん
当社では1日体験型プログラム、3日体験型プログラムの2つをご用意しています。
前年度はおかげ様でたくさんの学生の皆さんからご応募いただきましたが、前者には1,000名以上、後者には夏と冬の2期に分けてそれぞれ80~90名ずつ、計180名(※2)の学生に参加いただきました。
前年度、当社のインターンシップに参加した先輩のクチコミから興味を持って参加してくれた学生の方がいたことも印象的でした。

嶋田さん
22卒の皆さん向けには、新たにファイナンス事業とインフラ事業の2つのコンテンツを追加しました。当社の事業領域を網羅するのと同時に、多様な人材、志向を持った学生の皆さんにとってより充実したインターンシップのラインナップとなりました。
1日の体験型プログラムのコンテンツでは「業界を知る」をテーマとし、IT業界や自動車業界、業界の構造、それに実際、エンジニアと呼ばれる人たちの仕事内容についてご紹介。コンテンツでは、ビジネスゲームを実施。参加いただいた方には、システムエンジニア(SE)になっていただき、お客様の要望を聞きながら、システム開発にチャレンジしていただきます。

小林さん
3日体験型プログラムでは、「エンジニアリング系×インフラ系」「コーポレート系×ファイナンス系」という2つのコースから選べる形にしました。
「エンジニアリング系×インフラ系」では、トヨタの車両開発やITインフラをどう支えているのかを学べます。また「コーポレート系×ファイナンス系」では、世界で行われている自動車の生産、金融サービスについて学べる内容です。中には「トヨタが在庫を持たない理由」についてディスカッションしていただく機会もあります。ちなみに最終日には、エンジニアの先輩社員たちとの座談会の機会をつくり、仕事のリアルな部分を共有することで、働くことを多面的に捉えていただけるような仕掛けを施しています。

ー実際、学生の皆さんの志望理由とインターンシップに関係はありますか。

嶋田さん
参加者の皆さんには、トヨタグループならではのグローバル規模でのスケール感ある仕事を見ていただき、事業への興味を高めていただいているようです。実際に入社された方たちに決め手をお伺いしますと、「事業内容」や「トヨタグループに貢献できる」「社員の人柄」というのが上位にあがってくるので、リクルーターの先輩社員との交流などを通じて、当社を知るいい機会になっているのではないかと推察しています。

小林さん
インターンシップ実施後、参加者の皆さんにアンケート記入をお願いしているのですが、「社員の皆さんのサポートが手厚かったので満足した」というような声をたくさんいただけています。インターンシップが当社社員の人柄を知ってもらえるいい機会になっているのではないかと思います。

嶋田さん
Webコンテンツを拡充し、社員インタビューサイトを立ち上げたのですが、その内容を読んでどんな仕事をしているのか興味を持ち、自身の将来について重ね合わせて考える機会ができたのも参加者が増えた要因の一つではないかと思います。ちなみに23卒向けの皆さんには、東京本社にあるドライビングシミュレーターを使ったインターンシップも検討しています。

トヨタグループをITで支える会社で人材育成にも熱心。

ー仕事の魅力編ランキングでは、「社会に役立つ仕事ができそう」という項目で9位(※3)にランクインしています。その背景をどうお考えでしょうか。

嶋田さん
当社はトヨタ自動車とタッグを組んで、世界で使われるシステムを作ることができ、企画・要件定義などの上流工程から関わることができます。お客様からいただいた要望をもとにシステムづくりをするのではなく、お客様とともに課題を考えて解決していくという立ち位置であること、これらを学生の皆さんにはインターシップを通じてご理解いただいているのではないかと思います。

ー雇用の魅力編ランキングでは、「教育研修に熱心そう」という項目でも9位(※4)にランクインしています。その背景をどうお考えでしょうか。

嶋田さん
職場先輩制度があり、メンターとなる先輩社員が新卒者をフォローする体制を整えています。1年後には、問題解決の研修があり、研修の最後に行われるプレゼンテーションをサポートするところでひと区切りがつきます。ですが、その後も相談できる間柄を保っていることが多いです。実は、インターンシップにおいても職場先輩制度ではないですが、参加いただいた学生の方で、希望者にはリクルーターの担当者を一人つける取組みをしており、手厚くサポートするようにしています。
また、入社1年目には、トヨタが誇る「トヨタ生産方式」はもちろん、カイゼンマインド(常に課題を顕在化させ、改善していく姿勢)が学べますし、その後も階層別研修などもあり、人材育成には力を入れています。

ー最後に学生の皆さんにメッセージをお願いします。

嶋田さん
就職活動をするうえで健康が何よりも大事です。体調管理をしっかりとしながら、息切れしないようにがんばってください。一方でインターンシップは、興味を持った会社を訪れる千載一遇のチャンスですので、ぜひ楽しみながらチャレンジしてください。

小林さん
私は入社2年目で、学生の皆さんに寄り添いながらサポートしていきたいと考えています。インターンシップのような機会や私たち人事はもちろん、リクルーターの先輩社員たちをうまく活用していただき、納得のいく就職活動につなげていただければと思います。皆さんの未来を心から応援しています!

 

※1:分類別ランキング:
https://www.nikki.ne.jp/event/2021051301/

※3:仕事の魅力編ランキング:
https://www.nikki.ne.jp/event/2021051303/

※4:雇用の魅力編:
https://www.nikki.ne.jp/event/2021051306/

調査期間・調査方法(※1)(※3)(※4)共通:
2022年卒業予定のみん就会員学生に対し、2020年9月16日~2021年3月26日に行った「楽天みん就」上でのWebアンケートおよび、楽天みん就主催のオンラインイベント「みん就LIVE」「IT Job Festa LIVE」でのWebアンケートでの結果に基づきます。

 

※2:2020年に行ったインターンシップの合計人数
https://www.toyotasystems.com/recruit/internship/

採用サイトはこちら

https://www.toyotasystems.com/recruit/

関連リンク

2022年卒対象IT業界新卒就職人気企業ランキング結果(楽天みん就)
https://www.nikki.ne.jp/event/20210513/

今回インタビューを受けてくださった方

嶋田 修也さん

嶋田 修也さん

株式会社トヨタシステムズ
人事部 人材開発G GM

小林 和佳奈さん

小林 和佳奈さん

株式会社トヨタシステムズ
人事部 人材開発G

f:id:hito-contents:20210617104922p:plain