キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

インフルエンサー採用!?SNSのフォロワー数が就活の自己PRに!

SNSの普及に伴い、個人の発信力に注目が集まるようになりましたが、その影響は採用選考にも及んでいます。ここでは、新たな採用枠であるインフルエンサー採用やSNSのフォロワー数を自己PRにつなげるコツをご紹介します。

そもそも「インフルエンサー採用」って何?

インフルエンサーとは

インフルエンサー(influencer)とは「影響力」や「感化」という意味を持つ「influence」を語源とし、「多くの人に影響を及ぼす情報発信者」という意味で使われています。要するに、インターネット上で情報拡散能力がある人のことです。SNSが浸透して多くのフォロワーを持つ人が登場したことで、そのような人たちの影響力を活用して企業が宣伝等を行うようになり注目が集まるようになりました。

インフルエンサー採用とは

インフルエンサー採用とは、インターネット上で情報拡散能力がある人を優遇する採用枠のこと。時代のニーズから誕生した新しい採用手法といえるでしょう。一定数以上のフォロワー数を持つ人を対象に、すでに導入している企業もあります。もちろん、投稿内容も審査の対象です。応募条件をクリアしていれば、ES提出が免除されたり最終面接から選考を始めたりする企業もあります。

f:id:epb0804:20200317134743j:plain

出典:写真AC

インフルエンサー採用のメリット

2017年以降に始まったインフルエンサー採用ですが、そもそも企業はなぜ始めたのでしょうか?ここでは、企業にとってのメリットにとどまらず、学生にとってのメリットもご紹介します。

企業のメリット

・企業PRにつながる
「インフルエンサー採用」を導入していること自体に話題性があるため、企業のブランディングやPRにつながります。社名を出して取り上げられれば先駆的な企業という印象を世間に広めることができるでしょう。

・消費者目線の発信ができる
インフルエンサーは一人の消費者として、個人で情報を発信しています。その消費者としての目線を活かしつつ情報発信ができるため、企業にとっては価値のある存在といえるでしょう。

・インフルエンサーの「SNSマーケティング術」を取り入れられる
インフルエンサーになっているということは、すでに「SNSマーケティング術」を知っているということ。そのノウハウを企業内に取り入れられることは大きなメリットです。

・インスタ映えする写真撮影のノウハウを学べる
「インスタ映え」という言葉はすでに世間に浸透していますが、注目を集める写真撮影や現代ウケする表現センスなどのノウハウも、企業にとっては貴重でしょう。

・メンタル的に強い人材
多くのフォロワーを持つということは、裏を返せば多くの反対意見や批判を受けているということ。それらの意見に屈することなく情報発信を続けられるのはメンタル的に強く、他者の意見に耳を傾けられる場合が多いため、そのような人材を入社させることはメリットになるでしょう。

学生のメリット

・発信力や影響力を武器に就活が進められる
インフルエンサーとしての「発信力」や「影響力」は、就活においてアピールポイントになるでしょう。ほかの学生ではできないアピールも可能となるので差別化でき、就活を有利に進められます。

・「インフルエンサー手当て」がもらえる
入社後に「インフルエンサー手当て」を支給する企業もあります。金額は企業により異なりますが、手当てとして5万円支給する企業もあるほど。自分の発信力や影響力が認められるのは嬉しいことですね。

・選択肢が広がる
インフルエンサー採用を導入している企業はありますが、その数はあまり多くありません。自分が志望していた業界でインフルエンサー採用がなくても、ほかの業界でインフルエンサー採用に出会うこともあるため、選択肢が広がる可能性があります。

SNSのフォロワー数で企業は何を評価するのか

SNSのフォロワー数やチャンネル登録数で、企業は何を評価しているのでしょうか?また、どれくらいのフォロワー数が必要なのでしょう?

評価する点

・メディア運営能力の高さ
・ニーズを把握する能力
・コミュニケーション能力
・表現力
・引きつける力
・情報収集力

企業がインフルエンサーを評価する際、インフルエンサーを雇い入れることで「どれだけメリットを享受できるのか」という点も重視するでしょう。

必要なフォロワー数

インフルエンサー採用の対象となるフォロワー数は企業によりさまざまです。例えば、必要フォロワー数を「1,500人以上」とする企業もあれば、「10,000人以上」とする企業もあります。また、「Instagramのフォロワー○○人以上」「Twitterのフォロワー○○人以上」というように、具体的にSNSが指定されるケースも見受けられます。どちらにしても、数千人単位のフォロワーが必要となるでしょう。

ただし、フォロワー数が条件を満たしているだけでは評価されない可能性もあります。なぜなら、投稿内容がネガティブな印象を与えたり、インフルエンサーが影響を及ぼすコミュニティーが企業のターゲットと一致していなかったりすれば、企業にとってのメリットがないからです。どんな層に影響を及ぼしているのかは重要な要素になるでしょう。

インフルエンサー採用を導入していない企業でも自己PRに!

フォロワー数の多さだけではインフルエンサー採用で評価されないとはいえ、インフルエンサー採用を導入していない企業なら、アピールの仕方次第で自己PRに取り入れることが可能です。

SNSのフォロワー数やチャンネル登録数を自己PRに取り入れるには

ただ単に「フォロワー数が多いです」と表現しても、採用担当者には伝わりません。どのように表現すれば効果的になるのでしょうか。フォロワー数が多い人の特徴を以下に示しますので、自己PRにうまく使ってみてください。

・フォロワー数が多い ⇒影響力がある、批判を恐れずチャレンジできる、トライ・アンド・エラーを繰り返すことができる、リーダー的存在
・リプライ、リツイート、いいね数が多い ⇒多くの人の心を動かすことができる、コミュニケーション能力が高い
・InstagramやWEARのフォロワー数が多い ⇒ファッションに関する感度が高いうえ、支持もされている
・バズらせ方を知っている ⇒戦略的に情報発信できる、時流に合ったプロモーション方法を心得ている

フォロワー数での自己PRは業界や企業による

フォロワー数の多さを評価しない企業も

前項では、インフルエンサー採用を導入していない企業で、フォロワー数の多さを自己PRに取り入れることが可能だとご紹介しましたが、すべての企業で評価されるわけではありません。インフルエンサー採用を導入していない企業の中には、フォロワー数やチャンネル登録数の多さを評価しない採用担当者もいます。発信力や影響力を認めつつも、「採用とは無関係」と断言する採用担当者もいるほどです。

採用のプラス要因にならない理由

・SNSは現実の仕事とは関係がない
・SNSは架空の世界、本当の人格とは限らない
・SNSの人気者が優れているという保証はない
・フォロワーが多くても人脈になるわけではない
・自己満足に過ぎない
・自分は支持されていると傲慢になるため信用できない

上記のように、フォロワー数の多さがマイナス要因になることもあるので注意が必要です。志望業界や企業の特性を十分に理解し、自己PRに取り入れるかどうかを検討しましょう。

インフルエンサー採用を導入している企業

最後に、実際にインフルエンサー採用を導入している企業をご紹介します。

OWNDAYS株式会社

メガネ等の販売を手がける企業。国内外にチェーン店を展開しています。
【応募条件と特徴】
・SNSのフォロワー数10,000人以上
・投稿内容確認
・選考フロー大幅カットで、優先的に最終面接へ

参考:
インフルエンサー採用|OWNDAYS RECRUIT
https://www.odsaiyou.com/influencer/

株式会社TOKYO BASE

日本発を世界に発信するファッションカンパニー。セレクトショップ、オリジナル商品等の小売が主な事業です。
【応募条件と特徴】
・Instagramフォロワー5,000人以上またはWEARフォロワー5,000人以上
・ES選考・一次面接を免除、直接二次面接へ

参考:
【2020新卒向け】インフルエンサー採用開始!! | TOKYO BASE RECRUIT
https://recruit.tokyobase.co.jp/news/jinji/20190621/

株式会社CyberBuzz

ソーシャルメディアマーケティング事業を展開する企業。InstagramやFacebookなどのSNSアカウントの運用代行などを手がけています。
【応募条件と特徴】
・SNSについての知見や経験をプレゼン
・プレゼン資料を提出後、書類選考、プレゼン選考を経て内定へ

参考:
新卒採用2021|株式会社サイバー・バズ
https://www.cyberbuzz.co.jp/recruitcontents/newgrads/sme.html

インフルエンサー採用も視野に入れて就活の幅を広げよう!

限られた企業や職種でしかインフルエンサー採用は導入されていませんが、これまでSNSで発信してきたことがやり方次第でアピールポイントになるかもしれません。もちろん、インフルエンサー採用も視野に入れて、就活の幅を広げていきましょう。

参考

[1]インフルエンサー採用|OWNDAYS RECRUIT
[2]https://www.odsaiyou.com/influencer/
[3]2020.3.4

[1]【2020新卒向け】インフルエンサー採用開始!! | TOKYO BASE RECRUIT
[2]https://recruit.tokyobase.co.jp/news/jinji/20190621/
[3]2020.3.4

[1]新卒採用2021|株式会社サイバー・バズ
[2]https://www.cyberbuzz.co.jp/recruitcontents/newgrads/sme.html
[3]2020.3.4

 

f:id:epb0804:20170929191553p:plain

著者:reisuke

人材派遣会社で数年間コーディネーターとして従事し、その後海外へ。現在は、ライター・翻訳者・日本語教師という3つの顔を持つ。政治・経済・教育を中心に幅広いジャンルで執筆中。