身振り・手振りは面接で有効?プラスの印象を与えるコツまとめ

一生懸命に話すあまり、面接で身振りや手振りが大きくなる人がいますが、面接官にはどのような印象を与えるのでしょうか。身振りや手振りが就活の面接で有効なのかを解説するとともに、プラスの印象を与えるコツもご紹介します。

身振り・手振りが大きい人の特徴

まず、身振り・手振りが大きい人の特徴を見ていきます。自分に当てはまるかどうか確認しましょう。

自分の意思を正しく確実に伝えたい

誰もが「自分の意思を正しく確実に伝えたい」と考えますが、身振り・手振りが大きい人はその思いが強いのかもしれません。通常、伝えたいことが明確にあり、それを伝えられるだけの情報や自信がある場合、身振り・手振りをあまり必要とはしません。そうではない場合だと、「自分の意思を正しく確実に伝えたい」と言う気持ちが強いあまり、不足している知識や自信などを身振り・手振りで補おうとしてしまうのです。

感情表現が豊か

もともと感情表現が豊かな人は話すときに癖で身振り・手振りをすることが多いようです。感情表現が豊かな人は身振り・手振りのうまさを活用すれば、就活面接でもプラスの印象を与えられるでしょう。

社交的

積極的でバイタリティのある社交性も特徴のひとつ。自信に満ちたリーダー的な存在として注目されます。このタイプの人は感情表現が豊かなので、就活面接であえて身振り・手振りをしない方が無難です。なぜなら、面接官はすでに注目しているので、オーバーアクションに映ってしまうからです。

意欲的

意欲がみなぎるあまり身振り・手振りが大きくなる人です。意欲的なのは就活でプラス要因ですが、内容が伴わなければ空回りしているような印象を与えてしまうので注意が必要です。

f:id:epb0804:20200323115341j:plain

出典:写真AC

身振り・手振りのメリット

次に、就活の面接における身振り・手振りのメリットをご紹介します。

説得力が増す

身振り・手振りを用いることで、説得力が増すことがあります。話の最初から最後までずっと身振り・手振りを使えば効果は低くなりますが、ピンポイントで挟み込めば効果は抜群です。

面接官の印象に残りやすい

身振り・手振りが効果的に作用すれば、面接官の印象に残りやすくなるでしょう。特に、グループ面接時には効果的。他の学生との差別化が図れます。もちろん、やりすぎは逆効果で、悪い意味で印象に残ってしまうので注意が必要です。

自分自身の緊張をほぐせる

身振り・手振りを使うと肉体的な緊張がほぐれ、気持ち的にもリラックスできるというメリットもあります。緊張がほぐれれば、面接官とのコミュニケーションもスムーズになるでしょう。

身振り・手振りのデメリット

次いで、就活の面接における身振り・手振りのデメリットをご紹介します。身振り・手振りをマイナス要因にしないためにも、十分に把握しておきましょう。

落ち着きがない印象を与える

過度な身振り・手振りは、落ち着きがない印象を与えます。面接官によっては、せっかちな態度に不快感を示すかもしれません。特に、金融系などの堅い業界では冷静さに欠けていると判断され、マイナス要因になるでしょう。

悪い意味で印象に残る

先にも述べたように、身振り・手振りをやりすぎるのは悪い意味で面接官の印象に残る恐れがあります。悪目立ちするのは学生にとってデメリットです。

過度の身振り・手振りは話の内容が伝わらない可能性がある

学生の身振り・手振りが気になり、面接官には話の内容が印象に残らないという可能性もあるでしょう。身振り・手振りと話のバランスを取ることが大切です。

企業によっては社風に合わないと判断される

身振り・手振りを効果的に使って伝えたい内容を強調できたとしても、その内容が社風に合わなければ意味がありません。強調したいポイントを誤ると、「うちには合わない」と判断されてしまいます。事前に企業研究をしっかり行い、社風や企業理念などを確認しておきましょう。

効果的な身振り・手振りの使い方

以上の内容をふまえ、効果的な身振り・手振りの使い方をまとめました。

身振り・手振りが有効となるシーン

・アピール内容を強調したいとき
面接中に「ここは強調しておきたい」というシーンで使うと効果的です。ただし、大きな声を出したり声色を変えたりするのはNG。面接官が驚いてしまいます。身振り・手振りとともに、ゆっくり力強く話してアピールしましょう。

・規模を表したいとき
身振り・手振りの利点は、言葉では伝えづらいことを補う点です。規模を表したいときなどは、身振り・手振りを使っても自然なうえ、明確なイメージも示すことができます。大きな動きをする必要はなく、胸の前で両手を動かすほどでも十分です。

マイナス印象を与える身振り・手振り

・動作のひとつひとつが大きく早い
動作が大きく動きが早いと落ち着きがなく、慌てているように見えます。面接官によっては、大げさだと感じるかもしれません。

・ずっと身振り・手振りを続ける
話の最初から最後までずっと身振り・手振りを続ければオロオロしたように見え、効果を上げるどころかマイナス印象を与えます。

身振り・手振りの効果的な使い方のコツ

・オーバーにしない
身振り・手振りは使い方次第でプラス要因になりますが、オーバーアクションは逆効果。「偽っている」「無理をしている」と疑念を抱かれる可能性もあります。

・せわしなく動きすぎない
せわしない動きは「心理的に不安定」だと判断されるかもしれません。身振り・手振りはピンポイントで使うからこそ効果が上がるので、動きすぎに注意しましょう。

・動きは最小限に抑える
身振り・手振りを有効となるシーンで使えば効果的ですが、その際、動きは最小限に抑えましょう。大きな動きをすれば相手に伝わるわけではありません。強調したい場面で1度だけさり気なく使うと、面接官の印象に残りやすいでしょう。

大きすぎる身振り・手振りを抑えるには

普段から身振り・手振りが癖になっている人は、少し抑えることを覚えなければなりません。いくつか抑えるコツをご紹介しましょう。

大きすぎる身振り・手振りを抑えるコツ

・論理的な話し方を身につける
身振り・手振りが大きい人は、伝えたいことをうまく伝えられない傾向があるので、論理的な話し方を身につけましょう。論理的な話し方とは、「結論」⇒結論に至った「理由」⇒結論と理由をつなげる「詳細」というステップで話すこと。身振り・手振りが大きすぎる人は結論と理由をつなげる「詳細」から話し始める傾向があるので、普段から論理的に考えるようにしましょう。

・手を膝の上に置く
身振り・手振りが癖になっている人は、手を膝の上に置いたまま自然に話せるように練習しましょう。

・面接の練習を録画して確認する
手を膝の上において自然に話せているのかも確認できるのでおすすめ。周囲の人にも見てもらい、他人目線の意見をもらいながら大きすぎる身振り・手振りを抑えていきましょう。

身振り・手振りはオーバーにならないよう注意しよう!

身振り・手振りは使い方次第で好印象を与え、面接で効果を発揮します。もちろん、無理をして使う必要はありませんが、「ここぞ」というときに使ってみてもいいでしょう。大切なのは、オーバーアクションにならないようにすることです。

f:id:epb0804:20170929191553p:plain

著者:reisuke

人材派遣会社で数年間コーディネーターとして従事し、その後海外へ。現在は、ライター・翻訳者・日本語教師という3つの顔を持つ。政治・経済・教育を中心に幅広いジャンルで執筆中。