いよいよ就活解禁!3月までに準備すること&解禁後にやるべきこと

就活をスムーズに進めるためには、正念場となる3月の解禁日までに「準備すべきこと」をしっかり終わらせておくことが大切です。ここでは、就活解禁の3月までの準備期間に何をすべきかと、解禁後にやるべきことを一挙にご紹介します!

就活スケジュールを把握しよう

就活をスムーズに乗り切るためには、一般的な就活スケジュールをしっかり把握しておく必要があります。

一般的な新卒の就活スケジュール

一般的な就活スケジュールは下記の通りです。

大学3年生4月~6月:情報収集

→インターンシップに関する情報を収集。就活関連のイベントなども開催される。

大学3年生7月~翌2月:インターン参加

→サマーインターンシップや秋以降のインターンシップに参加する。

大学3年生3月1日:就活解禁

→会社説明会参加、エントリー、適性検査などが始まる。

大学4年生6月1日:選考・面接

→企業によっては就活解禁とともに選考が始まる場合もあるので要注意。面接には、グループディスカッション、1次、2次、最終など、数段階ある。リクルーター面談が挟まれる場合も。

大学4年生10月1日:内定

→内定式などが行われる。


本格的に就活が始まるのは大学3年生の3月ですが、実際には3年生の4月ごろから自己分析や業界・企業研究などを始め、6月から翌年3月の解禁日までに何らかのインターシップに参加するのが理想です。

就活は変革の時期!でも急激な変化はない?

経団連(日本経済団体連合会)の中西会長は2018年10月の定例記者会見で、「2021年卒以降の学生を対象とする採用選考に関する指針を策定しない」ことを発表しました。つまり、2021年卒から経団連の就活ルールが廃止されるということです。政府は経団連の決定を受け、2020年卒は従来の就活スケジュールと同様とし、2021年卒以降もしばらくは現行のスケジュールが維持される見通しです。しかし事実上、経団連ルールは廃止されているため、現行のスケジュールに従わない企業も出てくるかもしれません。

一方、経団連に加盟していない外資・ベンチャー・中小企業などは、これまでと同様に解禁日前からエントリーや面接などが可能です。

就活は変革の時期を迎えていますが、今後も学生が不安になるような急激な変化はないと考えられます。

 ▽プロフィール登録をしたら、あとは待つだけ。注目の【逆求人型サービス】にも登録しておこう!
楽天 みん就スカウト - プロフィール入力でスカウトメールが届く逆求人サービス

f:id:hito-contents:20200227172120j:plain出典:fotolia

就活解禁までに準備すべきこと

次いで、就活解禁となる3月までに準備すべきことを具体的にご紹介します。「やるべきこと」が明確になれば不安も軽減されるので、就活もスムーズに進められるでしょう。

自己分析

自己分析は、就活で最初に徹底的にやるべきことです。なぜなら、自分自身を知ること、つまり短所や長所、好きなこと、やりたい仕事、将来の展望などを知ることが業界選びや希望職種の絞り込みにとても役立つから。自己分析をして自分の強みが明確になれば、志望動機やES作成、面接などのアピールとしても使えます。

業界・企業研究

業界や企業研究については、自己分析をした後におこないましょう。自分のやりたいことが明確になってからのほうがスムーズに進められます。

業界・企業研究とは、さまざまな業界や企業について調べることです。これまで全く知らなかった業界についても調べてみましょう。興味や関心を抱く業界に出会ったり、視野を広げたりできるかもしれません。

志望業界の絞り込み

自己分析や業界・企業研究をすると、志望業界の絞り込みが可能になります。志望業界を絞る理由は、就活を効率的に進められるから。業界が絞り込めたら、業界内の企業も絞り込むようにしましょう。

インターンシップへの参加

インターン参加には、効率的な業界・企業研究や、入社後のイメージがしやすいなど、多くのメリットがあります。もちろん、インターンを通して体験したことが志望動機につながる場合もあるかもしれません。内定直結型のインターンもあるので、しっかり調べて参加しましょう。

OB・OG訪問

OB・OGを訪問するのは面倒だったり気後れしたりするかもしれませんが、実際に働いている人の話を聞くことは大変貴重です。その会社で活躍する人が持つ資質や社員の考え方などを知ることは、単なる情報収集にとどまらず、説得力のある志望動機を考えるうえでも役立つので、積極的におこなってみましょう。

履歴書・ESの作成

解禁日後は多忙になり、まとまった時間がとりにくくなるため、就活が解禁される前に志望動機や自己PRを準備しておきましょう。履歴書やESを作成した後は、キャリアセンターなどで添削してもらいましょう。

各種就活サービスの利用

エントリーシート無料閲覧サービス、自己分析診断ツール、就活支援サイトなど、各種就活支援サイトを利用して効率化を図りましょう。

就活に必要な物品の調達

就活に必要なリクルートスーツ、靴、かばんなどの調達だけでなく、証明写真も準備しておきましょう。

企業の一覧作成

志望がはっきりしているなら、エントリーする企業の一覧表を作りましょう。解禁日にゴーサインが出たら、スムーズに進められます。

選考の準備

筆記試験・適性検査・面接対策など、選考の準備も済ませておきたいところ。選考の初期段階で筆記試験が実施される場合もあるので、しっかり対策しておきましょう。

就活解禁後にやるべきこと

次は、就活解禁後にすべきことです。しっかり頭に入れておきましょう。

就職ポータルサイトに登録してプレエントリー

就活解禁と同時にオープンする就職ポータルサイトに登録し、興味のある企業へプレエントリー。プレエントリーすると会社説明会や選考の情報が受け取れるので、積極的にプレエントリーしましょう。

重要な3つの質問を深く追求しておく

本エントリーに向けて、就活で重要となる「自己PR」「志望動機」「学生時代に一番打ち込んだこと」という3つを再度深く追求しておきましょう。

プレエントリーした企業ごとのES作成・提出

本エントリーをするために、プレエントリーした企業ごとのESを作成して提出。ESは応募者の足切りの役目があるので、採用担当者の目にとまるESを作成できるかがポイントです。

適性検査・筆記試験の受験

ESが通過した後は、適性検査・筆記試験を受けます。解禁前に十分な対策をしておきましょう。

グループディスカッション(GD)対策

近年多く取り入れられている選考方式のグループディスカッション。どんな種類があり、どんな準備が必要なのかしっかり把握しておきましょう。また、面接官の評価ポイントやタイプ別の対策も必要です。

面接対策・面接

リクルーター面接から最終面接にたどり着くまでには、数回の面接を受けなければなりません。各面接のパターンを把握し、それぞれの対策項目を押さえておく必要があります。頻出する質問はもちろん、自分から面接官にする逆質問も考えておいた方がいいでしょう。

就活解禁後をスムーズに乗り切るには

最後に、就活解禁後をスムーズに乗り切るためのコツをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

就活解禁後をスムーズに進めるコツ

・しっかり就活スケジュールを把握する

就活解禁後をスムーズに乗り切るためには、就活全体のスケジュールをしっかり把握することが大切です。全体のスケジュールを柱に自分のスケジュールを立てていきましょう。

・解禁日前にやるべきことをやっておく

当然のことながら、解禁日前にやるべきことをやっておくことが重要。なぜなら、解禁日前にやるべきことは時間がかかり、解禁後にはそれをやる時間がとれないからです。やるべきことをやっていないと焦るだけでなく、不安や心配も増えてしまいます。

・解禁後のスケジュール管理

日々のスケジュール管理はもちろん、アクションプランを立てておくことも大切です。アクションプランとは、目的や計画を実現するために、「いつまでに」「何を」「どうするのか」を決めておくこと。そのプランに従って行動していきます。その際、「PDCA」を意識しましょう。PDCAとは、「Plan(計画)」→「Do(行動)」→「Check(評価)」→「Action(改善)」のこと。この流れを繰り返すことで、より効率的に就活を進められます。

・自分のゴールを決めておく

ゴールを設定しておけば目指す先が明確になり、就活を進めやすくなります。例えば、○月までに内定をもらう、○○業界で内定をもらうなど。

・周囲に振り回されないようにする

「友だちがやっているから自分もやらなければ…」と計画性のない行動はかえって時間と労力をムダに使います。場当たり的な行動はとらないようにしましょう。

就職活動の解禁前&解禁後にやるべきことをおさえよう

就活ではやるべきことがたくさんあるので、解禁前・解禁後に関わらず、適切な時期に「やるべきことをやっておく」ことが重要です。やるべきことをやっておけば焦りや不安、心配が軽減され、効率的に就活が進んで自ずと成功へ導かれるでしょう。

参考

[1] 出典:中西会長記者会見 (2018年10月11日 No.3380) | 週刊 経団連タイムス

[2]http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2018/1011_02.html

[3]2020.02.01

関連リンク

楽天 みん就スカウト - プロフィール入力でスカウトメールが届く逆求人サービス

f:id:epb0804:20170929191553p:plain

著者:reisuke

人材派遣会社で数年間コーディネーターとして従事し、その後海外へ。現在は、ライター・翻訳者・日本語教師という3つの顔を持つ。政治・経済・教育を中心に幅広いジャンルで執筆中。