年収はどれくらい上がる?ライオンの新卒初任給と年収推移をご紹介

企業選びにおいて、年収は気になるポイントのひとつ。初任給は就職情報に載っていても、入社数年後にどの程度年収が上がるのかは見えづらいものです。この記事ではライオンの年収予測や待遇、求められる人材について紹介していきます。

ライオンの初任給

歯ブラシ市場では国内首位、トイレタリー領域では3位を誇るライオン。近年は大人用の虫歯予防歯磨き粉など、高単価商品を中心に成長を続けています。また、解熱鎮痛薬『バファリン』などの薬品や、電気・電子用品なども展開しています。

海外事業においては、東南アジアで順調に売上・利益を拡大。反面、中国事業は売上停滞が課題となっています。全体的には、4期連続で営業利益が最高益を更新するなど好調と言えるでしょう。

参照元(2019年8月5日時点):
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4912/tdnet/1674912/00.pdf
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/profile/?code=4912.T

そんなライオンの初任給を見てみましょう。

ライオンの初任給

・学部卒 月給232,030円、予測年収358万円
・修士卒 月給250,940円、予測年収387万円
・博士卒 月給263,580円、予測年収407万円
※2019年1月時点

※月額基本給12ヵ月分、ボーナスの1/3を内訳とする
※ボーナスは月給の何ヵ月分に相当するかを算出するため、平均年収783万-ボーナス平均支給額239万=544万。544万÷12ヵ月=45.3万円を月額給与と仮定。239万÷45.3万=5.2ヵ月をボーナス支給額と仮定する(平均年収およびボーナス平均支給額は『就職四季報・総合版 2020年版』より)
※残業代、各種手当(住宅手当、通勤手当等)は計算外とする

新卒1年目の予想年収は学部卒338万円、修士卒366万円、博士卒384万円となりました。ライオンは3月、6月、12月の3回ボーナスが支給されていますが、1年目の場合、一般的には夏のボーナス査定期間内に在籍していないため、ボーナス支給は2回として算出した数字になっています。

▽ライオンに関する採用情報はこちら
ライオンの新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20191106174450j:plain出典:fotolia

ライオンの予測年収【20代】

では、入社し数年が経つと年収はどのように変化するのでしょうか。あくまで予測値とはなりますが、企業が公開しているデータをもとに、20代のモデル年収をご紹介します。

◎25歳
 ・予測月給256,399円、予測年収441万円
 ※残業代、各種手当(通勤手当等)は計算外

◎27歳
 ・予測月給271,749円、予測年収467万円
 ※残業代、各種手当(通勤手当等)は計算外

※月額給与12ヵ月分(25歳平均給与256,399円、30歳平均給与294,774円『就職四季報・総合版 2020年版』より1歳刻みの年齢別月給想定を算出)、ボーナス(ボーナス平均支給額239万『就職四季報・総合版 2020年版』より平均5.2ヵ月分支給と算出)を内訳とする

上記は基本給とボーナスを合算したものになりますので、実際はこれに加え残業手当が加算されます。

また20代後半になると、個人の能力により昇給時期は異なりますが、主任などの役職に就く人も増えてきます。上記のモデル年収は、役職の有無を問わずあくまで年齢均等割で算出した数値になりますので、もう少し年収が上がる可能性もあります。更にボーナスは会社の業績や個人の成果に応じ支給の変動幅が大きく、頑張り次第で支給が増えるでしょう。

ライオンの予測年収【30代~】

次に、中堅社員となる30代・40代の年収はどう変化するでしょうか。企業が公開しているデータより、いくつかのモデル年収をご紹介します。

◎30歳
 ・予測月給294,774円、予測年収507万円
 ※残業代、各種手当(通勤手当等)は計算外

◎35歳
 ・予測月給362,956円、予測年収624万円
 ※残業代、各種手当(通勤手当等)は計算外

◎43歳
 ・予測月給455,000円、予測年収783万円
 ※各種手当(通勤手当等)は計算外

※月額給与12ヵ月分(30歳平均給与294,774円、35歳平均給与362,956円円、43歳平均年収783万円『就職四季報・総合版 2020年版』より)、ボーナス(企業平均5.2ヵ月分『就職四季報・総合版 2020年版』より)を内訳とする

この年代になると、役職に就く社員の割合が増えています。昇給スピードの差や、ボーナスも個人の成果に応じて増減されるため、同年代でも年収の差が大きくなっていくでしょう。

概ね大卒1年目には350万円ほどだった年収が、30代を越えると500万円超になると考えられます。また、企業全体の平均年齢は43歳、平均年収は783万円となっています。

年収に換算したら侮れない、魅力的な福利厚生や制度

年収だけでは測れないのが、暮らしを左右する福利厚生です。ライオンの福利厚生や制度を一部ご紹介します。

住宅関連費:独身寮、転勤者社宅

ライオンでは、独身寮や転勤者用の借上社宅を用意しています。借上とは、企業が不動産業者と契約して借りた住居を、社員に格安で貸し出すという仕組み。個人での住宅探しや家賃の支払い・更新といった手続きもなく、また住宅費を大幅削減できます。

休暇関連制度:年次有給休暇、リフレッシュ休暇、ボランティア特別休暇、介護休業など

休暇制度の中で特徴的なのが、社会・環境貢献活動に従業員らが参画する機会を増やすことを目指して、2005年より導入されたボランティア休暇。『ライオン山梨の森』での森林整備や地元交流などの指定活動へ参加できる最大年5日のボランティア特別休暇制度や、それ以外の活動を支援するボランティア一般休暇制度があります。

このほかに、子どもが小学校1年の年度末まで1日2時間時短勤務ができる育児短時間勤務や、介護短時間勤務、さらに、家族1人につき累積して365日間取得できる介護休業や、1年間につき半日休が5日取得できる介護休暇などがあります。

その他の補助:保養所、食堂、研修センター、健康サポート室など

上記に加え、ライオンでは2015年より在宅勤務制度を導入。働く場所を限定しない柔軟な働き方や、業務の生産性向上に取り組んでいます。

年収アップのポイントは?ライオンで評価される人材像とは

歯ブラシなど口内用品やトイレタリーに加え、電気・電子部品やタイヤ用防着剤といった幅広い商品展開を行うライオン。東南アジアでの成長も目覚ましく、積極的な活動を行っています。

反面、中国事業の売上停滞や、北東アジアのマネジメント体制再構築といった問題も多く、さまざまな課題に能動的に取り組める社員が求められています。

採用ホームページでは、求める人物像について以下のように触れられています。

ENERGY
ライオンが進むベクトルに共感し、
「志」高く「情熱」を持ち自ら切り開いていく、

THINK・DECIDE・ACT
PDCAを実行できる。
考え抜き行動しやり抜くことができる、

TEAM WORK
複雑な課題をまわりを巻き込み解決することができる

 引用:
https://www.lion.co.jp/ja/company/recruit/graduate/recruit/talent/

さまざまな事業課題に対して、『果敢に挑み賢く学ぶ』チャレンジ精神、『粘り強くやりぬく』こと、『チーム・ライオン』として皆で仕事に取り組むことが求められています。このような意識をもち、成果を出せる人材が評価対象となっていくでしょう。
※『』内は上記採用ホームページ内から引用

ライオンの予測年収を企業選びの検討材料に

メーカー各社の中では、比較的若手社員の給与が高く、平均年収も783万円と高収入を期待できるライオン。独身寮や転勤者用住宅など、住宅などへのサポートも手厚いです。また、出産、介護に関係する休業・休暇制度も充実。長期的なライフプランや働きやすさを考え、企業選びをしてはいかがでしょうか。

参考

[1]IR情報 | ライオン
[2]https://www.lion.co.jp/ja/ir/library/
[3]2019.08.05

[1]ライオン(株)【4912】:企業情報・会社概要・決算情報 - Yahoo!ファイナンス
[2]https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/profile/?code=4912.T
[3]2019.08.05

[1]採用情報│ライオン
[2]https://www.lion.co.jp/ja/company/recruit/graduate/
[3]2019.08.05

[1]ボランティア休暇制度導入事例集│厚生労働省
[2]https://work-holiday.mhlw.go.jp/kyuukaseido/pdf/152.pdf
[3]2019.08.05

関連リンク

ライオンの新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191351j:plain

著者:おくいはつね

2006年より人材系企業にて、中途採用営業、営業支援、新規事業を経験。その後、東証一部上場企業などの採用コンサルティングや組織開発、研修プログラム開発、新卒採用ツール企画制作などに携わる。慶應大学などの教育機関でキャリア開発ワークショップを実施。また人材育成領域の事業立ち上げやマーケティングも行っている。