内定者研修に行く前に知っておこう!新卒内定者研修の目的と注意点

内定をもらえば多忙な就活も一段落しますが、就活はまだ続いています。なぜなら入社前に、内定者を対象とした研修を実施する企業が多いからです。ここでは、そんな内定者研修に行く前に知っておきたい目的や注意点をご紹介します。

内定者研修を行う企業側の目的とは

内定者研修は、学生が入社の意思表示をしてから入社までの期間に実施されます。学生最後の時間を有意義に過ごしたいと思う半面、社会人になる不安を抱えている人も少なくありません。そのような不安を解消することも内定者研修を行う目的のひとつです。企業側が内定者研修を行う目的をよく理解したうえで参加し、有意義な時間を過ごしましょう。

目的1:内定取り消しを防ぐ

内定研修には内定者の不安を解消して内定の取り消しを防ぐ目的があります。「本当にこの企業でいいのか」「社会人としていやっていけるのか」など入社に向けて不安を感じ、内定を辞退する学生がいるからです。時間と費用をかけて採用した人材に内定を辞退されるのは企業として避けたいところ。そのため、内定者研修という形でフォローアップしているのです。

目的2:入社後の導入研修の一環

内定者研修は、入社後の導入研修の一環として行われることがあります。学生がイメージした仕事内容と実際の内容にズレがあると学生はギャップを感じる恐れがあるので、仕事内容の理解を補いスムーズに慣れてもらうためです。

目的3:社会人としての意識づけ

入社日には社会人としてスタートしますが、誰しも学生から社会人へ変化に戸惑いを感じるものです。社会人として順応するには時間がかかりますが、その後押しをすることも内定者研修の目的のひとつ。つまり、入社前にすでに社会人としての自覚を持ってもらうためなのです。

▽入社前の研修ってどんな雰囲気?口コミで事前チェック!
内定もらって、入社前研修のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20191008110449j:plain出典:fotolia

内定者研修で行う研修の内容とは

内定者研修の内容ポイント

内定者研修の内容は、以下の3つが基本です。

(1)スキルや知識の習得

スキルや知識の習得に積極的な内定者でも、実際にどのようなスキルや知識を習得すればいいのかよく分からないのが実情です。企業として必要なスキルや知識を習得する場を提供することで、内定者の不安を解消して社会人としての自覚を持ってもらう意図があります。

(2)会社情報の提供

企業研究では得ることができない情報の提供は、入社後のイメージを明確化するのに有効です。

(3)チームワーク・連帯感の共有

内定者同士がつながる手段として、グループワークなどが行われます。仲間との連帯感が増すことで、入社後の不安を解消するのが狙いです。

内定者研修の内容

上記のポイントを踏まえたのが、一般的な研修内容です。

<内定者研修の内容>
・自己紹介
・会社概要・仕事内容の説明
・ビジネスマナー講習・パソコンスキル研修
・グループワークなど

内定後の不安解消という目的もあるため、研修といっても和やか雰囲気の企業が多く、基本的にはリラックスしたムードです。一日で終了する研修もあれば泊まり込みで行われる研修もあり、上記で示した内容の何に重点を置くのかは企業により異なります。

内定者研修に参加するメリットとは

次いで、学生が内定者研修に参加するメリットをご紹介します。しっかりとメリットを理解したうえで参加するようにしましょう。

内定者研修に参加するメリット

他の内定者と交流できる

内定が決まってから入社までの期間に、同期となる仲間と顔を合わせる機会はありません。同期の人たちと知り合うことは不安解消につながるだけでなく、情報交換も可能になります。

研修に参加していた先輩社員と人間関係が築ける

内定者研修には実際に企業で働く先輩社員も参加するため、現場の声を聞けるチャンスです。研修中に先輩社員とコミュニケーションをとっておけば、多少なりとも人間関係を築くきっかけになり、入社後にも頼りになるでしょう。

実際の仕事内容を知れる

就活中に企業・業界研究で得た知識には限界がありますが、内定者研修に参加すれば、より詳細な企業情報や仕事内容を知ることができます。内定企業の社風や働き方が分かるため、入社後をイメージしやすくなるだけでなく、漠然とした不安も解消されるでしょう。

ビジネスマナーを学べる

社会人として必要なビジネスマナーを入社前に学べるのもメリットのひとつです。企業とって入社時にビジネスマナーが身についていることは理想ですが、内定者も自信を持って入社日を迎えられるでしょう。

内定者研修へ行く際の服装・髪型は?

内定者研修には多くのメリットがあることが分かりましたが、研修でも就活のように服装や髪型に気を配らなければならないのでしょうか。

内定者研修も就活の一環と考えよう

内定をもらっているからと安心して、服装や髪型に気を配らずに内定者研修に臨むのは避けた方がいいでしょう。入社前から悪い印象を持たれるのは得策ではありません。内定者研修も就活の一環と考え、服装や髪型に気を配るようにしましょう。

内定者研修へ行く際の服装・髪型

内定者研修へ行く際、特に企業からの指定がなければリクルートスーツで参加するのが無難です。なぜなら研修は就活の一環であり、企業が主催するものだからです。髪の毛を明るい色にしている場合は暗めにして参加した方がベターでしょう。

内定者研修で採用が取り消しになることはまずありませんが、社会人としての参加が求められるため、きちんとした服装・髪型での参加が適しています。ただし、体を動かす研修やフィールドワークを取り入れた研修の場合、動きやすい服装をすることもあります。その場合は、事前に告知があるでしょう。

【例文あり】内定者研修をやむをえず欠席する場合の伝え方

通常、内定者研修は企業により日時が決められ、内定者に通知されます。そのため、すでに予定が入っているという場合もあるでしょう。やむをえず欠席する場合は、どのように伝えればいいのでしょうか。

そもそも内定者研修は欠席できるの?

内定者研修は強制参加ではないため、欠席することは可能です。ただし、無断で欠席するのはNG。また、自由参加とはいえ、欠席する際には相応の理由が必要です。なぜなら、遊びに行く予定を優先して欠席すれば、意欲がないと思われてしまうから。欠席理由は、明確かつ外せない用事であることが望ましいでしょう。

欠席メール例文

研修の日程が参加不可能だった場合は、返信メールを出す際に参加できない旨を理由とともに記載します。

<例文>
○○株式会社
人事部人事課 〇〇様

お世話になっております。
〇〇大学〇〇学部の〇〇〇〇(自分の大学・学部・名前)です。
この度は、内定者研修のお案内をいただき、ありがとうございました。

大変申し訳ございませんが、○月○日は大学での論文発表日と重なっており、参加することができません。

せっかく機会を設けていただいたのに、参加することができず残念に思っております。
お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

〇〇大学〇〇学部の〇〇〇〇(自分の大学・学部・名前)
電話番号:000-0000-0000
e-mail:abcd@efg.hijk.jp

また、出席の連絡をしたあとで急遽欠席しなければならなくなった場合は、分かった時点で担当者に直接電話し、お詫びとともに参加できない旨を伝えましょう。

内定者研修は参加しておこう!参加できないときは必ず連絡を

内定者研修には多くのメリットがあるので、できるだけ参加するようにしましょう。社会人になるための第一歩であり、企業の一員としての第一歩です。もし欠席する場合は、社会の一員あるいは企業の一員として、必ず連絡を入れるようにしましょう。

関連リンク

内定もらって、入社前研修のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191553p:plain

著者:reisuke

人材派遣会社で数年間コーディネーターとして従事し、その後海外へ。現在は、ライター・翻訳者・日本語教師という3つの顔を持つ。政治・経済・教育を中心に幅広いジャンルで執筆中。