目指せ大学デビュー!夏休み明けにさりげなく大学デビューするコツ

高校生までとは周囲の環境が一気に変わる大学生。今までの自分から垢抜けてリア充になりたいと思いながらも、タイミングを逃してしまった人もいるでしょう。今回は、夏休み明けにさりげなく大学デビューをするコツをご紹介します。

大学デビューとは?

大学デビューとは、大学生になったことをきっかけに、自分に自信を持てるようイメージチェンジすることです。高校生まではおしゃれをするといっても、制服や校則のしばりがあり、なかなか実行できませんよね。大学生になると制約がなくなるため、思い通りのファッションや髪型、化粧などができるようになりますので、これまでのイメージを変えるには絶好のチャンスです。

また、周囲の人間関係も新しくなるので、この機会を利用して見た目の印象や行動を変えてリア充を目指す!という人も多いです。大学デビューについてあまり良い印象を持たない人もいますが、自分をポジティブに変えることは自分を磨くことでもあり、よいことです。自信を持って大学デビューに挑戦しましょう。

▽大学生のみんなはどんなふうにオシャレしてるの?掲示板をチェック!
おしゃれの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20190508153437j:plain出典:fotolia

やりがちな大学デビューの失敗とは

大学デビューでは、明らかに大学生になって雰囲気を変えようとしたことがわざとらしく、周囲に違和感を与えて失敗する例も。やりがちな大学デビューの失敗例をチェックしておきましょう。

外見を飾り過ぎて痛い印象になる

大学デビューといえば、まずは外見。入学を期に、ファッションや髪型を変えたという人は多いものです。しかし、日頃からおしゃれをしてこなかった人がいきなり頑張ろうとすると、派手になりすぎたりして悪目立ちしてしまうことも。結果、痛い印象となって周りから浮いてしまうというデビュー失敗を招いてしまいます。一番を目指してあれもこれもと取り入れるのではなく、ポイントを押さえておしゃれに挑戦しましょう。

イメージを変え過ぎてこれまでの友人関係が崩れる

ファッションや化粧などと一緒に話し方や性格まで変えてしまったために、これまでの友人関係を崩してしまうという失敗もよくあります。極端に性格を変えることは無理なものですし、人に違和感を与えます。結果、リア充グループにもこれまでの友人グループにも入れなくなってしまい、ぼっちになるという悲劇も。あまりにも自身とかけ離れたキャラづくりはおすすめできません。

デビュー失敗を防ぐには?

大学デビューに成功するには、今までの延長線上でのイメチェンに取り組みましょう。無理をして正反対のイメージを目指すのは失敗のもとです。無理のしすぎはほかの人から見ても不自然な可能性が大。自分に足りないことを補うなど、自然なイメチェンをはかりましょう。

夏休み後の大学デビューに向けて休み中にできること

長期の休暇となる夏休みのあとは、入学時のデビューを逃した人にとっての大きなチャンス。大学デビューに向けて休み中にできることを、男女別に見ていきましょう。

男子学生の場合

大学デビューを目指している男子の場合、これまで自分の格好には無頓着だったのではないでしょうか。中には高校生までは親の選ぶ服を着ていたという人もいて、おしゃれをするにはどうしたらよいかわからないといった声もあります。そこで、まずはファッション誌を参考に、定番のファッションを研究して実際に服を揃えてみましょう。自分に似合うものがわからない場合は、素直に店員のアドバイスを受けることがおすすめです。そして、積極的にファッションの中心地へ足を運ぶようにすると、だんだんとおしゃれの感覚が身についてきます。

ファッションが決まっても髪型が変わっていないと、ちぐはぐになりイケていない印象に。人気の美容室で、トレンドを意識した似合う髪型にカットしてもらいましょう。おしゃれに慣れていない場合は、担当者に正直に話しておくことがおすすめ。テクニックがなくても再現性のあるスタイルを提案してくれます。スタイリングについて教えてもらうことも忘れないようにしましょう。

また、目元は印象に残りがち。メガネを流行のデザインに変えたり、眉毛を整えたりするのも、イメチェンに効果的です。

女子学生の場合

女子の場合は男子と違って、大学デビューとまでは行かなくても、普段からおしゃれに気をつけている人が大半ではないでしょうか。そこで、新たに垢抜けたイメージを目指すなら、ネイルや、髪色のニュアンスを変えてみるのがおすすめ。変化は大きくありませんが、おしゃれとしては目立つポイントです。メガネの人の場合は、コンタクトにすると印象はかなり垢抜けて見えるようになります。

また、おしゃれなカフェでアルバイトをするという方法もおすすめ。アルバイトの経験は人間性を成長させますし、実際におしゃれな雰囲気のある人を観察することで得られるものはたくさんあります。トレンドにも敏感になれるため、会話の話題に困ることもなくなり積極的に行動できるようになるはずです。

大学デビューしたあとに気をつけたいこと

大学デビューに成功したあとは、その新しい自分の雰囲気を維持していかなければなりません。デビュー後に気をつけたいことは次の2つです。

デビュー後も気を抜かない

大学デビューをした人には、高校時代までは行動が積極的ではなく、目立たない存在だったという人もいるでしょう。大学で頑張ってデビューした場合、気を抜くと元の状態に戻ってしまうこともあるので注意しましょう。大学デビューで新しい自分になったと自覚しておくこと、そして自分磨きは継続していくことが大切です。

ほかの友達に大学デビューを無理強いしない

たとえ自分が大学デビューに成功したとしても、周りの友達にデビューを無理強いしてはいけません。本来大学デビューは、今までの自分を変えたいと思っている人がやること。いわゆるリア充的な大学生活を望んでいるわけではなく、マイペースを維持したい人にとっては、無理強いされると迷惑になります。せっかくの友人関係が壊れるもとになりますので注意しましょう。 

夏休みの期間を利用して大学デビューに挑戦してみよう!

春の大学デビューに出遅れてしまったという人は、長期休暇の夏休み明けは絶好のチャンス。休みの間は時間をかけておしゃれのセンスを磨くことができますし、長期に学校と離れるため、印象がリセットされる可能性も大きいです。大学生活を充実させたい人は、ぜひこのタイミングを活かして大学デビューしてみましょう。

関連リンク

おしゃれの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180124162809p:plain

著者:みゅぜ

フリーライター。大手GMSでのアルバイトを中心に、空き時間には各種調査からテレアポ、イベントスタッフなどさまざまなアルバイトの経験を重ねる。ライターとして独立後は、就職支援サイトでのニュースや自己の経験を元にした多数の記事執筆を行っている。