就活生なら知っておきたい!近年話題の「リファラル採用」とは?

近年話題の「リファラル採用」は、就活生なら知っておきたい採用方法のひとつです。ここでは、メリット・デメリットを含めリファラル採用とはどういったものなのか、また類似する「縁故採用」との違いなどを解説します。

リファラル採用とはどういったものか

リファラル採用とは?

「紹介」あるいは「推薦」という意味を持つ英単語「referral」が使われた「リファラル採用」とは、言葉の通り企業の社員が人材を「紹介」あるいは「推薦」して採用する方法です。アメリカでは大手IT業界を中心に多くの企業が導入し、日本でもベンチャー企業を中心に導入が進み話題となっています。

これまでは中途採用で使われることが多かった採用方法ですが、近年では新卒採用でも徐々にリファラル採用が浸透してきています。なかには積極的にリファラル採用に取り組む企業もあり、紹介した人材が採用されると紹介した社員に報酬が支払われる企業もあるほどです。

▽コネ入社とリファラル採用は違う!違いを理解しよう!
コネ入社したのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20190402104424j:plain出典:fotolia

リファラル採用と縁故採用との違いは?

縁故採用とは?

リファラル採用と類似した採用方法に、「縁故採用」というものがあります。縁故採用とは、取引先の紹介者や重役などの縁故者を採用する方法で、いわゆる「コネ採用」のことです。つまり、コネクション(つながりや関係)を利用した採用方法で、採用試験や選考過程は実質存在せず、採用が決まるのがほとんどです。

縁故採用との違いは?

縁故採用は選考過程を省略した「採用が前提」の方法である一方、リファラル採用は紹介されたうえで通常の採用過程をたどるため、採用が前提とはいえません。要するに、縁故採用は能力と関係なく採用が絶対的であるのに対し、リファラル採用は基準を満たした人材を採用するので絶対的ではないということです。

また、リファラル採用は単なる紹介や推薦に過ぎないため企業側は断りやすいですが、縁故採用は取引先や重役などとのしがらみがあるので断りにくい点も違いといえるでしょう。加えて、秘密裏に行われる縁故採用とは異なり、リファラル採用は公に行われます。

どういう基準でリファラル採用の対象に選ばれるか

リファラル採用の対象基準とは

リファラル採用の対象に選ばれるためには、友人や知人・親戚などが働いている企業がリファラル採用を導入していることが大前提です。さらに、その企業の採用条件に合致し、社員が推薦したいと思う人材でなければなりません。リファラル採用を社内制度として導入している企業では、リファラル採用で紹介した人材が採用された場合、社員に報酬が入る場合もあります。そのような企業では、社員も積極的にリファラル採用に取り組んでいるでしょう。特に、ITエンジニアなどの専門的な職種でリファラル採用を多く取り入れています。

アンテナを高くしてネットワークを広げよう

リファラル採用を正式に導入していない企業でも、興味があるようなら友人や知人、あるいはOB・OGなどに積極的にコンタクトしてみてもいいかもしれません。リファラル採用は社員による紹介という点で信用度も高いので、アンテナを高くしてネットワークを広げておくことをおすすめします。

リファラル採用のメリット

次いで、リファラル採用のメリットをご紹介します。

経費削減でいい人材が確保できる

企業側にとっての最大のメリットは、経費を削減していい人材が確保できることです。企業は採用にあたり、メディアやWebサイトへの掲載、合同説明会、採用イベントなど、多額の費用を使います。しかし、社員が紹介してくれれば、これらの経費を削減しつつ業務に適したいい人材が確保できます。これらの経費に比べれば社員への報酬は安いものと言えます。

ミスマッチが起きにくい

多額の費用をかけて採用した人材だったのに、入社したら結局ミスマッチで離職することになった・・・というケースは珍しくありません。これは企業にとっても採用された人にとっても不幸なことです。一方、リファラル採用は実際に仕事をしている社員の紹介なので、企業の欲しい人材と紹介される人材がマッチしやすく、入社後のミスマッチが起きにくくなります。もちろん、紹介者の社員と密に連絡を取り合い、業務内容や職場の雰囲気などを詳しく確認できることもプラスに働いているでしょう。

定着率が高い

リファラル採用では紹介者の社員と採用希望者が入社前から良好な関係を築いていることもあり、入社後の定着にも好影響を及ぼしています。入社後は紹介者の社員が相談相手になることもあるでしょう。当然のことながら、ミスマッチが起きないことも高い定着率につながっています。

リファラル採用のデメリット

メリットがあればデメリットもあります。リファラル採用のデメリットも確認してみてください。

人間関係の悪化

リファラル採用の最大のデメリットは、社員が紹介した人材が不採用になった場合に起きる人間関係の悪化です。紹介者は気まずい思いをし、紹介された側も社員の紹介なのに不採用となればショックも大きいでしょう。紹介当初から双方ともに、不採用の可能性があることを理解しつつ、入社希望者は選考への準備をしっかりしておくことが大切です。

紹介だから辞退しにくい

リファラル採用で内定が出た場合、紹介者に気を使って辞退しにくくなることもあるかもしれません。内定が出たあとに辞退することを決めたら、まず紹介者に会って自分の気持ちを素直に話すようにしましょう。

紹介者の退職でモチベーションが低下

紹介者が退職してしまった場合、紹介された人もモチベーションが低下して退職してしまうケースもあります。紹介してもらう場合は、あらかじめ紹介者がどれくらいその企業で働いているのか、職場についてどのように考えているのかなどを詳しく聞いておきましょう。

リファラル採用の事例

最後に、リファラル採用の成功事例として、社員の過半数以上がリファラル採用といわれる株式会社メルカリをご紹介します。

メルカリとは

2013年に東京で創業した新しい企業で、日本発のCtoCフリマアプリ「メルカリ」を世界で展開。東京を本拠地とし、国内外にオフィスを構える急成長の企業です。社員の約6割がリファラル採用というリファラル採用のパイオニア的存在といえます。

メルカリの経営戦略・採用戦略

メルカリは以下のミッションの下、3つのバリューを根幹に経営戦略・採用戦略を立てています。

ミッション
「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」
Create value in a global marketplace where anyone can buy & sell

バリュー
Go Bold – 大胆にやろう
All for One – 全ては成功のために
Be Professional – プロフェッショナルであれ

引用元:https://about.mercari.com/about/

このミッションとバリューが社内に浸透しているため、リファラル採用を行ううえでも絶対的な判断基準となり秩序が守られています。

リファラル採用も就活の視野に入れてみてもよいかも

リファラル採用は信用できる自社の社員の紹介という方法をとっているためミスマッチが軽減され、入社後の定着率も高くなっています。就活生にとっては、より自分に合った企業に出会えるチャンスともいえるでしょう。リファラル採用という方法も就活の視野に入れて、周囲に呼びかけてみてもいいかもしれませんね。

参考

About | 株式会社メルカリ
https://about.mercari.com/about/
2019.3.13

関連リンク

コネ入社したのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
コネってどうなの?のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191553p:plain

著者:reisuke

人材派遣会社で数年間コーディネーターとして従事し、その後海外へ。現在は、ライター・翻訳者・日本語教師という3つの顔を持つ。政治・経済・教育を中心に幅広いジャンルで執筆中。