面接なんて怖くない!新卒採用で面接が怖くなくなる考え方

「面接で色々と質問されても上手く答える自信がない」「面接と考えただけで怖くなる」
という人は少なくないはず。しかし、怖がっているばかりでは前には進めません。ここでは面接が怖くなくなる考え方について紹介したいと思います。

なぜ面接が怖いと思っているのかを考えてみよう

人間は未知のものや、漠然として実態がつかめないものに恐怖を感じるといいます。面接が怖いと思う人は、採用面接がどんなものかを正しく理解していないからそう感じるということもあるかもしれません。

まずはどうして面接が怖いのか?を考えてみよう

自分の価値を値踏みされることへの恐怖

採用面接では面接官から様々な質問を受けることになりますが、一つ一つの質疑において「相手はどう思っているのだろう?」「相手が期待する回答ができただろうか?」などと考不安になりすぎてはよくありません。少なくとも相手に気に入られようとするのはやめて、自分のセールスポイントを売り込むという積極的姿勢で臨んでみましょう。自ずと怖さを感じることはなくなるはずです。

「面接で落とされたら自分には価値がないことになる」という恐怖

この考え方はあまりに極端すぎます。この場合は面接官がより求める人物像にマッチする人材を選んだという結果であって、価値がない人間だから落とされたのではありません。面接の採否はあくまで企業の求める人物像と合致していたかどうかであり、仮に不採用でも「縁がなかっただけ」と割り切り、より自分に合う企業を探すことに切り替えましょう。

緊張することへの恐怖

「自分の将来がこの面接にかかっている」そう考えると恐怖を感じるかもしれません。それを克服するにはしっかりと事前準備を行うこと。入念な企業研究を行い、求める人物像と自分の強みとの合致点がしっかりと見い出せていれば、あとは自信を持ってアピールするだけです。

▽きちんと準備しておけば落ち着いて面接に臨めるはず!
面接対策のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20190319124837j:plain出典:fotolia

企業や面接官と学生は上下関係ではなく対等である

選ぶ側と選ばれる側。
面接官と自分との関係はそう言い換えられるかもしれません。自分はあくまでジャッジされる側と考えれば、相手が上で自分が下と捉えても無理はないかもしれません。しかし、そう考えてしまうと、自分を委縮させて言い知れぬ恐怖を抱く原因ともなってしまいます。

こうした恐怖をなくすためには、「面接官も一人の人間に過ぎない」と思うことです。面接官はあくまで仕事としてその場にいるだけで、裁判官でも権力者でもありません。一歩仕事を離れ家庭に戻れば子煩悩な普通の父親かもしれません。同じ人間同士と考えれば、あくまで対等な関係でよいはずです。
また、企業との関係であればこちらが顧客の立場となることもあります。どちらの立場が上か下かの考え方はあまり建設的ではないといえるでしょう。

選んでもらうという考え方を捨てる

企業・面接官との関係を上下に捉えてしまう要因に、「選んでもらう」という受け身の姿勢が考えられます。「優秀な人材ならば喉から手が出るほど欲しい」というのが企業の本音。面接は企業と学生の出会いと対話の場であり、いい人材を探すことが目的なのです。面接とは応募者の人間的価値をジャッジする場などではなく、より企業側の求める人物像に合致するかを確認する場なのです。

また、企業が学生を選ぶように学生にも企業を選ぶ権利があるのですから、堂々と面接に挑み、自分の強みをアピールすることに集中しましょう。

企業によって面接で採用したい人は違う

企業にはそれぞれ独自の文化・風土・人材観があり、求める人物像もそれぞれ異なります。つまりA社は不採用でもB社は採用ということが当たり前に起こるものであり、採否の結果はあくまで企業の採用ニーズによるものなのです。仮に不採用となった場合でも、あなたが人間的に劣っていたのではなく、他に求める人物像に合致する人材がいたからに過ぎないのです。

また採用を担当する面接官により評価が変わる場合も多くあります。客観的評価に優れた面接官もいれば、主観的な人物評価をしがちな面接官もいるため、不採用となった場合でもその結果を絶対と捉える必要はありません。

採用ニーズは刻々と変化する

景気動向や経営戦略などで企業の採用ニーズは劇的に変化します。好景気で人手不足傾向が強まれば企業の採用要件は下がりますし、不景気の時代には少数精鋭の厳選採用の傾向が強まります。近年はアベノミクス効果による人手不足傾向が強まり、採用マーケットは売り手市場になっています。そうした時流を捉え、自信をもって就活に臨むことが何より重要です。

どんなに高いスキル持ち、潜在能力に優れていても、企業側に十分なアピールができなければそれは伝わりません。大切なのは自信を持って強気に自分を売り込む姿勢です

面接で落とされ続けるのは面接の対策不足が原因かも

何社面接を受けても内定がもらえない…。

そんな人の場合、「自分には重大な欠陥があるのでは?」と思いがちですが、その多くは面接対策が不十分であることが原因のようです。

あなたはこれまでに初対面の第一印象と、付き合いを深めることで知った相手の本質がまったく違ったということはありませんか?

面接も同様で、まず初対面の第一印象で面接官は仮説を立てて質疑を進めていくことになります。当然、相手によい第一印象を与えたほうが面接は優位に進みます。緊張して視線が定まらないと相手には散漫な印象を与えますし、表情がこわばっていると暗い印象を与えるかもしれません。
つまり表情・話し方・立ち居振る舞いなどすべてに注意を払い、短い時間の中でマイナスイメージを相手に与えず、効果的に自分をアピールするようにしていきましょう。

対策を練れば練るほど面接がラクになる

面接での質疑応答の内容はいくつかのパターンに分類されます。質疑応答は応募書類をベースに、採用要件を満たし求める人物像に合致するかの確認として行われますが、すべての質問には明確な意図があり、それを汲み取った上で「自分独自の解答例」を準備しなければなりません。
志望動機、希望職種、学生時代に取り組んだことなど、質疑応答すべては過去から未来までのストーリーとして説得力をもって語ることができるよう準備をしっかりおこないましょう!

面接の成否は事前準備次第。入念な準備を行えば面接を恐れる必要はありません。

面接を怖がる必要はない!前向きな気持ちを忘れずに

面接とは企業に対し、自分を紹介するひとつの手段に過ぎません。企業ごとに求める人物像は異なるため、個別の結果に捉われる必要はありません。自分が活躍できる企業は志望先だけとは限らないので、前向きな気持ちを忘れずに。

関連リンク

面接対策のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180305160139j:plain

著者:平野輝樹

フリーランスライター
1989年リクルート入社。情報誌の企画・制作業務に携わる。
2001年フリーランスとして独立。現在は企業向けに人材採用・教育、広報関連のコンサルティング業務と各種メディアでのライティングを行う。
1965年生まれ・52歳 栃木県在住