就活でWeb面接!受けるのに最適な場所と注意点は?

Web面接を受けることになった場合、忘れてはいけないのが場所選びです。友達との通話や英会話なら普段使っているカフェでもいいですが、その場所が面接に使えるとは限りません。面接にはどのような場所が適しているでしょうか?

就活のWeb面接を受ける場所の条件とは

まずは、Web面接にのぞむ就活生が知っておくべき場所の選び方を確認しましょう。

必要な環境条件をチェック

Web面接を受けるのに必要な環境的条件は、
・静かでプライバシーが保てる場所
・ネット接続が安定している場所
・照明が明るい場所
の3点です。

なかでもネット接続環境を整えることが最優先です。

例えばSkypeの場合、ビデオ通話(HD)の推奨ダウンロード/アップロードともに1.5Mbps以上が推奨されています。音声通話だけならスマートフォンの中速回線(500Kbpsくらいから)で対応できますが、ビデオ通話の場合は回線が切れてしまう恐れもあります。ケーブル接続や、Wi-Fi常時接続ができる場所を選びましょう。

▽面接についてのクチコミをチェック!
面接/試験/資格の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20190304165927j:plain出典:fotolia

就活のWeb面接におすすめの場所(1)大学

まずおすすめしたいのが、大学内の施設の利用です。大学の施設は静かで、ビジネスイメージにふさわしい雰囲気であることがメリットです。

自習・グループ学習室

学内で「ラーニングコモンズ」などと呼ばれる自習やグループ学習用の会議室は、個室のためプライバシーが保てる、Web面接向きの場所です。面接時に合わせていつでも予約が取れるとは限りませんが、使える時期・時間帯には積極的に利用しましょう。

パソコン室

自習や課題制作のためのパソコンブースがあったり、CALL教室などを授業のない時間に開放してくれたりする大学もあります。ネット接続だけでなく、ヘッドセットなどの音声環境も整っていることが多く、Web面接に便利です。
ほとんどが予約不要ですが、授業ごとのグループ学習やゼミでの利用など、学業での利用が優先です。使用予定など教室の掲示をよく確認の上、利用しましょう。

就活のWeb面接におすすめの場所(2)ホテル

社会人同士でも、カフェで打ち合わせできないような大事なお客様と会う場所としてホテルが選ばれています。面接場所に選ぶと、センスの良さやプライバシー意識が高いのだと感じてもらえる可能性も。Web面接には、デイユースまたはラウンジの利用がちょうど良いでしょう。

デイユース

Web面接の時間帯だけ利用するため、宿泊を伴わないデイユースが利用できます。
多くの宿泊予約サイトからも検索や予約が可能です。「デイユース」または「日帰りプラン」を選んで検索してみましょう。
なお、デイユースは昼間に利用するためのサービスです。面接が夕方に設定されている場合は、あらかじめホテルにチェックアウト時間を確認しておきましょう。場合によっては延長料金が発生することもあります。

ラウンジ

ホテルのラウンジは商談にも活用される場なので、Web面接をしても差し支えありません。多くのラウンジは、他の席と適度な距離が保たれていますが、あくまでもオープンスペースのため、周囲に聞かれる可能性もあることを留意しておきましょう。

就活のWeb面接におすすめの場所(3)自宅

これまで外の場所について紹介しましたが、自宅に高速のネット回線があるなら、Web面接は自宅で行うのがおすすめです。
面接の内容は、企業にとっては機密情報にあたります。外で行う場合、個室やパーティションなどを確保しない限り、どうしても他人に会話を聞かれる、つまり情報漏えいのリスクがつきまとうためです。

ただし、注意点はあります。

周囲を片付けておく

生活感がありすぎる空間はジネスにふさわしくありません。カメラに写る背景が薄い色の壁やカーテンになるように、パソコンの置き場所を慎重に選びましょう。

雑音に対処する

自宅の周囲は電車や車の音、通学路や商店街、工事の音、ペットの声など意外と生活音がするものです。できれば通話の声だけを拾ってくれる集音マイクやヘッドセットを用意しましょう。
せっかく自宅の環境を整え、情報漏えいに注意しても、家族が聞いていたのでは意味がありません。面接を受ける部屋に、途中で家族が入って来ないように伝えておきましょう。

就活のWeb面接におすすめの場所(4)コワーキングスペースや自習室

コワーキングスペースや自習室はネット環境が揃っており、オープンスペースでも会話ぐらいは可能な場合もあります。街中のカフェよりも静かに利用できるのがメリットです。

利用方法

コワーキングスペースや自習室は、会員になって継続利用するのが原則になっています。
施設のホームページを見たり、直接問い合わせたりして、単発でも利用可能かどうか確認しておきましょう。

利用時の注意点

利用予定の施設は、事前に下見をしておくのがおすすめです。
なかには、会員同士の交流(おしゃべり)が活発、語学レッスンなどが実施されているなど、PCのマイクが周囲の声を拾ってしまいそうな施設もあります。
逆に、個別ブース型の施設であれば音を立てないのが原則であり、面接で何十分も話し続けるのはマナー違反かもしれません。このような施設の場合、個室がないか問い合わせてみましょう。別途料金追加で個室が利用できる場合もあります。

就活のWeb面接におすすめの場所(5)レンタル会議室

最後に、大学も自宅も使えずに困ったときに、個室を見つける方法を紹介します。それは、民間のレンタル会議室を個人で借りるという方法です。
レンタル会議室は、企業が面接会場としても利用しているほどで、プライバシーなど環境面でも優れています。

また、会社やスクールなどが会議室を使わない時間に格安で個室を貸し出すというwebを介した会議室仲介サービスが増えています。登録されている会議室が、大都市に限らず全国にあることもメリットです。小規模な個室なら、喫茶店並みの手頃な値段で借りることもできます。

予約サイトの探し方

「スペースシェアリング ○○県(都道府県名)」というキーワードでインターネット検索すれば、地元でサービス提供をしている事業者を検索できます。
地域によっては自治体が遊休地を貸し出し、民間の予約サイトで利用申し込みができるといった官民連携のサービスもあります。

予約サイトでの会議室の借り方

1. 希望エリアと利用人数を入力します。
2. 利用目的を選択できるサイトでは、会議や研修を選択します。
3. 検索結果が表示されたら、アイコンや写真を参考に候補を絞り込みます。
 個室、Wi-Fiありで、蛍光灯で十分な照明のある会議室が適しています。
4. 空き状況を調べ、希望する時間帯に空いている会議室に予約を入れましょう。

会議室予約サイトのシステム

検索だけなら会員登録は不要ですが、予約の際には通常、サイトへの会員登録が必要です。また、会員登録時にお支払い方法も選択します。クレジットカードが必要となることが多いですが、コンビニ払いなどが可能なサイトもあります。あらかじめ条件を確認してから登録しましょう。
料金の支払いは前払いが原則です。面接日時が変更になっても、会議室の予約変更やキャンセルには手数料が発生する場合もあるので注意しましょう。

就活のWeb面接はどこで受けるか早目に決めておこう

Web面接は周囲の環境も大切なので、早目にどこにするか考えておくことが大切です。静かでプライバシーが保てる場所、ネット接続が安定している場所、照明が明るい場所が適しています。大学の施設や自宅はもちろん、ビジネスホテルやコワーキングスペース、貸会議室など、ビジネス用の施設も検討してみましょう。

関連リンク

面接/試験/資格の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929192026j:plain

著者:杉本 京子

産業カウンセラー/日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)プロジェクトマネジメント・スペシャリスト
都内私立大学にて非常勤職員の傍ら、職業訓練講師や面接指導に従事。新卒・既卒者を対象に年間延べ100人以上の個別面接練習を行っている。