就活でWeb面接を受ける前に要チェック!服装ルールとマナー

スマートフォンやビデオチャットアプリの普及に伴って、新卒採用にもWeb面接を取り入れる企業が増えています。そこで、Web面接を受ける予定の就活生の皆さんに、知っておくべきweb面接の服装のルールやマナーをご紹介します。

就活生必読!Web面接での服装ルールとは

まずは、Web面接にのぞむ就活生が知っておくべき服装の基本ルールを確認しましょう。

対面式の面接と同じ位置付け

Web面接は、エントリーシート提出後や筆記試験終了後に行われる傾向があります。

多くの場合、Web面接は「対面の一次面接と等しい」位置付けなのです。第一印象を左右する大事な面接なので、きちんとした服装が求められることを頭に入れておきましょう。

服装に油断は禁物

Web面接には応募者の素の振る舞いが現れやすいという特徴があります。Web面接だからといって、トップスやジャケットだけ整えてボトムスは普段着といった失礼な格好にならないよう十分注意しましょう。採用担当者は、そんな就活生の油断をチェックしています。例えば、お辞儀をすることになって急に立ち上がったとき、カメラ越しにボトムスが見えてしまうといった可能性があるのです。

服装指定がない場合は

企業から服装に関する指定がない場合や、「服装自由」、「私服指定」の場合の考え方を確認しておきましょう。
原則として、こうしたスーツ指定がない場合でも、対面での一次面接と同じ服装でのぞむようにします。
企業が服装自由とする背景には、まだスーツを持っていない学生への配慮という一面があります。スーツに準ずるジャケットなどの着用をさし、一般に「ビジネスカジュアル」と呼ばれる恰好でも良しとされますが、よく分からなければスーツを着用してかまいません。
私服指定の場合は、ジャケットの着用は不要ですが、襟付きのシャツやブラウスを着て真面目できちんとした印象を与えるようにしましょう。

カメラ映りも意識する

なお、Web面接ならではの服選びの注意点もあります。
Web面接では、PC画面を通すため、濃い色合いの服装のほうが顔の表情がはっきり映ります。私服指定の場合でも、真っ白や明るい色のトップスを着ていると、光が反射して顔がぼやけてしまう恐れがあります。
逆に、黒い服で暗い色の壁の前に座ると、顔の色が白く飛んでしまうこともあります。
Web面接では面接官とのアイコンタクトが重要であるため、服装も照明も、顔がはっきるり映るということを基準にして調整しましょう。Web面接前に、本番と同じ服装でWebカメラに映して確認しておくのがおすすめです。

▽面接についてのクチコミはこちらから
面接/試験/資格の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20190304164715j:plain出典:fotolia

男子就活生向け!Web面接での服装マナー

男子就活生が、Web面接で気をつけるべき服装のマナーについて、項目別に紹介します。

スーツの選び方

就活にふさわしいスーツの色は、黒、濃紺、ダークグレーとされていますが、カメラ映りが良いのは黒なので、黒をおすすめします。
会社訪問用のスーツは動きやすさを重視して選んでいるかもしれませんが、カメラに映した場合、ジャケットの肩幅が合っていなかったりすると不格好に見えます。何枚か持っているなら、最も体にフィットするものを着用しましょう。
また、しわや汚れは意外と鮮明に映るものです。事前のお手入れを念入りに行いましょう。

シャツの選び方

スーツの下に着るシャツは、白を原則とします。カメラ映りを考えるなら、襟に注目です。首回りがフィットしているか、ジャケットから襟だけ飛び出たようにならないか、バランスを考えましょう。
なお、白シャツに黒ボタンなどは、映像では悪目立ちするため避けたほうが良いでしょう。

ネクタイの選び方

Web面接では、顔に焦点を当てるために、濃い目の色で、無地またはレジメンタル(斜めストライプ柄)がおすすめです。明るい色や、光沢の強いネクタイは、Webカメラでは実際よりも反射して見えます。派手に見えすぎてTPOをわきまえられないと捉えられてしまう可能性があるので注意しましょう。
逆に、ダークグレーや濃紺のネクタイは、カメラに写すと黒が強調されてしまい、葬儀用のネクタイをしているように見えてしまうので避けておきしょう。

パンツの選び方

いわゆる「ジャケパン」といわれる、上下違いの服装は、私服指定か服装自由のとき以外は避ける必要があります。
私服指定の場合でも、上下の色を揃えておいたほうが、カメラ写りが良くなります。なお、チノパンは実際以上によれて見えるので要注意です。

メガネ・時計など小物の選び方

メガネのフレームは、派手な色や個性の強いデザイン、表情を隠してしまう太いものなどは避けたほうが無難です。フレームのデザインは、ウェリントン(逆台形)やスクエアにすると、顔がシャープに見えます。レンズは薄型の「非球面レンズ」にしておくと、影の映り込みを抑えることができるので、カメラ越しでも面接官に表情を感じてもらいやすくなるでしょう。
時計は、就活用のものがなければ着けなくてもかまいません。ブランド名が明らかに分かるような高級時計は、悪目立ちするため、避けておきましょう。

女子就活生向け!Web面接での服装マナー

女子就活生が、Web面接で気をつけるべき服装のマナーについて、項目別に紹介します。

スーツの選び方

スーツの色は、黒、もしくは濃紺やダークグレーが適切です。デザインは、椅子に座ったときに、ジャケットがきつくないか、袖の長さがちょうど良いかどうかで選びます。
何枚か持っているなら、最も体形に合っているものを着用しましょう。
ジャケットのボタンはすべて留めるのが原則ですが、Web面接の場合は、見栄えを良くするために一番下のボタンは外しておいてもかまいません。

ブラウスの選び方

ブラウスにはベーシックなレギュラーブラウスと、第一ボタンのないスキッパーシャツがありますが、Web面接では顔色が明るく見えるスキッパーシャツがおすすめです。持っていない場合はレギュラーブラウスでも問題ありません。その場合は、一番上のボタンも留めるようにします。あらかじめ、首回りがちょうどいいか確認しておきましょう。

ボトムスの選び方

女性の正式なスタイルはスカート・スーツです。スカートの型はタイトスカートが基本です。業界によって服装の厳しさには差がありますが、どの業界にも通用する服を一着持っておくのが無難といえます。
私服指定や服装自由のときは、パンツスーツやスカートの型にも、選択肢は広がります。しかしその場合も、トレンド性の高いデザインや派手な柄物はNGです。

メガネ・時計など小物の選び方

メガネをかけると知的な印象に見えるといわれています。Web面接では、メイクを工夫するよりもメガネで知性を演出すると良いかもしれません。フレームの色はライトブラウンなどブラウン系、形はオーバルなど定番の形が就活向きです。
腕時計を着ける場合は、就活用のビジネスらしいデザインのものにします。ファッションウォッチしか持っていない場合は、外しておきましょう。

ネイルやアクセサリーに関するマナー

Web面接では、腕時計以外のアクセサリーは外すようにしましょう。光を反射して悪目立ちしてしまいます。
ネイルについては、指先も身だしなみの一環として、カメラ越しにチェックされているので、爪のお手入れをしておいたほうが良いでしょう。ネイルアートは論外ですが、自然に見えるブラウン系のネイルは付けても差し支えありません。

Web面接の服装はマナーやルールに沿って決めよう!

Web面接には、対面での一次面接と同じ服装でのぞむと考えれば失敗はありません。黒など濃い色合いの服装を選ぶ、体形にうまくフィットすることを重視するなど、カメラ写りを考慮できるようになれば、印象をさらにアップさせることも可能です。上記のアドバイスを参考に、自信をもってWeb面接の服装を選びましょう。

関連リンク

面接/試験/資格の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929192026j:plain

著者:杉本 京子

産業カウンセラー/日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)プロジェクトマネジメント・スペシャリスト
都内私立大学にて非常勤職員の傍ら、職業訓練講師や面接指導に従事。新卒・既卒者を対象に年間延べ100人以上の個別面接練習を行っている。