図書館バイトは大学生もできる?資格は必要?気になるポイントを紹介

本が好きな大学生にとって、魅力的に感じるのが図書館バイトではないでしょうか。今回は、資格を持たない大学生でも図書館でバイトはできるのか、仕事内容からメリット・デメリット、バイトの探し方まで、気になるポイントを紹介します。

そもそも図書館のバイトは大学生でも可能?資格はないとダメ?

本好きの大学生なら、図書館のバイトが真っ先に候補として上がるかもしれませんね。まずは大学生でも図書館のバイトは可能なのか、資格がなくても大丈夫なのか、疑問を解決しておきましょう。

図書館のバイトは大学生でも資格がなくても大丈夫

結論からお伝えすると、大学生でも可能です。また、図書館で働く際には「図書館司書の資格が必要なのでは?」と思うかもしれませんが、図書館司書の資格がなくてもバイトはできるので安心してください。

資格があったほうが給与面の待遇がよい可能性も

図書館司書資格がない大学生が図書館でバイトするのは可能ですが、資格がある人のほうが仕事の範囲が増えたり、時給が高くなったりする可能性が高いです。本が好きなら資格の有無に関わらず、まずは図書館のバイトに応募してみてはいかがでしょうか。

また、図書館司書の資格は通信教育で取得できますが、大学・短期大学卒業者、大学3学年以上に在学中である、などの受講資格があるので確認しておきましょう。

▽ゆくゆくは目指したい!図書館司書について語ろう
図書館司書のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
▽図書館でのアルバイトを探すなら楽天みん就 求人サーチ!
図書館関連のアルバイト求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20190304103700j:plain出典:fotolia

図書館のバイトの仕事内容

図書館のバイトの仕事内容は、本の整理やカウンターでの受付、図書館内の清掃などがあります。それぞれ、どんな仕事をするのか具体的に紹介します。

本の整理

図書館では、利用者が見やすいように棚に並んだ本の整理を頻繁に行っています。さらに、返却された本を所定の棚に戻したり、新着本や新着雑誌を並べたりします。本の整理の際に、本に破れがないかなどを確認するのも仕事の1つです。

カウンターでの受付

カウンターでの受付の仕事内容は、主に貸出と返却業務です。利用者が図書館内で選んだ本類の貸出と返却本を受け取ります。専用スキャナで本の裏側にあるバーコードを読み込んで、貸出時には返却日を伝え、返却時には遅延があったら利用者に注意を促します。ほかにも、利用者が探している本があるかをパソコンで検索したり、置いてある場所に案内したりします。ほかにも、図書館内にビデオルームなどがあれば、利用方法を説明する場合もあります。

図書館内や本の清掃

利用者が図書館を快適に使えるよう、受付台や床、棚、貸出袋などを清掃します。また、本は手アカや食べ物が付着していたり古くなったりするとカビが生えやすいため、定期的な清掃も行います。貸出回数が極端に少ない本は、やや奥まったスペースや別の場所に保管されていることが多いですが、こちらも定期的に清掃します。

図書館のバイトのメリット

図書館のバイトには、どんなメリットがあるのか紹介します。

たくさんの本に触れられる

図書館には、本屋ではあまり見かけないような本も所蔵されています。例えば、地域の文化がどう創られてきたのかがわかる歴史資料や古地図、専門性の高い図鑑など、これまで気にしたことがなかったジャンルの本に触れることで、新たな興味や知識が増えるのはメリットです。

仕事の時間が比較的きっちりしている

民間企業が運営を担っているケースもありますが、図書館は公的機関なので民間企業に比べると、始業時間や終業時間が守られています。

労働環境が比較的快適である

図書館は冷暖房が適切に使用されており、清潔感や静寂性もあります。暑さ寒さや騒音などが苦手な大学生には、快適な労働環境です。また、営業職のようなノルマを課せられることがないので、精神的な辛さがないのもメリットといえるでしょう。

高度な接客技術は求められない

図書館では物品販売のバイトなどに比べると、利用者との会話はとてもシンプルです。「〇月〇日までに返却してください」とか、「お探しの本はこちらになります」など、利用者に端的に情報を伝えるだけなので、高度な接客技術がなくても問題ありません。ただし、利用者に不快感を与えないよう、笑顔で親切に接するよう心がけましょう。

図書館のバイトのデメリット

図書館のバイトには、どんなデメリットがあるのか紹介します。バイトを始めてから「自分にとってデメリットだらけだった」とならないよう、デメリットを確認した上で図書館のバイトがご自身に向いているかどうかの参考にしてください。

覚えることが多い

図書館のバイトは、本の種類による整理方法や本の掃除のやり方、利用者に対する説明など、ほかのバイトと同様で覚えることは多いです。本に興味がない人にとっては覚えるのが面倒になる可能性があります。

気力と体力を使う

大量の本を移動する際は台車を利用することが多いものの、まとめて本を抱える作業もあり意外と体力を使います。また、本や棚の掃除は延々と同じ作業を繰り返すため、精神的にも肉体的にも気力と体力を消耗しがちです。複数冊の本を抱えたまま、図書館内を一日に何度も移動するのは肉体疲労をともなうので、体力がない人にとってはデメリットになりかねません。

高時給ではない

地域差は若干あるものの、図書館のバイトの時給が他のバイトと比べて高い訳ではありません。東京都のとある区の例を挙げると、1,000円から1,050円程度。同区のコンビニバイトの日中の時給も1,000円から1,050円程度ですので、高時給を希望する人にとってはデメリットとなり得ます。

清掃時のホコリに注意

図書館内は比較的清潔なものの、棚の下側のホコリや古い本に付着したカビ、虫のフンなどにより、くしゃみや目のかゆみなどのアレルギー症状が起きる可能性があります。ハウスダストアレルギーがある人にとっては、図書館のバイトが苦痛に感じるかもしれないので注意してください。

大学生の図書館バイトの探し方

大学生が図書館でバイトするには、どんな探し方をすればよいのか知っておきましょう。

バイトポータルサイトを活用

Web上にあるバイト情報サイトを活用します。バイトポータルサイトには、検索窓や絞り込み検索などが設置されているので、希望するエリアを選択後に「図書館」と入力してみてください。勤務時間や時給などが明確に記載されており、同時に応募ができます。住所氏名などのほか、メールアドレスが必要なので準備しておきましょう。

派遣会社を活用

派遣会社によっては、図書館のバイトを取り扱っていることがあるので、まずは登録しておくとよいでしょう。ただし、バイトポータルサイトも含め、募集数は決して多くありません。気になるバイトがあれば、早めに応募することをおすすめします。

地域のホームページを活用

自宅近くの図書館でバイトしたい場合や、バイトしたい図書館が決まっていれば、該当の自治体が運営するホームページや図書館の公式サイトを活用します。バイト募集のお知らせが記載されていないか、こまめに確認しておきましょう。

大学の学生課を活用

大学の学生課では、大学内の図書館バイトの募集をしていることがあります。こまめに顔を出して、図書館のバイト募集をしていないか確認してみてください。

図書館のバイトは見つけたら即応募を!

図書館のバイトは、大学生でも図書館司書の資格がなくても可能です。時給が高い訳ではありませんが、本好きの大学生にはうってつけ。冷暖房完備の快適環境で働けますが、本の移動や清掃業務など体力が必要です。図書館のバイトは募集数が少ないため、バイトポータルサイトや派遣会社などで見つけたらすぐに応募しましょう。

関連リンク

図書館司書のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
図書館関連のアルバイト求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180906153501p:plain

著者:ひまわり

小さいころから、色々な職業に就いてみたい!と思っていましたが、実際、これまでに経験してきたアルバイトは、多岐に渡ります。コンビニや飲食店のアルバイトから始まり、美容室、アパレル店員、釣り具屋、お土産屋、ペットショップなど、接客業が中心です。どのアルバイトも自分の中の「好き」を優先して選んだため、知らないことを学べる喜びがありました。現在は、過去の経験を活かし、ライターとして日々奮闘中です。