【転職者の内定辞退】内定承諾後の辞退の仕方や今後の転職への影響

内定承諾後に、やむなく辞退せざるを得ない場合がありますが、内定承諾は企業との一種の契約を交わしたことになり、その後の辞退には気を配る必要があります。そこで、内定承諾後の辞退の仕方や今後の転職への影響について紹介します。

内定承諾後でも辞退することは可能?違法にはならない?

内定承諾後でも原則として内定を辞退することは可能です。その理由としては、内定を辞退することは、労働者の職業選択の自由(憲法22条)の範疇であるといえるからです。
もう少し詳しく説明すると、一般的には内定承諾書にサインをすると民法で「労働契約を締結した」とあつかわれ、辞退は労働契約を解約するということになります。労働契約の解約はいつでも申し入れが可能となっており(民法627条1項)、会社に解約の意思を伝えてから2週間後に契約解消となる旨が定められています。つまり、内定承諾後に辞退することは違法ではありません。
ただし、常識に反するような形での内定辞退(入社日の直前の辞退や高額な費用のかかる入社前研修を受けたのちに辞退するなど)をすれば、賠償請求をされる可能性もありますので、内定辞退はできる限り早く誠意をもって対応するようにしてください。
特に人手不足が極まっている現状では、企業側の内定承諾者への期待度は高く、受け入れのための準備にも多くの人が関わることを理解しておく必要があります。

▽転職活動中のみんなのクチコミをチェック!
転職活動中のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20181107122819j:plain出典:写真AC

内定承諾後の辞退の連絡はいつまでにすればいいのか?

先述しましたとおり、法律的には、内定受諾後の辞退は2週間前までに申し出ればよいとされています。ただし、あまりにギリギリの申し出になれば企業側の採用関係者に迷惑をかけることになってしまうため、なるべく早いタイミングで述べるのがマナーです。伝えづらいことではあるので、迷ってギリギリになってしまうというケースもよくありますが、決断をしたら早めに伝えるようにすべきです。これは、内定辞退だけでなく社会生活全般での心得でもあります。

内定承諾後の辞退の連絡は必ず電話で!

内定承諾後に辞退する時には、必ず電話で採用担当者に連絡してください。ビジネスでの連絡手段としてメールでの連絡も一般化していますが、電話にする理由として、早急に確実に連絡できること、気持ちが伝えやすいこと(誠意を伝えることができる)があります。
以下に、電話で辞退をする時の伝え方の例を紹介します。

電話で内定承諾を辞退する伝え方の例

先日、内定承諾をさせていただきました○○○○と申します。
採用ご担当の△△様はいらっしゃいますでしょうか?

お忙しいところ恐れ入ります。先日内定承諾させていただきました○○○○です。大変申し訳ありませんが内定辞退させていただきたく、ご連絡させていただきました。
大変心苦しいのですが、無理だと思い込んでいた第一志望の企業から内定をいただき、貴社の内定を辞退させていただく決心をいたしました。
一度内定承諾しながら、辞退を申し上げることで、△△様をはじめ関係者のみなさまに多大なご迷惑をおかけすることになり大変申し訳ございません。
本来ならば、直接お詫びに伺うべきところですが、取り急ぎお電話でご連絡を差し上げました。誠に申し訳ございません。なにとぞ、よろしくお願いいたします。

電話を受けた採用担当者は、動揺している場合が多く、ともすれば感情的になることもありますので、とにかくお詫びするというトーンで終始し、辞退理由を詳しく聞かれた場合は、アレンジせず可能な限り事実を伝えてください。ただし、他社を選択した場合、具体的な社名まで伝える必要はありません。

内定辞退の電話後はあらためて手紙でのお詫びを

内定辞退の電話をしたあとの行動として、手紙で重ねてお詫びを伝えることは、辞退された側として誠意ある謝罪対応をされたと納得いただけることになりますのでおすすめしまします。
その内容は、内定承諾後の辞退で企業側に迷惑をかけてしまったことをしっかりとお詫びするものとし、以下に例文を紹介します。

手紙で内定承諾の辞退をお詫びする例文

拝啓
貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
先日はお忙しい中、お電話を差し上げ、失礼いたしました。
誠に勝手ではございますが、お電話でご説明させていただいた理由により、今回の内定承諾を辞退させていただきたく存じます。
貴重なお時間を割いて選考をしていただき、一旦、内定承諾したにも関わらず辞退させていただくことは、貴社に大変ご迷惑をおかけすることになり、心苦しい限りですが、なにとぞご容赦をお願いいたします。
転職活動を通して、大変お世話になりましたことを心より感謝しております。
末筆ながら、貴社のご発展をお祈り申し上げます。
敬具

平成××年×月×日
○○○○

誠意が伝わることから手書きで縦書きとし、丁寧な文字で、便箋は白地縦書き対応のものを使用してください。
手紙を書く経験が少ないためにおっくうになり出さずじまいということもありがちですが、手書きが無理ならワープロで、手紙自体に抵抗があればメールでとすることで、出さないで終わることは避けるようにしましょう。

内定承諾後の辞退は今後の転職に影響するのか

内定承諾後の辞退は、今後の転職に影響するでしょうか。
辞退後にまったく違う業界や、異なる地域で転職する場合は、ほぼ影響はないと思われますが、同じ業界や地域で転職する場合は、意外に世間は狭く、内定辞退した企業と関わっていく可能性も大なり小なりありうることで、多少なりとも影響するリスクはあります。
そのリスクを回避するためにも、内定を辞退する際は慎重にそして誠実に行う必要があります。
注意点として、辞退理由が明確ではない場合は、きっちりと自身で今回の事態に至った過程を整理しておく必要があります。もっといいところがあるような気がしたとか自分には合っていないかもしれないというような漠然とした理由で辞退した場合は、その後の転職活動でも同じことを繰り返す可能性があります。転職で実現したいことを具体的にピックアップして優先付けを行い、これが実現できる企業なら転職するという明確な意思形成を行ってから転職に臨んでください。

内定承諾後の辞退は誠実に対応することが転職者の心得

内定承諾後の辞退は、企業側の関係者に大きな失望を与えます。このため辞退を決意したら、まず電話で早めに誠実に伝えて謝罪しましょう。そのあと手紙で丁寧に誠意をもった謝罪を文字で伝えることを心がけてください。
このような謝罪対応は、今後の社会生活全般に活かすことができます。

関連リンク

転職求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ
転職活動中のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180305161043j:plain

著者:寺澤 健治

エンジニアから人事責任者を経て人材ビジネス分野に転職。派遣元責任者25年の経験で多くの社員の悩み事やキャリア相談を経験してきました。
登録標準キャリアコンサルタント
第一種衛生管理者、各種情報処理資格所有