就活本77冊を一気に読破!役立つ&奇妙なアドバイスを抜き出してみた

自己分析や会社訪問時のマナーなどが掲載されている、就職活動に悩む人たちの強い味方「就活本」。しかし、1冊読むだけでは知識に偏りが出るかもしれません。

そこで、ここ数年間で発行された就活本77冊を一気に読破! その中から「参考になる!」と思った記述と、「えっ、本当にそれでいいの?」と驚いてしまった部分を抜き出してみました。

f:id:hito-contents:20190214150841j:plain

与えられた時間は10日間。その中で77冊もの本を読む日々は相当にハードでした。眼精疲労に苦しみ、時間に追われる日々。しかし、対人関係におけるマナーをもういちど集中的に叩き込まれ、有意義な時間でもありました。

それでは、今回の就活本調査で気になったポイントをご紹介していきましょう。

「なるほど!」と納得したアドバイス

まずは参考になりそうな記述からピックアップ。

「質問のオウム返し」で時間稼ぎ

f:id:hito-contents:20190214150846j:plain

バックトラックとは、面接官の出した質問をオウム返しにすることです。そうすることで質問内容の確認になると同時に、そうしながら回答を考える時間稼ぎにもなります。
引用:川合雅子『就活をこの本からはじめよう 社会力をつけるワークブック』(学文社、2011)

バックトラック、またはバックトラッキングとも呼ばれる聴き方のテクニック。オウム返しをすることで、相手に「大切にされている」といった肯定的な感覚を与えられるのだとか。思わぬ質問に言葉が詰まり、回答に窮することはよくあるもの。少しでも長く考える時間が欲しい、そんなピンチの時に役に立つだけでなく、普段の会話にも取り入れられそうです。

資格がなくても、「受験予定」と書いてアピール

その資格を持っておらず、まだ履歴書に書けない……というときでも、ちょっとした裏技があり、それは「秘書検定1級(◯◯◯◯年◯月 受験予定)などと書くこと。特に社会人の転職の場合には、この書き方は知恵として広く活用されている。
引用:坪田まり子『就活必修! 1週間でできる自己分析2020』(さくら舎、2018)

取得予定の資格について、受験前だとしても履歴書に書くのは有効とのこと。ただし、取るつもりもない資格を書くのは避けましょう。面接を受けるときにその資格の合否が出る場合もあり、面接官からその旨を問われる可能性もあります。嘘はいけません。

「コミュニケーション力には自信があります」は禁句

採用面接を行う人事部のスタッフは、この言葉を聞くとカチンとくる人が圧倒的に多いはずです。(中略)
面接官は、いつも(中略)コミュニケーションについて勉強し、考え、闘っているのです。そういう人を相手に、軽々しく「コミュニケーション力には自信があります」とは言わないほうがいい、ということです。
引用:丸山貴宏『そのひと言で面接官に嫌われます』(青春出版社、2014)

「“コミュ力”あります!」は、面接でつい言ってしまいがちなフレーズ。この言葉で面接官のスイッチが入ってしまい、「“コミュ力”を発揮した具体的な場面は?」と聞かれることも。そこで説得力のある回答ができなければ、不採用へ近づいてしまいます。

ちなみに「ワーク・ライフ・バランス」という言葉も禁句とされますので、気を付けましょう。「仕事第一ではない、残業NGの人」と受け取られる可能性があるためです。定時で帰ること自体は、何も悪くないのですが。

話のまとまりがつかなくなったら、残り時間で「締める」

自分でも何を話しているのか見失ってしまったら、とりあえず話を打ち切ろう。尻切れでもいい。そして最初の質問内容を復唱する。「つまり私が御社を志望した理由をまとめますと……」として、残り10秒で締めること。
引用:新星出版社編集部『わかる!!わかる!!わかる!!面接&エントリーシート ['20年度版]』(新星出版社、2018)

大事な面接で話の着地点がなくなってしまったときは、パニックに陥ってしまいそう。そんなときには慌てず、話を打ち切ってからまとめて締めるのが効果的だとか。急がば回れです。

そのように、話しているうちに「あれ、何の話をしてるんだっけ?」と忘れてしまうことってたまにありますよね。そんな自覚がある人は、質問だけは忘れないように自分に言い聞かせておいたほうがよさそうです。

控え室にも面接官がいる

面接室よりも、控え室のほうが、よりその人らしさを表すという理由で、さりげなく、控え室に面接官を1人置いている会社もある。
引用:常見陽平・園田雅江『本当に使える就活・実践本』(主婦の友社、2012)

取り繕っていない姿を見たい企業側の気持ちはなんとなくわかります。控え室だけでなく、トイレにも清掃員に扮した社長が就活生をチェックしている可能性もあったりして……。帰るまでが遠足と言いますが、「帰るまでが面接」と心得ておくといいかもしれません。

面接官が2人いたら、挨拶は2回する

f:id:hito-contents:20190214150921j:plain

面接時に1回しか挨拶をしない学生は多いが、面接官が2人以上いる場合は別。挨拶を2回するだけで印象は段違い。
引用:就活研究所面接班『大事なとこだけ総まとめ面接 [2015年版]』(永岡書店、2013)

これはシチュエーションを問わず、初めての打ち合わせの席などでも使えそうなテクニックですね。面接官が複数いる場合は、挨拶だけでなく、話すときにも複数人いることを意識しておくとよさそうです。複数の面接官に対して目を合わす配分をなるべく均等にするといったことも、印象に影響するのかも。

面接官と「雑談」しよう

面接官も人間です。人間、「人の話を聞く」というのは実はストレスなんです。(中略)
面接時間10のうち、面接官は1、自分は9話せたという場合。(中略)実は落ちるケースがほとんど。次に進めるのは、面接官3:学生7。きちんと会話のキャッチボールができている面接がこれにあたります。
引用:野村絵理奈・会田幸恵『女子力就活! 内定率100%の就活スクールの最強メソッド』(ポプラ社、2012)

面接は「自分が一方的にしゃべるもの」ではないようです。さらには「面接官との雑談を楽しむぐらいがいい」と書かれた本も多くありました。

さまざまな就活本の中で、「選考は『一緒に働きたい人』を探すためにある」とも言われています。「よき後輩である自分の姿」を念頭に置いて、楽しく話すことが採用への近道かもしれません。

グループディスカッションでは、暴走者を止めなければ全員不合格に!

f:id:hito-contents:20190214150925j:plain

暴走する人を野放しにすると、出席者全員が不合格になるので注意すること。
引用:中谷彰宏『面接の達人 2011 就活マナー編』(ダイヤモンド社、2009)

与えられたテーマについてグループで議論するグループディスカッション。議論の中身や結論だけでなく、プロセスが重視される可能性や時間制限があることも考えると、暴走する人を野放しにするのは危険。かと言って、強引に制止したり無視したりするのも評価に影響するかも……。暴走する人の話も受けながら、ポジティブかつ「身近で具体的な話題」に変えていくのが効果的だそう。

深呼吸より「息を吐け」

緊張するとつい深呼吸しがちだが、空気をたくさん吸い込むことでより緊張状態が増してしまう。リラックスしたいときは逆に大きく息を吐き出してから吸い込むほうが効果的。
引用:就活研究所面接班『速攻!!ワザあり面接&エントリーシート(2020年度版)』(永岡書店、2018)

リラックス法といえば深呼吸ですが、逆に緊張してしまうとは意外でした。この「息を吐く」リラックス法は、認知科学者の苫米地英人氏も著書『自分プロデュース就活術』(サイゾー)の中で勧めています。

ちょっと奇妙なアドバイス

77冊も読めば、中にはちょっと「本当に……?」と疑わしいアドバイスも見つかりました。そちらもご紹介しましょう。かなり独特なので、ご使用は自己判断で。

まるでネットの「乗換案内」!?

f:id:hito-contents:20190214150930j:plain

Q. 今日はここまでどのように来ましたか
NG例 横浜からJRに乗り、新橋駅で地下鉄に乗り換えて、ここまできました。
OK例 自宅から御社までの所要時間は通常48分です。まず自宅から最寄りの川崎駅まで徒歩8分。川崎駅から新橋駅までJR東海道線で17分。新橋駅から日本橋駅まで都営浅草線で5分。日本橋駅から東陽町駅まで地下鉄東西線で8分。3番出口から出て、徒歩10分で御社に参りました。地下鉄の社内では御社の広告を見つけ、うれしい気持ちになりました。
引用:坂本直文『イッキに内定! 面接&エントリーシート[一問一答] 2020年度』(高橋書店、2018)

NG例は「聞き手はどのように来たのかイメージできない、主要時間はもちろん、経路や手段も含めて説明すべき」ということで、このOK例になるのだそうです。

「乗り換え案内のような説明」で記憶力のよさをアピールするとのことで、確かに面接官はこれに圧倒されるでしょう。ただし、あまりにも丁寧すぎると「もっと端的に話してくれ」と思う面接官もいるのではないでしょうか。吉と出るか、凶と出るか……。

面接では3秒で答えないと落ちる

自分の知らない質問や答えに困る質問もある。その際は黙るのではなく、「ン~」とか「エ~」とか何か言葉を挟んで瞬時に頭をフル回転させて返事を作る。そのときのギリギリの時間が3秒だ。3秒を越える沈黙はその面接を落ちたと思う方がいい
引用:柳本新二『内定を勝ち取るための51カ条 実績No1就活ゼミ講師カリスマ柳本が伝授する』(日経BP社、2012)

3秒で答えなければならないのは、正直厳しい……。しかし、「少し時間がかかってもいいから、的確に答える」ことをよしとする本も多くありました。逆に急ぐあまり、支離滅裂になってしまうと減点対象になることも。自分に合った答え方を選びましょう。

証明写真の撮影に10万円かけろ

10万円も出せば、洋服選びにヘアメイク、女性の場合のメイキャップ、そして写真撮影までをカバーできると思います。(中略)「たかが写真撮影に10万円!」と思いましたか? これはあなたへの先行投資です。10万円で未来が好転すると思えば、安いものです。
引用:上村 英樹『ストーリー就活術』(日刊工業新聞社、2011)

確かに写真は大事ですが、10万円はかなり高い金額に思えます。大学生アルバイトの平均月収は下宿生の場合28,770円。4カ月分のバイト代をつぎ込んで写真を撮るのかと思うと、二の足を踏んでしまいそう。

ちなみに「証明写真はスピード写真ではなく、写真館で撮る」というアドバイスは多くの本で書かれていました。あごを引くの苦手だったり、自然な笑顔が苦手だったりする人は特に、写真館で撮ってもらうのがよさそうですね。

内定電話が深夜1時にかかってくる!?

f:id:hito-contents:20190214150935j:plain

うれしい内定の知らせがかかってくるのも夕方から夜にかけてで、深夜1時ということもあるほどです。
引用:就職試験情報研究会『就職活動マナー&エチケット [2012年度版]』(一ツ橋書店、2010)

深夜1時、寝ている学生も多いのではないでしょうか。そんな時間に学生へ電話をかける会社には、はたして入社すべきなのかと考えてしまいます。しかしくれぐれも「こんな時間に、いい加減にしてくれ!」などと怒ってはいけません。

就活、あのウワサはホント?

就活にはいくつかのウワサがついて回ります。就活本には「それは本当なのか?」の答えも書いてありますので、いくつか見てみましょう。

第一印象では内定は決まらない!

「部屋に入ったとたん、第一印象で内定が決まる」なんて、大きなカン違いです。私は十数年にわたりさまざまな会社で面接をしてきましたが、第一印象で内定を決めたことはありません。(中略)いろいろな企業の面接官に質問してまわったことがあります。結果、私が聞いた中にそういう会社はありませんでした。
引用:梅田幸子『だから内定をのがす! もったいないカン違い45』(日本経済新聞出版社、2011)

就活では「開始10秒の第一印象で内定が決まる」という神話があります。実際にその通りと書かれている就活本もいくつかありますが、本書の内容は「ベテラン面接官が周囲の意見を総合した結論」なので、説得力がありますね。ただし挨拶ができない、清潔感がないなどは論外とのことなので注意しましょう。

ちなみに第一印象を高めるには、「胸を張る」ことが効果的だとか。猫背のときより肺が圧迫されにくくなり、呼吸が深くなって緊張しにくくなるという二次効果もあるそう。

大企業へ入るには、偏差値が高い学校が圧倒的に有利

偏差値70~75の学部の学生で民間企業に就職した者のうち71.4%が従業員数5000人以上の大企業に就職しているが、偏差値37~39の学部の学生は5.7%のみである。
引用:常見 陽平『「就活」と日本社会 平等幻想を超えて』(NHK出版、2015)

一部上場企業のような大会社に入るためには、偏差値の高い大学が有利。そのことは、データで如実に表れています。就活市場は平等ではなく、大学の偏差値によってスタート地点の差がある。そのことを自覚した上で、有利な人に負けないための面接対策を考える心構えが必要なのかも。

無名大学生のESは、人気企業ではほぼ読まれない

f:id:hito-contents:20190214150939j:plain

現実的には学歴で落としているにもかかわらず、そう公言はできないため、エントリーシートの内容が悪かった、ということで落としている。つまり、学歴スクリーニングの隠れみのとしてエントリーシートを利用しているだけなので、内容などあまり目を通さない。
なにせプレエントリーは平気で2~3万通に達し、本応募でもその数が1万通を超えるでしょう。(中略)物理的に読みこなすことなどできません。
引用:海老原嗣生『なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?―人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる』(東洋経済新報社、2015)

就活生が思いをぶつけるエントリーシート。大手人気企業の大半では、ほぼ学歴の選別のみに利用されるため読み込まれることはないそう。しかし、メーカーは紳士的な社風が多く、(好況期の)金融は人手不足が頻発するため、人気上位の会社でも読み込んでくれることが多いとか。

無名大学の出身者であれば、「どこならばエントリーシートを読んでもらえるか」の戦略も立てる必要がありそうです。

多くの就活本で意見が一致したことは?

終始ハッピーな話より、逆境や挫折を絡めたエピソードを聞きたい

なお、以下の記述は多くの本で共通していました。

  • 椅子は3分の2程度に浅く腰掛ける
  • 履歴書は手書きで、一字でも間違えたら修正液は使わず、書き直す
  • 志望の順位を聞かれたときはいつも「第一志望」と答える
  • 入社の意思を問われたときは「御社への入社しか考えていない」と答える
  • 簡単な資格は役に立たない(TOEIC900、簿記1級などはOK)
  • 面接最後の質問はしたほうがいい(ただし「たくさんのお話を伺えましたので、十分理解できました」などと終わらせるパターンもある)」

さらに、いろいろな本で見られたのが「ハッピーな話より、失敗や挫折をどう乗り越えたかを聞きたい」という記述。「逆境に陥ったときのパワー」を学生に求めるゆえなのだとか。

f:id:hito-contents:20190214150943j:plain

あの「就活武勇伝」がマネされている?

ちなみに就活には、さまざまな真偽不明の武勇伝があります。たとえば、

  • 「男は黙ってサッポロビール」という広告コピーを真似して、面接で黙り込んだ人が通った
  • 「GNPとは、がんばれ日産パルサーの略です」と自己PRした人が日産に入社した
  • 大関の面接で逆立ち。「僕は関大(関西大)です! 逆立ちすると大関です!」

引用:石渡嶺司・大沢仁『就活のバカヤロー』(光文社、2008)

という名フレーズですが、毎年マネをする学生がいることは事実だとか。それに対して人事担当者は、「他人のマネより、自分のことを教えてくれ」と思っているそうです。就活本で情報を頭に入れつつ、モノマネになりすぎない就活を……。

77冊の就活本を読んで

よっぽどの奇書でない限り、9割は同じようなことが書いてあり、9割以上の内容は的を得ていました。あまり悩みすぎず、エイヤッと買ってしまっていいかもしれません。

77冊読んでみて、まったく参考にならなかった本は1冊もなく、先人たちの工夫が詰まっていました。

ただしKindle限定本の多くは多少質が落ちる気もしました。Kindleで買う本は、出版社から出ているもの、紙版も出ているものをオススメします。

「就活するぞ!」とやる気を出すための1つの方法として、就活本を読み込むのはアリだと思います。77冊読めとは言いませんが、就活に悩んでいる方は、ためしに何冊か読んでみてはいかがでしょうか。

読んだ本

川合雅子『就活をこの本からはじめよう 社会力をつけるワークブック』(学文社)
坪田まり子『就活必修! 1週間でできる自己分析2020』(さくら舎)
丸山貴宏『そのひと言で 面接官に嫌われます』(青春出版社)
新星出版社編集部『わかる!!わかる!!わかる!!面接&エントリーシート ['20年度版]』(新星出版社)
常見陽平・園田雅江『本当に使える就活・実践本』(主婦の友社)
就活研究所面接班『大事なとこだけ総まとめ面接 [2015年版]』(永岡書店)
野村絵理奈 会田幸恵『女子力就活! 内定率100%の就活スクールの最強メソッド』(ポプラ社)
中谷彰宏『面接の達人 2011 就活マナー編』(ダイヤモンド社)
就活研究所面接班『速攻!!ワザあり面接&エントリーシート(2020年度版)』(永岡書店)
坂本直文『イッキに内定! 面接&エントリーシート[一問一答] 2020年度』(高橋書店)
柳本新二『内定を勝ち取るための51カ条 実績No1就活ゼミ講師カリスマ柳本が伝授する』(日経BP社)
上村英樹『ストーリー就活術』(日刊工業新聞社)
就職試験情報研究会『就職活動マナー&エチケット [2012年度版]』(一ツ橋書店)
梅田幸子『だから内定をのがす! もったいないカン違い45』(日本経済新聞出版社)
常見陽平『「就活」と日本社会 平等幻想を超えて』(NHK出版)
海老原嗣生『なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?―人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる』(東洋経済新報社)
ウィットハウス編集部 一橋出版編集部『就職活動のための手紙・電話のマナー 2010年版』(一橋出版)
石渡嶺司 大沢仁『就活のバカヤロー』(光文社)
美土路雅子『要点マスター!就活マナー ['20]』(マイナビ出版)
就職情報研究会『就活のやり方[いつ・何を・どう?]ぜんぶ! 2020年度版』(実務教育出版)
菊池一志『採用側のプロが書いた 就職面接 完全対策集’20年版』(大和書房)
太田 芳徳『リクルートを辞めたから話せる、本当の「就活」の話 無名大学から大手企業へ』(PHP研究所)
中川 淳一郎『内定童貞』(講談社)
はあちゅう『就活・転職でもやもやしたら読む本』(ゴマブックス株式会社)
筒井徹也『鉄じぃの絶対負けない戦略的就活論 鉄じぃの就活本シリーズ』(影老書房)
石井邦博『最新版 納得内定ゼミ』(カナリアコミュニケーションズ)
坪田まり子『就活必修! 速習の面接・インターン2020』(さくら舎)
長江由美子『未来をひらくビジネスマナー : 就職活動・社会人デビューを控えたみなさんに』(大学教育出版)
山本いずみ 白井聡子『ビジネスへの日本語 : これから社会へ飛びたつ君たちへ』(朝倉書店)
就活のいろは作成委員会『就活のいろは : ルール&ビジネスマナー』(職業訓練教材研究会)
就活ナレッジ研究会『フルチャージ!就活時事・一般常識 : 時事・一般常識・業界研究キーワード・マナーまで一冊でカバーする一問一答問題集 2016年度版』(実務教育出版)
職場の権利教育ネットワークほか『学生のためのワークルール入門 : アルバイト・インターンシップ・就活でトラブルにならないために』(旬報社)
就活問題対策委員会『企業が求める就活・ビジネスマナー450問 2010年度版』(ゴマブックス)
鈴木真理子『新社会人のためのビジネスメールの書き方 就活から役に立つ』(SMBCコンサルティング株式会社)
寿マリコ『好印象で面接に勝つ!就活メイク講座』(ミネルヴァ書房)
西尾太『就活の学校人事の本音、就活の誤解 人事が語らない不採用の理由』(メトロポリタンプレス)
赤堀勝彦『就活生・新社会人のためのプレゼンテーション入門 自己紹介からはじめるプレゼンテーションスキル』(保険毎日新聞社)
森吉弘『よくわかる森式就活履歴書・エントリーシート第5版』(ユーキャン就職試験研究会)
女子就活ネット『2019年度版 ホンネの女子就活』(実務教育出版)
日経HR編集部『就職活動ナビゲーション [2014]新版 (この1冊で就活のすべてがわかる!)』(日経HR)
就活研究所面接班『必勝面接力 : 完全版 ['15年度版]』(永岡書店)
菅原秀樹『絶対に後悔しない就活術 あなたの就活常識は間違いだらけ!』(河出書房新社)
石渡嶺司 常見陽平『強い就活!』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
川原世雲『就活、転職、アルバイト応募のためのペン字練習BOOK 絶対採用したくなる文字が書けるようになる』(マイナビ出版)
竹中紳一『就活先生 内定を勝ち取るための31のステップ』(新潮社)
才木弓加『面接 自己PR 志望動機 : 内定獲得のメソッド ['20]』(マイナビ出版)
碇ともみ『「受かる」就活女子レッスン』(幻冬舎ルネッサンス)
広瀬幸一『たった1時間でバッチリ分かる!人事のプロが教える新卒個人面接の受かり方: 〜 初めての就活シリーズ 個人面接編 〜』(LLG出版)
戸田智弘『就活の手帳』(あさ出版)
光城悠人『内定力』(すばる舎)
苫米地英人『なりたい自分になれる就活の極意 脳機能学者が明かす「自分プロデュース就活術」』(サイゾー)
渡辺憲一『リクナビ、マイナビの就活に疲れたら読む本』(インプレス)
上田晶美『ちょっと待ったその就活!』(技術評論社)
尾藤克之『内定と実力のパラドックス』(パブラボ)
井上真里『就活女子のための就活迷宮から抜け出すトビラ』(TAC出版)
西島悦『「資生堂」ビューティートップスペシャリストが教える就活メーク』(実業之日本社)
村山涼一『就活を採用者視点で科学する』(日本経済新聞出版社)
山崎新知『「二流大学生」が「一流企業」から内定を勝ち取る技術』(PHP研究所)
楠木新『内定「とれる人」「とれない人」―カリスマ人事担当者が就活生に教える』(三笠書房)
廣瀬泰幸『新卒採用基準: 面接官はここを見ている』(東洋経済新報社)
小島貴子『わが子を「内定迷子」にさせない! 親が伸ばす子どもの就活力』(同文館出版)
就職問題ネットワーク『必ず勝つ!!履歴書・職務経歴書 : 「勝つ文例」「負ける文例」がわかる実践マニュアル』(法研)
雇用開発センター『自分で動く就職〈2013年版〉―マニュアル本や就職サイトだけでいいと思っているあなたへ』(雇用開発センター)
菊原智明『面接ではウソをつけ』(講談社)
日本経済新聞社『突撃取材! こちら就活探偵団』(日本経済新聞社)
佐藤留美『人事が拾う履歴書、聞く面接』(扶桑社)
宮台真司『宮台教授の就活原論』(筑摩書房)
常見陽平『親は知らない就活の鉄則』(朝日新聞出版)
松原孝明 加賀博『みんなで考えよう就活と採用: 学生・親・大学教職員・そして企業』(日本生産性本部生産性労働情報センター)
内田雅章ほか『伝説の就活(ゴールド)面接 2010年度版』(ゴマブックス)
内田雅章 唐沢明『伝説の就活黒エントリーシート・履歴書(2010年度版)』(ゴマブックス)
友寄秀俊『就職活動スタートブック(2015年度版)』(洋泉社)
中沢孝夫『就活のまえに―良い仕事、良い職場とは?』(筑摩書房)
小島貴子『働く意味』(幻冬舎)
日本就活面接研究会『就活ノート 内定獲得のポイント 面接対策 一問一答 自己PR 志望動機: 面接でよく聞かれる質問 模範回答10選』
早稲田大学大隈塾出版チーム『成功する就活生は何に取り組んでいるのか:「納得内定」を獲得した2人の大学生の話』
森田恒行『7つ星の自己PRをあなたへ: なぜ日本人は自己PRが苦手なのか わくわく自己PR塾 誌上講義 Vol.1』


イラスト:マキゾウ
企画・編集:宇内一童(ノオト)

関連リンク

就活全般書籍の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
新卒求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180124162806p:plain

著者:辰井裕紀(たつい・ゆうき)

ローカルネタ・卓球・競馬などが得意のライター。過去に番組リサーチャーとして秘密のケンミンSHOWなどを担当。
Twitter:https://twitter.com/pega3