バイトのまかないは時給以上のメリットあり!1人暮らしは要チェック

飲食店のバイトには、「まかない付き」という大きなメリット付きの求人が数多くあります。そもそも飲食店バイトのまかない制度ってどういうものなのか、メリットや注意点、そしてまかないの有無を確認する方法などを紹介していきます。

飲食のバイトをするなら要チェックのまかない制度

飲食店のバイトには、食事が無料で提供される、あるいは割引で食べられるまかない制度が設けられているお店があります。まかないには、大きく分けて2つのパターンがあります。

調理担当者がまかない用の料理を提供

1つ目は調理担当者が余っている食材などを使って、従業員全員分のまかないを作ってくれるパターンです。基本的にはスタッフ皆が同じ料理を食べることになります。

カレー店ならカレー、イタリアンならパスタといったように、店で提供しているものと同じジャンルの料理を出すところもあれば、異なるジャンルの料理がまかないとして提供されるお店もあります。お店によっては、まかないは簡単な料理に限らず、高級な食材が余っている日には少しリッチな食事を作ってもらえたり、時間がある日は手の込んだ料理が提供されたりすることもあるようです。

また、複数の調理担当者が交代でまかないを作っている場合には、担当者による料理の違いを楽しめることもあります。

調理担当者に希望のメニューを頼める

2つ目は、お客様に提供されているメニューの中から、好きなものを選んで無料、または割引価格で食べることができるパターンです。大手の飲食店チェーンではこちらのパターンが主流のようです。お店の商品の味をアルバイトにも知ってもらうことで、お店側としては従業員に自社のファンになってもらえるというメリットが生まれますし、従業員はお客様に味を詳しく説明できるようになるという効果も期待できます。

▽焼肉店のアルバイトのまかないが気になる方必見!クチコミをチェック!
焼肉店でアルバイトのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20190205093003j:plain出典:fotolia

まかないのあるバイトのメリット

食費を浮かすことができる

まかないの最大のメリットは食費を節約できること。たとえば、バイトをする前は夕飯に500円のお弁当を買っていたという場合、まかない無料のお店で1ヵ月に10日バイトをすれば、5,000円の食費が浮きます。
また、1人暮らしで食費を節約するには自炊が一般的ですが、料理が苦手な人にとってはハードルが高めです。まかないで済ませられれば、料理の手間をかけずに食費を節約できるという一石二鳥のメリットがあります。

バイト中の食事を用意する手間が省ける

まかないがない場合、朝から夕方まで働くなど長時間の勤務では、休憩中にとる食事を用意することが必要です。自宅でお弁当を作って持ってきたり、近くに買いに行ったり、あるいは、食べに外出したりしなければなりません。まかないがあると、バイト中の食事を用意する手間が省けることもメリットです。

好きなお店の料理を食べられる

元々そのお店の料理が好きという理由でバイト先を選んだとしたら、無料あるいは割引価格でお気に入りのメニューを食べることが大きなメリットとなるでしょう。仕事中や仕事終わりに好きなものを味わえることは、やりがいにもつながっていくでしょう。

高級食材を使った料理を口にできる

お店によっては余った高級食材を使った料理をまかないで出しているケースがあります。普段、なかなか口にできないものを無料で味わえるのは魅力的です。

バイトでまかないの有無の確認方法は?

まかない付きの飲食店バイトをしたい場合、まかないの有無はどのようにして確認すればよいのでしょうか。まかないが出る場合に確認するべき点についても触れていきます。

求人情報に記載はされている?

バイト従業員にまかないを提供しているとことは、お店側のアピール材料の1つ。そのため、まかないを提供している場合は求人情報にまかないについて記載があることがほとんどです。
無料でまかないを提供している場合は「まかない有り」、割引で提供されている場合は「食事補助有り」や「従業員割引有り」といった形で記載があります。

ただし、求人情報には、全員が同じものを食べるのか、あるいはメニューを選べるのか、割引の場合はどの程度安くなるのかといった詳細な情報までは記載されていないことが多いです。また、お店によってはまかないが提供されるのには、勤務時間数や勤務時間帯の条件が設けられている場合もありますので注意しましょう。

まかないについて面接時に確認するには

求人情報でまかないがあることがわかっても、詳細な情報まではわからないことが多いため、詳しい情報を知っておきたい場合は面接時に聞くことになります。

とはいえ、「まかないはどんなものを食べられるのですか?」「まかないはどのようなケースで提供いただけるのですか?」といったようにストレートに聞くのはおすすめできません。まかない目当てだと思われ、労働意欲を疑われる要因になります。「食事などの休憩はどのようにとっていますか?」など、まかないにさりげなく触れて尋ねるとよいでしょう。

まかない付きバイトの注意点は?

飲食店のバイトのまかないは食費が浮くなどのメリットがありますが、デメリットに感じやすい点もあります。まかないが出るバイトの注意点をまとめました。

同じものや嫌いなものが出ることがある

お店の料理や同じジャンルの料理をまかないとして提供している場合、たとえば、カレー店の場合はカレーが続くなど、同じものばかりが出て、飽きてしまうことがあります。また、全員に同じまかないが提供される場合は、食べるものを選べないため、嫌いなものが出されることも考えられます。好き嫌いが多い人の場合、まかないが出ることが楽しみどころか苦痛に感じてしまうことも。

好き嫌いが多い人はバイト先を選ぶ際に、お店のジャンルや使用している食材も考慮しましょう。

まかないを断りにくい

好き嫌いがない人でも、体調によっては食事をとりたくなかったり、お腹が空いていないので食べたくなかったりすることもあるかもしれません。しかし、特に全員のまかないをまとめて作っている場合は、全員が食べることが前提となっています。すでに作ってあったり、まかないの時間がスタッフのコミュニケーションの時間になっていたりするため、まかないを断りにくいでしょう。

まかないの時間は選べない

まかないを食べる時間は前もって決められていたり、お店の混雑ピーク時を除く時間に指示を受けて順番に食事をとったりするケースがほとんどです。自分で食べる時間を決められないことから、食べたいタイミングで食事ができないこともデメリットといえます。

バイトを探すならお得なまかないの有無もチェックしてみよう

まかない付きのバイトにはデメリットや注意点はあるものの、無料で食事が提供されたり、割引価格で食べられたりするのは、やはりお得です。新しいアルバイトを探すときには、まかない付きの飲食店のバイトをぜひチェックしてみましょう。

関連リンク

焼肉店でアルバイトのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180124162806p:plain

著者:yui

大学卒業後、メーカーの事務職や住宅関係の仕事の経験あり。趣味は美術館に行くこと。学生時代のアルバイト経験は、ファーストフードや販売、家庭教師や事務などを半年くらいずつ。接客関係のバイトが好きでしたが、一番印象に残っているアルバイトは、小売やカード事業を営む大手企業の本社の事務です。