書類選考は履歴書で決まる!転職活動での正しい履歴書の作成法

書類選考をパスし面接へと進むためには、履歴書・職務経歴書などの応募書類が重要で、採用担当者に「この人に会いたい」と思わせる内容でなければなりません。ここでは転職活動における「良い履歴書」の書き方について紹介します。

転職活動をする際の履歴書の重要性

新卒・中途を問わず、採用は書類選考からスタートします。
中途採用は実務経験のある社会人を採用対象としており、応募者の職務経験・スキルなどを把握するために、履歴書に加えて職務経歴書提出も求められます。書類選考は履歴書と職務経歴書を総合的に判断するのが一般的であり、履歴書単体で合否が決定されることは少ないといえるでしょう。

しかし、第二新卒や未経験者を積極的に採用する企業では「職務経験を重視しない」という方針のところもあります。その場合、履歴書重視の書類選考となるため、減点材料のない完璧な履歴書である必要があります。

減点されない履歴書のポイント

・基本的にPCで作成
・誤字や脱字に注意を払う
・記入漏れに注意
・手書きの場合は読みやすい文字で丁寧に

履歴書の記入ミスや漏れがあると、注意力散漫、責任感の欠如などの悪印象を与えます。社会人としての資質そのものを疑われかねないので、しっかり時間をかけて推敲を重ね、完璧な履歴書を目指してください。

▽転職は人生の大事な決断!
転職回数が多い人のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20190128112313j:plain出典:pixta

転職活動での履歴書の書き方 学歴欄

学歴を記載する場合の注意

履歴書のフォーマットにより学歴・職歴をまとめて記載するタイプと、それぞれを分けて記載するタイプがありますが、いずれも一行目・左右センターの位置に「学歴」とタイトルを記入します。学歴はどの時点から記載しても構いませんせんが、中途採用の場合は高校以降の学歴を記載するのが一般的です。

年月は西暦表記・和暦表記を問いませんが、いずれかに統一しましょう。

履歴書は正確な内容でなければならない

もっとも注意しなければならないのは内容の正確さ。
学校名は略称ではなく正式名称で表記し、年度などの誤表記を防ぐために客観資料で確認することをお忘れなく。

また絶対にしてはいけないのが経歴詐称です。
実務経験やスキルは十分でも、学歴の部分で大卒以上の要件を満たしていないという場合があります。
「どうせ調べないだろう」などと安易な気持ちで最終学歴を大卒と記載してしまったらどうでしょう?もし内定後にその事実が発覚した場合、内定取り消しの可能性は高く、告発されることもあり得ます。

転職活動での履歴書の書き方 職歴欄

学歴・職歴をまとめて記載するフォーマットの場合、学歴と1行空けてください。職歴のタイトルは学歴と同様に左右センターで記入します。
学歴と職歴が別枠になっている場合は、1行目に職歴とタイトルをおきます。

内容は入社から現在までを箇条書きで記載します。
社歴が浅く、アピールできる内容が少ない場合は仕事内容・異動歴・研修で学んだことなどを箇条書きにすることをおすすめします。入社以後の成長が感じられるよう意識しましょう。

アルバイト経験も十分なアピール材料として使える可能性あり

職歴として記載できるのは正社員としてのものに限るのが一般的ですが、社歴が浅く記載できる内容が乏しい場合、「自分にとって特別なスキルを獲得した」「キャリアビジョンを描く動機付けになった経験である」などに該当するものであれば、アルバイト経験を職歴として記載できます。その場合は、十分なアピール材料となるよう具体的に記載しましょう。

転職活動での履歴書の書き方 志望動機

志望動機は履歴書の中で採用担当がもっとも注目する項目です。
採用担当者が志望動機に書かれた内容から読み取ろうとするポイントは以下の3つ。
(1)応募の理由が明確か?
(2)入社後に活かせる経験・スキルを備えているか?
(3)入社後のビジョンはあるか?

企業が求めているのは「将来性に共感したから」「事業に魅力を感じた」といったどの企業にも当てはまりそうな抽象的な理由ではなく、「この会社でなければならない」という応募者の唯一無二の思いです。

履歴書をベースに面接が行われることを意識する

志望動機には先ほど挙げた3つのポイントが具体的かつ説得力をもって語られていなければなりません。また、面接は提出書類をベースに質疑応答が行われるため、突っ込んだ質問をされても対応できるよう「口頭でのプレゼンテーション」を念頭におくことも重要です。

履歴書と職務経歴書を同時に提出する場合は職務経歴書に志望動機を記載し、履歴書のほうは自己PR欄のない書式を選択してもよいでしょう。

転職活動での履歴書の書き方例

学歴・職歴

                学歴
20××年 4月 ××大学付属××学園高等部入学
20××年 3月 ××大学付属××学園高等部卒業
20××年 4月 △△大学法学部法律学科入学
20××年 3月 △△大学法学部法律学科卒業


                職歴
20××年 4月 株式会社○○入社
          食品事業部に配属
          営業担当として新規顧客開拓業務に従事
20××年 4月 営業企画部に異動
          販売促進担当として海外市場マーケティング業務に従事
                        
                              現在に至る

※学歴は年度と学校・学科名を正確に、職歴は社名・配属先・職種・業務内容を箇条書きで簡潔に記載しましょう

志望動機

私が貴社を志望する理由は、貴社の積極的な海外展開に対し、自分の英語力・海外経験・前職での実績を活かせると思ったことと、貴社でなら地球規模のスケールの大きい仕事ができると確信したからです。
私は幼少期から中学入学までの10数年をアメリカ・カナダ・イギリスで過ごし、ネイティブレベルの英語力を身に付けました。TOEICスコアは940です。具体的に就活を始めて以降、自分の英語力と海外経験を活かした仕事がしたいと思っておりましたので、現職は私の希望通りといえると思います。海外マーケティング担当となって2年が過ぎ、よりスケールの大きい仕事を手掛けたいという思いが強くなり転職を決意いたしました。

※活かせるスキル・経験などを盛り込み、具体的に何がしたいかの結論は先に述べ、続けてその補足となる事実を書いていく。

転職活動の履歴書はしっかり時間をかけて用意するのが大切

履歴書の基本は正確な内容と読みやすさ。書類選考を通過し面接に進めるかどうかはこの履歴書の出来栄えにかかっています。ここで紹介した内容を踏まえ、しっかり時間をかけて「この人に会いたい」と思わせる履歴書作成を目指しましょう。

関連リンク

転職求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ
転職回数が多い人のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180305160139j:plain

著者:平野輝樹

フリーランスライター
1989年リクルート入社。情報誌の企画・制作業務に携わる。
2001年フリーランスとして独立。現在は企業向けに人材採用・教育、広報関連のコンサルティング業務と各種メディアでのライティングを行う。
1965年生まれ・52歳 栃木県在住