転職は空白期間があると不利になる?面接を乗り切るポイントとは

転職活動が思いのほか難航したり、病気で働けない期間ができたり。こうして生じた働いていない空白期間は、転職で不利になってしまうのでしょうか。ここでは空白期間がある場合の転職活動について、注意点や対策を解説していきます。

空白期間のある転職は不利?

病気や家庭事情、あるいは転職活動の難航などを理由に、どうしても空白期間が生じるケースがあります。そうした場合、「空白期間が不利になってしまうのでは」と不安になるかもしれません。
結論から言えば、空白期間が転職時に不利となる可能性は考えられます。特に大きな理由として挙げられるのは、空白期間の分だけ経歴が少なくなること。空白期間のない人に比べれば、期間分の経験差がネックとなる場合があるでしょう。そのほか、空白期間が採用するうえでリスクと捉えられることは少なくありません。実際のところ、経歴書で空白期間の有無を見るという人事担当者は多く見られます。この不利を払拭するには、「なぜ空白期間があるのか」について、人事担当者が納得できる理由を持つことが必要です。

また、空白期間の長さも転職時に与える影響を左右するポイントです。基本的にはない方が望ましいですし、たとえ空白期間があっても、短ければ短いほど不利になる可能性は低くなります。どの程度の期間で不利になるかは、事業内容や職種、企業の方針などによって異なるでしょう。
一般的に、転職活動には2~3ヵ月の期間を要するとされています。そのため3ヵ月以内であれば、人事担当者にとって許容できる範囲となるはずです。しかし3ヵ月を超えてくれば、場合によって書類選考で落とされることもあり得ます。空白期間はできるだけ避け、やむを得ない場合は3ヵ月以内をラインとして考えてください。

なお、例えば病気などやむを得ない事情で退職した場合は、履歴書に「病気療養のため退職」などと書きます。そのうえで、その下に現在は回復して問題ない旨を記載しましょう。もし何か空白期間で取得した資格などがあれば、それも添えておきます。これにより、書類選考で落とされる可能性は低くなるはずです。
ただし特別な理由のない場合は「一身上の都合により退職」とのみ書きます。言い訳がましく見えてしまいますので、理由は書かずにおきましょう。この際に空白期間で資格取得やスキルアップなどアピールできる補足情報があれば、自己PRの項目に記載しておいてください。

▽みんなの転職活動の状況が気になる?クチコミをチェック!
転職活動中のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20190118114438j:plain出典:fotolia

転職で空白期間があるリスク4つ

採用側にとって、空白期間はどのようなリスクとして捉えられているのでしょうか。ここでは、具体的に4つの内容について解説します。

1.働くことに意欲がない

そもそも「働きたい」という意欲が乏しく、転職を先延ばしにしていることが空白期間の原因だと思われてしまいます。そのため、採用してもモチベーションが低く、たいした働きはできないのではと懸念されてしまうでしょう。特に書類選考の段階では、この点がネックで不採用になることが少なくありません。

2.問題があって採用されていない

転職活動が難航して採用されないのだと考えられた場合、その裏には採用に至らない大きな問題点があるのではと懸念を持たれかねません。特に人間性などについては表面的に見えづらく、理解してもらうのが難しい点です。すると多くの転職希望者がいる中で、どうしても優先順位が下がってしまいます。

3.ビジネス感覚の低下

仕事を通じて得たビジネス感覚は、長くその仕事から離れることで低下してしまいます。もちろん、転職すれば少しずつ取り返していけるでしょう。しかし即戦力を求める中途採用において、これは大きな不安材料です。

4.情報や知識、技術の劣化

法改正や新しい技術の登場など、業界・職種によっては短い時間でも環境が目まぐるしく変わります。空白期間を経たことで、すでに保持している情報や知識、技術が過去のものとなり、”ついていけない”状態になっているかもしれません。そうなれば研修などが必要となり、即戦力としての評価は低くなります。

【ケース別】転職で空白期間がある場合の面接での対応方法

空白期間があるからといって、必ずしも不利になるとは限りません。期間中の過ごし方について納得できる内容を伝えたり、その期間に得たものをアピールしたりすれば、むしろポジティブに捉えてもらえるでしょう。特に書類選考をパスして面接まで進んでいる場合には、少なからず採用意思があるということ。自信を持ち、誠実に受け答えできれば、採用に繋がっていくはずです。
ただし空白期間があるといっても、その理由はさまざまです。ここではいくつか具体的なケースを挙げ、空白期間に関する答え方を見ていきます。

資格取得や勉強に取り組んでいた

資格を取ったり何か勉強したりするには、それ相応の時間を要します。特に難関資格の取得などであれば、仕事を辞めて勉強に集中しなければいけないことも。こうした場合には、空白期間を経て取得した資格、あるいは学んだスキル等について詳しく伝えましょう。特に転職先で役立つものであれば、高い評価に繋がるはずです。

転職活動が長引いてしまった

転職活動が思いのほか長引いてしまい、空白期間が生じた場合。一見すれば、「どこからも採用されなかったのか」とネガティブな印象を持たれるかもしれません。そのため、長引いた理由を明確に伝えることが大切です。その理由が「長く働ける企業を探していた」「心から自分の力を尽くしたいと思える会社を探していた」など、前向きな理由であればマイナスには捉えられません。

留学していた

中長期の留学で空白期間が生じた場合、留学中に得たものをアピールしましょう。語学力はもちろん、学校で学んだこと、経験したことを整理して伝えます。特に「それが入社して何に活かせるのか」を伝えられると、高評価に繋がるはずです。

病気で療養していた

病気が理由の場合、「また体調を崩すのではないか」と懸念されるかもしれません。そのため、現在は全快し、仕事に支障がないことをしっかり伝えましょう。これと共に、療養中に努力したことがあれば合わせて伝えてください。ビジネス感覚が衰えないよう情報収集していた、何か勉強に取り組んでいた、など。努力する姿勢は、採用する側にとって魅力的に映ることでしょう。

家庭事情で働けなかった

例えば親の介護など、家庭事情によって働けなくなることも考えられます。その場合、まず「なぜ働けなかったのか(仕事と両立できなかったのか)」を伝えましょう。そのうえで現在の状況と共に、その期間中に得たものや努力した事柄をアピールします。

転職で空白期間があっても自信を持とう

転職する際には、どうしても空白期間が出てしまうことがあります。しかし、必ずしもネガティブに考える必要はありません。その理由が納得できるものであれば、不利になることはないでしょう。自信を持って、自分がその企業にとって価値ある人材であることをアピールしてください。

関連リンク

転職求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ
転職活動中のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180223110553j:plain

著者:三河 賢文(Masafumi Mikawa)

ライター歴12年・編集歴5年の“走る”フリーライター。スポーツ・ビジネス・IT・子育て分野を中心に、取材・執筆編集を手がける。そのほか、コンテンツ制作を主事業とするナレッジ・リンクス(株)代表、ランニングコーチとしても活動中。過去には人材サービス企業で営業職を務め、トップセールスの実績も。そのほか、人材領域での事業立ち上げやキャリア支援等を行ってきた。三男一女、4児の子を持つ大家族フリーランス。